ハウスメーカー

アバンティア(AVANTIA)の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・標準仕様 まとめ

アバンティアの価格と平均坪単価

注文住宅のハウスメーカー選びにおいて「予算に合うハウスメーカーかどうか?」は非常に重要なポイントです。

どれほど理想にピッタリのマイホームを建てるハウスメーカーであっても予算を大幅にオーバーしてしまう会社は候補として検討できませんよね。

注意すべきなのは住宅ローンの融資審査は少しくらい予算オーバーをしていても難なく通過してしまう可能性が高いという点です。住宅ローン審査が通ったから借りられる限度額MAXまで借りてしまおうという考えはオススメできません。せっかくマイホームを建ててもその後の新生活が経済的に苦しくなってしまえば公開する可能性が高いです。だからこそ注文住宅の予算計画は自分自身で厳しく管理・判断しなければなりません。

と、いうことでまずは「アバンティア」の注文住宅の価格帯・平均坪単価をご紹介していきます。

アバンティアの注文住宅は、建物本体価格だけでなく仮設工事費・屋内外給水排水雨水工事、地盤調査(地盤保証)費用などの諸経費をすべて含めたオールインワンプライスで販売されています。

もっとも安い価格で「オールインワンプライス:1,639万円(税込)~」となり、坪単価に換算すると概ね「オールインワンプライス:坪単価52万円(税込)~」です。諸経費コミコミ&税込でこの価格はかなりリーズナブルと言ってよいでしょう。

アバンティアの商品プランごとの本体価格と坪単価

アバンティアの商品ラインナップを大まかな本体価格・坪単価とあわせてみていきましょう。

AVANTIA 01(TYPE1)

AVANTIA 01(TYPE1)

オールインワンプライス:1,490万円(税込1,639万円)~
オールインワン坪単価 :坪単価52万円(税込)~

AVANTIA 01(TYPE2)

AVANTIA 01(TYPE2)

オールインワンプライス:1,490万円(税込1,639万円)~
オールインワン坪単価 :坪単価52万円(税込)~

AVANTIA 01(TYPE3)

AVANTIA 01(TYPE3)

オールインワンプライス:1,490万円(税込1,639万円)~
オールインワン坪単価 :坪単価52万円(税込)~

AVANTIA 01(TYPE4)

AVANTIA 01(TYPE4)

オールインワンプライス:1,490万円(税込1,639万円)~
オールインワン坪単価 :坪単価52万円(税込)~

AVANTIA 01(TYPE5)

AVANTIA 01(TYPE5)

オールインