ハウスメーカー

東栄住宅の口コミや評判

東栄住宅の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

東栄住宅の構造と特徴

東栄住宅では施工エリアによって木造2×4工法が採用される場合もありますが、殆どの場合で日本伝統の在来工法(木造軸組工法)が採用されています。

在来工法は柱や梁など「線」で建物を支える構造をしていますが、東栄住宅ではそこに耐力壁などを採用する「面」で支える構造を融合しています。こうする事で頑丈な構造躯体を実現します。

東栄住宅の特徴とししては優れた「住宅性能」が特筆すべき点でしょう。東栄住宅では国が定めた住宅性能表示制度において5つの項目(8等級)で「最高等級」を取得しています。

  • 東栄住宅の住宅性能表示制度項目
構造の安定耐震等級3/耐風等級【最高等級】
劣化の軽減劣化対策等級3【最高等級】
維持管理への配慮維持管理対策等級3【最高等級】
空気環境ホルムアルデヒド発散等級3【最高等級】
温熱環境・エネルギー消費量断熱等性能等級4/一次エネルギー消費量等級5【最高等級】

東栄住宅では基本的に「住宅性能表示制度」及び「長期優良住宅認定」のクリアを前提とした家づくりを設計段階から行なっています。

殆どのハウスメーカーでは、住宅性能表示制度や長期優良住宅認定に関しては「○○等級相当」や「認定対応」といった表記で、実際に評価書を発行していない所が殆どですが、東栄住宅では国が選んだ第三者機関がキチンと評価を行った上で「設計住宅性能評価書」と「長期優良住宅認定通知書」を発行します。つまり厳しい検査を受けた上で住宅性能の優れた住まいを提供する検査体制が整っているので、万一の欠陥工事などを未然に防ぐ事が可能となります。

ローコスト住宅で新築される場合、どうしても気になるのが欠陥工事だと思います。一生に一度の買い物なのに、家が不具合だらけの欠陥住宅では目も当てられません。そういう意味でも東栄住宅の住まいは余計なストレスや不安を感じる事無く、安心して暮らせるように配慮されている事が判ると思います。

尚、競合他社はどの位「設計住宅性能評価書」や「長期優良住宅認定通知書」を発行しているのでしょうか。下記は2019年のデータとなりますが、日刊木材新聞の調査では以下のような結果が公表されています。

■住宅性能表示件数 設計評価
1位 アーネストワン 11277戸
2位 住友林業 8010戸
3位 東栄住宅 5619戸

■住宅性能表示件数 建物評価
1位 アーネストワン 11277戸
2位 住友林業 7987戸
3位 東栄住宅 5239戸

■長期優良住宅 取得戸数
1位 住友林業 7632戸
2位 タマホーム 5255戸
3位 東栄住宅 5067戸

■耐震等級3 取得戸数
1位 アーネストワン 11277戸
2位 タマホーム 8529戸
3位 住友林業 7380戸
4位 東栄住宅 5614戸

上記の通り、東栄住宅は他社大手ハウスメーカーと比肩する「住宅性能評価」「長期優良住宅認定」を取得している事が判ると思います。「長期優良住宅認定」を受ける事で、様々な税の優遇措置を享受する事が可能となります。これからマイホーム建築を予定されている方は是非チェックしてみる事をオススメ致します。

ちなみにランキング1位の《アーネストワン》は東栄住宅と同じ飯田グループの会社となります。飯田グループの住まいは住宅性能評価制度でしっかりと評価書を交付しているハウスメーカーだという事が判ると思います。

東栄住宅の商品ラインアップ

東栄住宅では土地付きの分譲建売住宅の「ブルーミングガーデン」と、自由設計の注文住宅タイプの「趣暮」の二本柱で商品を用意しています。どちらの商品でも「5分野8項目で最高等級」「長期優良住宅認定」が標準仕様となっています。


  • ブルーミングガーデン
東栄住宅のブルーミングガーデン
土地とセットの建売分譲住宅専門の商品で東栄住宅の主力事業でもあります。コンセプトは最高クラスの品質や性能を適性価格でお届けする事。飯田グループの年間着工数スケールメリットを活かしたコストダウン施策により、高品質な住まいを低価格で提供する事が可能となります。飯田グループの建売住宅と言えば、少し地味なデザインをイメージされる方も多いかもしれませんが、東栄住宅の住まいはデザイン性も重視している点は見逃せません。少しお洒落で高性能な建売住宅をお探しの方にオススメの商品となります。

  • 趣暮
東栄住宅の趣暮
建売住宅ブルーミングガーデンをベースに自由なカスタマイズを可能としたのが「趣暮」です。国が定めた住宅性能表示制度5分野8項目で最高等級の取得は勿論、標準仕様で長期優良住宅認定を取得しながらも、吹き抜け空間などの人気の間取りプランにも対応可能としています。しかも価格を抑える事が可能な飯田グループ商品ですから、性能とデザイン性、そして自由なカスタマイズ性と価格のバランスがとても優れた商品となります。建物だけの依頼は勿論、土地も一緒に探したい方にもおすすめの自由設計プランです。

ハウスメーカー選びで失敗しないために

誰もが「マイホームで失敗したくない」と思っているはずなのに失敗例は後を絶ちません。

それはズバリ「比較検討が足りない」からです!

マイホームに限らず高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?同じような見た目の家でも品質・性能・価格は大きく異なります!複数社を比較検討することでハウスメーカーの特徴をしっかり知る事ができ、更に最終的な価格交渉の際も有利になります。

失敗しないために、必ずハウスメーカーの無料カタログで「比較」して下さい!

注文住宅のはじめの一歩!まずはココから無料カタログを比較しよう!

東栄住宅の基礎

基礎は住まいを支える重要部分です。東栄住宅ではどのような基礎が採用されているのでしょうか。基礎は主に「布基礎」「ベタ基礎」がありますので、注文住宅を建てる際の基礎知識として覚えておきましょう。

※布基礎とは…鉄筋で補強された逆T字型の基礎で、帯状の連続的に一体化した構造を持ち、上部からの力や地盤の構造によって不同沈下を防いでいます。

※ベタ基礎とは…床全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。地面への設置面積が広い為、基礎全体で建物を支える事が出来ます。

東栄住宅では木造住宅と相性が良いとされるベタ基礎を採用しています。コンクリート幅は建築基準法で定められた基準より30㎜大きく取る事で頑丈な基礎としています。コンクリートの土台部分と建物の間に隙間を設ける事で通気性を良くし、除湿効果を高める施策も行っています。

東栄住宅の耐震性能

東栄住宅は全棟で住宅性能評価を取得しており、「耐震等級3」も全棟で取得しています。建築基準法に定められた「数百年に一度発生する地震に対して倒壊しない」建物強度を実現している事になります。

東栄住宅は一部エリアを除いて、日本伝統の在来工法(木造軸組工法)を採用しています。在来工法は柱や梁で建物を支える構造をしている為、地震エネルギーが接合部に集中し易い弱点があります。それを補う為、東栄住宅では様々な耐震技術が採用されています。

東栄住宅の耐震技術
  • 構造用面材
  • 筋交い
  • 火打構面
  • 床構面
  • 屋根構面
  • 接合金物
  • 羽子板金物
  • 短冊金物
  • 筋交い金物
  • 横架材

「構造用面材」を採用すると建物を面で支える構造となります。地震エネルギーを分散する事が可能となるので建物の強度を高める事が可能となります。また、横の力を面に伝える役目を担うのが「構面」と呼ばれる水平要素です。床面全体で地震の力を受け止め、耐力壁に平均的に力を伝える事が可能となります。またねじれなどの力にも強い特徴があります。そして在来工法の弱点を補強する役目を担うのが「接合金物」です。接合部を強化するだけでなく、面と柱を繋ぐバイプレーヤー的な役目を担ってくれます。

これらの技術を採用する事で東栄住宅は全棟で「耐震等級3」を取得しています。ローコスト住宅などの場合「耐震等級3相当」と表記されている場合がありますが、東栄住宅はしっかりと「設計住宅性能評価書」を取得しているので安心出来ると思います。

東栄住宅は寒い?断熱材・断熱性能

住宅性能表示制度では、省エネルギー対策として外皮(外壁や窓)の断熱性能と、冷房期の日射を遮蔽する対策などの省エネ性能について評価していますが、東栄住宅は全棟で「断熱等性能等級4(最高等級)」を取得しています。

「断熱等性能等級4」に関しては、施工エリアにより求められる基準が異なる形となりますが、関東以南では「UA値0.87以下」に設定される事が多く、東北や北海道などの寒冷地ではもっと厳しい基準が求められます。

東栄住宅でも施工するエリアによって標準装備の断熱工法が異なる形になる事が予想されますので、検討される際には事前に直接ヒアリングされる事を推奨致します。

尚、東栄住宅が数多く一戸建て住宅を手掛けている一都三県での断熱仕様は以下の通りとなっています。

天井グラスウール14K90㎜
グラスウール14K90㎜
グラスウール24K80㎜
アルミ樹脂複合サッシ+Low-E複層ガラス

高気密高断熱をウリにしている競合他社に比べると、断熱仕様は及第点レベルですが、国が定めた「断熱等性能等級4」の基準はクリアしている形です。断熱仕様からは、恐らくギリギリ基準値クリアの仕様です。もし断熱性能をもっと高めたい場合は、断熱仕様のグレードアップを検討するようにしましょう。

断熱・気密性能は超重要!必ずカタログスペックで比較しよう!

家を建てるなら断熱性能は超重要です!

というのもマイホームを建てた人の後悔ポイント1位が「室内の寒さ・暑さ」、2位が「光熱費が高いこと」だと言われているからです。コレ、どちらも高気密・高断熱の家なら解消できていた後悔ポイントです。

せっかく注文住宅を建てるなら「夏涼しく冬暖かい省エネ住宅」が良いのは当たり前ですよね。

マイホームの気密・断熱で失敗したくないなら、必ず「カタログの数値」で比較してください。

営業マンに「気密・断熱はどうですか?」と聞くだけじゃダメです。だいたい皆「うちは悪くない」というはずです。気密・断熱に自信のあるハウスメーカーなら“住宅カタログに必ず数値を載せる”ものです。カタログの数値に嘘はありません。

逆にカタログに数値が載っていなければ、その会社は「自信がない」と判断してOKです。これをやっておけば「気密・断熱での失敗」はまずありません。

気密・断熱性はハウスメーカー各社で力量差が非常に大きく表れるポイント。先輩方と同じ後悔をしないために気密・断熱の数値は必ずカタログで比較しておきましょう。

あなたの地域で「高気密・高断熱に特化したハウスメーカー」をチェックする!≫

LIFULL HOME'Sの無料おまとめ取り寄せはコチラ≫≫

東栄住宅の外観

東栄住宅は飯田グループの一員であり、飯田グループといえば土地とセットの建売住宅を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

建売住宅は先に建物を建築してから販売する為、万人受けするデザインが採用される傾向が高く、あまり個性の強いデザインが採用される事は多くありません。東栄住宅でも分譲建売住宅をメイン事業としているので、少し地味な「建売住宅っぽさ」のある外観デザインをイメージされている方も多いかもしれません。

ですが、東栄住宅の外観デザインに関しては評判が良い傾向にあります。特に東栄住宅の注文住宅「趣暮」では、多彩な外観デザインを採用する事が可能です。

東栄住宅の外観1
東栄住宅の外観2
東栄住宅の外観3
東栄住宅の外観4

東栄住宅の内装と間取り

東栄住宅の「趣暮」は、自由設計の注文住宅スタイルの商品です。住宅性能表示制度の取得を実現する範囲内で自由な間取り設計が可能で、水回りや建具などの住宅設備もお好みでセレクトする事が出来ます。

建売住宅ベースの家づくりの場合、設計に制限が有りそうなイメージを持たれている方も多いかと存じますが、東栄住宅の「趣暮」はかなり自由なカスタマイズが可能です。例えば「吹き抜けのあるリビング」や「小屋根裏収納スペース」など、他社でも人気の間取りを実現出来ます。

東栄住宅の吹き抜け
東栄住宅の小屋根裏

設計自由度を実現しながらも「建売住宅」並みの価格帯に抑えられている点も、飯田グループならではのスケールメリットによる恩恵と考えて良いでしょう。

東栄住宅は年間5000棟を超える施工実績のある会社です。施主の希望や要望に合った提案プランを実現する事が出来るだけの経験値やノウハウが備わっています。提案プランに関しても「回遊動線」や「家事動線」などが考慮されたプランを軸に考えられているので、住み心地が良く使い易いマイホームを実現出来る可能性が高いです。

東栄住宅の平屋

近年は平屋住宅を検討されている方が増えているそうです。例えば子供が独立した後のライフスタイルを考慮すると、2階建てや3階建ての住まいは使わない部屋が増えそうですし、年を取ってからの階段の昇り降りは想像以上に大変です。

ワンフロアで完結する事が出来る平屋住宅の場合、階段のスペースが必要ないので1階部分を広く活用する事も可能ですし、天井を高くする事も可能です。天窓を設置して光を取り入れたり、風の通り道をつくったり。引き戸メインにしてバリアフリー住宅にするのも素敵だと思います。

老後の生活を考えた場合、やはり平屋住宅がベストなのでしょう。終の棲み家として平屋住宅の建築を検討されている方も多いようで、二軒目の家づくりとして考えるなら価格も安く抑えられるローコスト住宅がベストの選択かもしれません。

東栄住宅は価格を抑えつつも「住宅性能表示制度」や「長期優良住宅認定」を取得しているので住宅性能に関しては国のお墨付きです。そして「趣暮」なら設計の自由なカスタマイズが可能なので、平屋住宅を自分の好みに仕上げる事が出来ます。

東栄住宅 平屋の実例

東栄住宅の平屋

東栄住宅の平屋2

東栄住宅の平屋3

2階建てのように見えますが、こちらは1階に生活空間の全てを集約した平屋住宅の実例。階段を昇った2階部分には収納スペースと屋上スペースが設置されています。東栄住宅の「趣暮」なら、このような自在なカスタマイズが可能です。

東栄住宅の坪単価 一覧

東栄住宅で注文住宅(建売住宅)を立てる場合の坪単価についてまとめたいと思います。

注文住宅に限らず、マイホーム購入を検討する場合に第一に決めるべきは「予算上限」です。予算に直結する「坪単価」はマイホームを建てる上で最重要ポイントなのでしっかりと下調べしておきましょう。

東栄住宅では建売分譲住宅「ブルーミングガーデン」と注文住宅タイプの「趣暮」を取り扱っています。以下の坪単価に関しては、建物本体価格のみの目安となります。ネット上の口コミ情報などを参考にした価格となりますので、あくまで目安程度にご参考頂ければ幸いです。

商品名平均坪単価
建売住宅「ブルーミングガーデン」38万円~45万円
注文住宅「趣暮」40万円~50万円

東栄住宅の注文住宅は高い?安い?価格設定は?

東栄住宅の住まいは「高いのか?安いのか?」について客観的に判断したいと思います。

東栄住宅は日本一の着工数を誇る飯田グループHDの一員です。グループ全体の年間着工数は4万6000棟超、その内、東栄住宅は年間5000棟もの一戸建て住宅を手掛けています。

着工数が多ければ、それだけ資材や設備の大量生産・一括仕入れが可能となりコストを大幅に削減する事が可能です。施工に関しても、建売住宅をベースとした自由設計なのでプランの規格化がされているので、家づくりにおける合理化が進められています。

グループ全体年間4万6000棟規模でスケールメリットを活かしているので、コストパフォーマンスに関しては他の追随が難しい事が予想されます。というのも、東栄住宅は国が定める住宅性能表示制度、5項目8等級で最高等級を取得しています。しかも「最高等級相当」ではなく、しっかりと評価書の取得まで行いながらも、前述の通り坪単価40万円~50万円程度での提供を実現しています。これらの事を考慮すれば、非常にコストパフォーマンスに優れた住まいを提供しているハウスメーカーである事が判ると思います。

但し、東栄住宅は同じ飯田グループの会社の中では、比較的「高め」の価格設定となっています。設計自由度の高い「趣暮」を用意している事や、外観や内装のデザインが少し高級志向である事が理由です。

東栄住宅は飯田グループの「価格の安さ」「住宅性能の高さ」に「デザイン性」や「設計自由度」を加えた、ワンランク上の住まいを提供しているイメージを持たれると分かり易いかもしれません。

予算からハウスメーカーを比較しましょう!

注文住宅でマイホームを建てるなら、必ず「予算に合うハウスメーカー」を複数社みつくろって比較・相見積もりしてください。

注文住宅は基本的にオーダーメイドの一点モノ。ほとんど「定価」という概念がありません。つまり自分の条件であいみつをとらなければ「自分の条件のマイホームの適正価格」があいまいのまま。

適正価格があいまいのまま、なんとなくフィーリングで決めてしまうことだけは絶対にやめましょう。

注文住宅は似たような見た目や性能でもハウスメーカーが違えば「300万円~1000万円単位で価格差がある」のが当たり前の世界です。後から「向こうのほうが安かったのに…」と後悔しないためにも必ず複数社のカタログを比較・相見積もりを取るようにしてください。

あなたの地域で予算に合うハウスメーカーを一括比較!

東栄住宅の注文住宅は値引き出来る?

マイホームの購入は人生で一番高額な買い物となる方が殆どだと思います。高額商品なので金銭感覚がおかしくなりがちですが、冷静に考えれば数万円の価格差って大きいですよね。もし数万円でも値引き交渉が可能であるなら、積極的に値引き交渉に臨むべきです。

注文住宅業界では数万円どころか、数十万円、時には100万円以上の値引きが行われる事があります。値引き交渉が上手くいけば、浮いた資金で引っ越し費用も賄えますし、せっかくの新築ですから家具や家電も新しくしたいですよね。少しでも安く購入する事ができれば、そちらに資金を回す事も出来ます。

では、東栄住宅では値引き交渉は可能なのでしょうか。

結論から申し上げれば、殆どのハウスメーカーで注文住宅を建てる場合は、値引きは可能なものとお考え下さい。例えばオプション分を値引いて貰うなどは当たり前の光景です。

但し、東栄住宅の場合は元々の価格設定が安いので、利益率もそれ程大きく無い事が予想されます。というのも、東栄住宅が所属している飯田グループHDは日本一のパワービルダーなので、薄利多売が経営方針です。最初から利益ギリギリの価格設定としているケースが多い傾向が見られます。

ですが、基本的には土地と一緒に販売する分譲住宅をメインに取り扱っているので、物件が売れ残りの状況下なら大幅な譲歩を引き出せる可能性は高いでしょう。

この項目では、実際に東栄住宅で値引き交渉を行う場合のコツやタイミングなどを簡単にまとめたいと思います。

  • 東栄住宅 値引き価格の限界は?

東栄住宅で値引き交渉を行う場合の相場はどの位なのでしょうか。気になる部分ですよね。ネット上の口コミなどを調べてみると「30万円値引き成功」「即決するなら70万円割引き出来るらしい」等の声が挙がっていました。元々の価格設定が安いので、普通の交渉の場合は20万円~30万円の値引きに応じて貰えるケースが多いようです。また、分譲建売住宅の場合は「100万円近い値引きに成功した」という例も見られます。もし土地付きの建売分譲住宅をお探しなら、長い期間買い手が付いていない物件に注目してみては如何でしょうか。

  • 東栄住宅 値引きのコツ 売れ残りを狙う

住まいは建築してから1年以内に販売しないと「新築」という扱いではなくなってしまいます。前述の通り、売れ残りの物件の場合、「新築」の扱いではなくなる前に大幅な値引きを狙えるケースが多くなります。特に東栄住宅のようなパワービルダーの場合は、いつまでも売れない物件を保有せずに赤字でも販売してしまう傾向にあるので、売れ残りの物件を狙うのが一番お得にマイホームを購入出来るコツとなるでしょう。

  • 東栄住宅 値引きのコツ 決算期を狙う

勿論、全ての物件が「売れ残り」の訳はありませんから、通常の値引き交渉術も深堀りしたいと思います。東栄住宅の親会社である飯田グループHDは東証1部に上場している企業です。本決算期は3月末日となっています。決算前はどうしても数字が欲しい時期になるので、交渉のタイミングとしてはベストのタイミングではないでしょうか。また成績の悪い営業マンの場合は「絶対に逃がしたくないお客様」なので、決算期から逆算して商談を進める事が値引きを引き出せるコツとなるでしょう。

  • 東栄住宅 値引きのコツ 契約前の1度だけ

基本的には値引き交渉はとっておきの一度だけにすべきです。契約前に小刻みに値引き交渉を行うと、営業マンも本気で取りあってくれなくなります。値引き交渉を行うのは一度きり、本契約の判を押すか押さないかの一度きりの交渉が一番効果的です。このタイミングだけは遠慮無用で、少し大胆にお願いをしてみる事をおすすめします。

  • 東栄住宅 値引きのコツ 競合他社と比較する

商談をある程度まで進めたら、他社と競合する旨を伝えて営業マンに連絡をするのを控えましょう。出来れば同価格帯のハウスメーカー3社以上の競合他社と比較をする事が大切です。

これは自動車の購入でもそうですが、基本的に高額な買い物は競合他社と競争させる事が、より安く購入するコツでもあります。例えあなたが「東栄住宅に決めた」と思っていても、必ず他のハウスメーカーや工務店と比較しておいた方が値引き交渉も有利に働きます。

日本人は遠慮しがちな傾向にありますが、担当の営業マンに他社と迷っている事を伝えるのは何も負い目に感じる必要はありません。本契約前まで他社と比較を行うのは当然の事だからです。営業マンとしても、ここまで商談が進んだお客を離したくないのが本音なので、例え営業マンから「他と競合しなくても限界まで値引きします」と言われたとしても、遠慮なく競合して下さい。

東栄住宅と価格帯で競合するのは《タマホーム》《アイダ設計》などが挙げられます。なるべく同価格帯の競合メーカーや、同じ構造を採用しているハウスメーカーと比較する事で、営業マンからの値引きが引き出せる確率がグッと高まります。

ですが、他社の注文住宅の商品や設備などによって比較するのは難しい面もあります。また1社1社展示場へ行ってカタログを集めたりするのは正直、億劫ですよね。

そこでオススメしたいのが《まとめて資料請求が出来るライフルホームズ》です。ライフルホームズは東証一部に上場している企業ですし、テレビCMなども展開している企業なので、ハウスメーカーや工務店などの審査も厳しく、業者からしつこい営業などを受ける心配もありません。

やはりライフルホームズが取り扱っているハウスメーカーや工務店はダメな営業マンに当たってしまう確率は相当低いでしょうし、住宅展示場と違って複数の営業マンに囲まれてしまう事もないので、気軽にカタログを貰う事が出来ますよね。

ハウスメーカーで相見積もりを取る前に…

まずは希望の予算・エリアに対応しているハウスメーカーを何社か見つけることから始めましょう。せっかく相見積もりをするなら性能スペックやデザインが希望条件にある程度あてはまらないとあまり意味がありません。

そこで最初のふるい落としに役立つのが「住宅カタログ」です。何冊かカタログに目を通すだけで各ハウスメーカーの特徴・強みがだいたいわかってきます。何社かお気に入りをみつくろったら「あいみつ」を取ってみてください。

似たようなスペックでも「ハウスメーカーごとにこんなに価格が違うの?!」と驚くと思います。価格差を知らずになんとなく決めてしまってたら…ゾッとしますね。すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかでマイホーム計画の失敗率は格段に下がります。「カタログ比較」は注文住宅の登竜門。まずはライフルホームズから始めましょう!

希望条件に合うハウスメーカーから一括カタログGET(無料)≫

当サイトでは上記に挙げた「値引きのコツ」の他にもハウスメーカーの値引きの裏ワザを紹介しています。東栄住宅に限らず、他社ハウスメーカーでも有効ですので、本格的な値引き交渉に入る前に下記のページをチェックしておきましょう!

東栄住宅でもしも欠陥があった場合の保証とアフターサービス

東栄住宅はローコスト住宅メーカーなので、建てた後の保証制度やアフターサポート体制が気になっている方も多いのではないでしょうか。この項目で少し厳しめにチェックしたいと思います。

東栄住宅の保証制度

東栄住宅の保証内容と保証延長方法
初期保証:10年
最長保証:30年
保証延長条件:5年毎の有償工事実施

マイホームを新築した場合、構造躯体の重要箇所と雨漏りの侵入を防ぐ箇所に関しては10年間の初期保証(瑕疵責任担保保険)が法律で義務付けられています。つまりどこのハウスメーカー、工務店で新築したとしても10年間の初期保証は約束されている事となります。

東栄住宅でも初期保証10年間が用意されており、10年目以降は「5年毎の有償メンテナンス工事の実施」を行う事で、最大30年目まで保証期間を延長する事が可能です。

なお当サイトでは各ハウスメーカーの保証とアフターサービスを比較し特集記事にまとめていますので、以下のリンクよりチェックしてみてください。

東栄住宅で注文住宅を建てるメリットとデメリット

メリットデメリット

マイホームを建てるとなれば、高額な買い物となります。恐らく、人生で一番悩む買い物が「マイホーム」になるのではないでしょうか。自分の中で何を重視したいのか優先順位を付けておくべきですよね。

最終的にどこのハウスメーカーで建てるべきかは本当に大きな悩みどころです。一生で一番高い買い物だからこそ、自分の理想に一番近い住まいを実現出来る、そして信頼出来るハスウメーカーを選ばなくてはなりません。

この項目では東栄住宅でマイホームを建てた場合のメリット・デメリットについてまとめたいと思います。事前に把握しておく事で、ハウスメーカーの良いところ、悪いところ、そして自分が何を優先したいのかが見えて来ると思います。

東栄住宅のメリット

・価格の安さ
東栄住宅最大のメリットは「価格の安さ」が挙げられると思います。グループ全体で年間4万6000棟、東栄住宅単体でも年間5000棟もの着工数があるので、スケールメリットを活かした家づくりが可能です。コストを大幅に削減する事が可能なので、価格の安さが極立つ形となります。

・標準仕様で長期優良住宅認定
東栄住宅は標準仕様で長期優良住宅認定をクリアしています。しかもただ性能面でクリアしているだけではなく、長期優良住宅の認定通知書が発行されます。これにより、東栄住宅で新築した場合、様々な長期優良住宅の税制優遇を受ける事が出来るので、メリットとして考えて良いでしょう。

・住宅性能表示評価書を発行
東栄住宅は標準仕様のままで、国が定めた住宅性能表示制度5項目8等級で最高等級を取得しています。しかも他社のように「最高等級相当」ではなく、「最高等級取得」です。設計図書をもとに「設計住宅性能評価書」が交付されますので、欠陥住宅の可能性が極めて低く、安心して暮らす事が出来るでしょう。

・自由なカスタマイズ可能
東栄住宅は建売分譲住宅をメイン事業とするパワービルダー飯田グループの一員です。大量生産、大量供給を行う会社なので、基本的にデザインや間取りに関しては「万人向け」が基本となります。ですが東栄住宅は設計自由度やデザイン性に選択の余地が多く、自由なカスタマイズを楽しむ事が可能となります。

東栄住宅のデメリット

・飯田グループの中ではやや価格が割高
東栄住宅は超ローコスト価格を販売している飯田グループの一員ですが、同グループ内の中ではやや価格が高めの設定となっています。例えば同じグループの《アーネストワン》なら本体価格1000万円~1200万円程度で新築する事が可能ですが、東栄住宅の場合は本体価格1400万円程度となるケースが多いようです。価格の安さだけを最優先にお考えの方にとっては少しデメリットに感じるかもしれません。

・価格相応に安っぽさを感じる
東栄住宅の品質に関しては、やはり建売っぽさを感じる部分が多く、高級感や重厚感までを求める事は難しいです。特に直に手を触れる事の多い建具や壁紙など、品質の安っぽさを感じてしまうのは仕方ない部分かもしれません。ラグジュアリーな内容が好きな方にとっては物足りない印象を受けてしまうかも。

ハウスメーカー選びの完全無料相談会

マイホーム購入は人生の一大イベントですし、非常に高額なお買い物です。ハウスメーカー選びに迷っているなら、一度専門家による客観的な意見をお聞きすることをおすすめします。

ハウスメーカーのカタログを見たり、モデルハウスを見に行くと心が舞い踊って冷静な判断が出来なくなっていたりしてしまいますね。後から「もっとハウスメーカー選びを頑張ればよかった‥」「同じような家がもっと安く契約できたかも‥」「住宅性能があまり良くないかも‥」このような後悔の言葉が残念ながらネットには溢れています。

仮にも何千万円と住宅ローンを組んで長期間支払いをしていくお買い物ですから、自分達は絶対に失敗したくない。そうお考えならば、是非一度は「家づくりの専門家」による中立的なアドバイスを受けておく事をオススメします!!

「家づくりの専門家」に相談するといっても、ハウスメーカーの営業マンに相談するのとは一味違います。基本的にハウスメーカーの営業マンは自社で契約して貰いたいのが本音なので、偏った意見を言いがちです。

当サイトがおすすめするのは、第三者である専門家が、損得勘定なく客観的なアドバイスをしてくれるWEB無料相談サービスを利用する事です。

NTTデータの100%子会社が運営する「HOME4U家づくりのとびら」は、専門のプロに家づくりにおけるあらゆる「疑問」や「質問」に直接相談する事が出来ます。

  • 「この条件でおすすめのハウスメーカーはあるのか?」
  • 「総額でいくらかかるのか、月々の支払いはいくら位になるのか?」
  • 「今の自分の収入で住宅ローンは通るのか?」
  • 「諸費用ってどの位掛かるの?」
  • 「○○県で断熱材は何を採用するべき?」
  • 「土地も一緒に探すのは可能?」

  • などなど…客観的に比較したいこと、ハウスメーカーにはちょっと聞きにくいことを、注文住宅を知り尽くした専門家が的確に回答あるいは選択肢を教えてくれます。強制されることも営業されることも一切なく、なんならしつこいハウスメーカーにはお断り代行も完全無料でして下さいます。もっと言うと、もしお気に入りのハウスメーカーが見つかった場合、所謂「ベテラン営業マン」のみ紹介してもらえます。新人営業マンやいい加減な営業マンはNTTグループのご紹介者には対応させないのです。この強み、めちゃくちゃメリットなこと、わかる人にはわかりますよね。

    空いた時間に自宅から気軽に利用する事が出来ますし、WEB無料相談の予約は1分程で出来るので簡単です。WEB無料相談といってもスマホ1台あればハウスメーカー選びから様々な疑問の解決まで完結できてしまいます。詳しくは下記ページで特集しているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

    東栄住宅で注文住宅を建てて後悔しないために口コミ・評判をチェックしよう

    注文住宅で家を建てる場合に絶対にチェックしておきたいのが、実際にハウスメーカーで家を建てた人の感想や評価などの口コミです。

    実際に家を建てて失敗した事、ああすれば良かった…こうすれば良かったといった経験談は何よりも役に立つ事は間違いないでしょう。特に東栄住宅は価格が安いローコスト住宅メーカーなので、実際の住み心地や評判などは気になるところです。

    マイホーム購入において、実の体験談ほど分かり易く為になるものはありません。人生で一番大切な買い物。後悔することのないよう、東栄住宅の口コミ・評判をしっかりチェックおきましょう。

    東栄住宅の口コミ

    ・10社ほど比較して検討した結果
    土地は所有していたので上モノだけの建築を予定していて、10社程を候補に挙げて比較しました。大手も候補に含めて比較を行った結果、東栄住宅の趣暮さんが一番価格と性能のバランスが良かったです。断熱性能はスペック的に少し物足りない印象でしたが、実際住んでみると問題なし。私が南関東在住だからというのもあるかもしれませんけどね。

    ・欠陥工事の可能性が低い
    住宅性能の評価書を発行してくれるので安心感があります。他社の場合は発行まではしないですからね。第三者機関の点検が入るらしいので、欠陥の可能性は低くなるらしいです。自分がマイホームを建てる時に一番避けたい事って欠陥住宅ですから、それを未然に防げる体制が用意されているのは安心出来る材料だと思います。長期優良住宅の認定も取れますが、こちらは取るか取らないか選択出来ますね。

    ・土地込みで価格が安かった
    都内は土地が高いので、建物込みで安い会社を探していました。東栄住宅さんの家は網戸も最初から装備されていて、価格も安くて、住宅性能評価も発行してくれて。一番こちらの条件に合ってました。

    ・吹き抜けも対応して貰えた
    注文住宅の趣暮は他社と変わらぬカスタマイズが出来ます。吹き抜けのあるリビングに憧れていたので、対応して貰えて良かったです。デザインはどうしても建売っぽさはありますが、それでも個性を出す事が出来ました。オプション次第ではもっとデザインに拘れると思います。

    ・普通に住むなら必要十分
    東栄住宅の家はどちらかと言うとデザインよりも住宅性能を重視しています。住宅性能表示の評価書を発行してくれますし、質実剛健な家づくりは安心出来る材料です。私は奇抜なデザインより、家族の安全を最優先にしたいと考えているので、災害に強い頑丈な家を造れる東栄さんが価格的にもベストでした。

    東栄住宅の評判

    上記の口コミをまとめると、東栄住宅を実際に建てた方からの評判は以下の通りです。

    東栄住宅の評判をまとめると
    • 価格が安い
    • 住宅性能が優秀
    • 耐震等級3で安心
    • 設計自由度も高い
    • 断熱性能は少し物足りない
    • 建売っぽさは感じる
    • 品質は安っぽい部分がある

    東栄住宅は「住宅性能表示評価書」を発行するなど、住宅性能を重視した家づくりを行っている会社です。国が定める住宅性能表示制度で8つの項目で最高等級を取得している訳ですから、普通に暮らして行く上で必要十分な住宅性能は備わっていると考える事が出来るでしょう。

    これだけの住宅性能を保持しながらも、注文住宅タイプの「趣暮」では、設計の自由度もあり、様々なカスタマイズを楽しむ事が可能です。吹き抜け空間や小屋根裏スペースなどの採用例もあるので、拘りのマイホームを実現出来る可能性は高いでしょう。

    但し、値段相応といえばそうですが、デザインに関しては価格帯が上のハウスメーカーに比べれば、高級感などは感じられない部分も多いかもしれません。ラグジュアリーデザインが好みの方には少し物足りなさを感じる部分もあるでしょう。

    また断熱性能に関しても「断熱等性能等級4(最高等級)」を取得していますが、基準ギリギリの断熱性能と考えた方が良さそうです。近年は多くのハウスメーカーが高気密高断熱を重視しているので、東栄住宅で高気密高断熱住宅を実現する為には、断熱仕様のグレードアップは必須となりそうです。

    何れにしろ、東栄住宅のインターネット上の口コミや評判をチェックしてみると、概ね満足されている方が多い印象を受けます。これも「価格」に対する「住宅性能」「設計自由度」が高い水準にある事が理由でしょう。東栄住宅は費用対効果に優れた住まいを提供しているハウスメーカーと考える事が出来るのではないでしょうか。

    東栄住宅の注文住宅 評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

    このページでは東栄住宅の注文住宅についての評判・口コミ・坪単価・価格別実例などをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。

    より皆様に役立つコンテンツにしていくためには、皆様の口コミ・評判の書き込みが必要不可欠です。東栄住宅で実際に注文住宅を購入された方は、良かった点・悪かった点・メリット・デメリットなどどんなことでもかまいませんのでご感想を寄せて頂けると嬉しい限りです。

    注文住宅で失敗しないために必ず「比較」しましょう!

    注文住宅のハウスメーカー選びで失敗しないために、最後にアドバイスをさせて頂きます。

    住宅に限った話ではありませんが、高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?マイホーム購入は特に比較検討が大事です。

    見た目は同じような家でも品質・性能・価格は大きく異なります!ハウスメーカーごとにどんな特色があって、どんな価格設定なのか。注文住宅の知識を身につけておけば必ず判断材料になりますし、また複数社を比較検討することで最終的な値引き交渉の際も有利になります。

    注文住宅を検討しているならまずは無料でカタログを見てみましょう!注文住宅のハウスメーカー選びはここから始まります!

    無料カタログをまとめて請求するなら「ライフルホームズ」が断トツオススメです。東証一部上場企業が運営する大手不動産サイトですので、あやしいハウスメーカー・工務店が紛れ込まないよう厳しく審査を行っています。住宅は高額な買い物なので安心して使えるサイトかどうかは重要なポイントです。

    またLIFULL HOME’Sは国内TOPクラスの不動産サイトだけあって、全国規模で1200件以上(2019年6月時点)のハウスメーカー・工務店を網羅しています。知名度は低いけれど良い家を建てる質実剛健な工務店さんは全国各地にたくさんあります。LIFULL HOME’Sならそのような未知の優良工務店と巡りあえるかもしれません。

    LIFULL HOME’Sではエリア検索・予算検索・テーマ検索とさまざまな検索方法で自分にあったハウスメーカー・工務店を検索できるため、そもそもエリア対応していない工務店や予算が合わないハウスメーカーを除外して検討できるのでムダな時間を省けます。

    ただでさえマイホーム購入は疲れてしまうもの。省ける時間は省いて賢くハウスメーカーを選びましょう!

    LIFULL HOME’Sで希望条件に合うハウスメーカーカタログを貰ってみよう(無料)

    東栄住宅の口コミを募集しています

    当サイトでも東栄住宅の注文住宅についての口コミを大募集しています。東栄住宅で注文住宅を建てた方は当サイトにも是非、ご協力頂けましたら幸いです。

    1

    2

    皆様から、このハウスメーカーへの口コミ

      • 匿名
      • 2021年 10月 19日

      趣暮で建てた者です。土地探しから相談に乗ってくれましたし、結構魅力的な土地を一杯紹介してくれました。趣暮は住宅性能が高いですし、完全自由設計ですし、お洒落な外観にも仕上げてくれます。価格も他社に比べれば全然安いと思います。

      • 頑丈で丈夫
      • 2021年 11月 08日

      飯田グループだから耐震性は間違いないと思います。頑丈な家をつくってますし、年間3万棟もつくってる会社なので安心出来ると思います。今の時代、大切なのはブランドじゃないってコンセプトに掲げてますが、自分は飯田グループだから東栄住宅を選びましたよ。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    このハウスメーカーへの口コミを投稿する

    関連記事

    1. BESS

      BESSの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

    2. 北州ハウジング

      北洲ハウジングの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まと…

    3. ハーバーハウス

      ハーバーハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まと…

    4. 谷川建設

      谷川建設の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

    5. 日進堂の口コミや評判

      日進堂の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

    6. 積水ハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    お問い合わせ

    当サイトへのご質問やお問い合わせは、よりお気軽にご連絡下さい。

    ハウスメーカーの詳細記事

    1. ハウスメーカー

      やまぜんホームズの口コミや評判
    2. ハウスメーカー

      アキュラホーム外観(モデルハウス)
    3. ハウスメーカー

      サンエルホームの口コミや評判
    4. ハウスメーカー

      スズキハウスの口コミや評判
    5. ハウスメーカー

      アーレックス

    最新のハウスメーカー口コミ

    PAGE TOP

    ハウスメーカー

    ミサワホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例まとめ

    ミサワホーム ジニアス外観イメージ

    ハウスメーカー

    ヘーベルハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    ヘーベルハウス アイキャッチ

    ハウスメーカー

    一条工務店の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    一条工務店?

    ハウスメーカー

    積水ハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    ハウスメーカー

    タマホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例まとめ

    タマホーム大安心の家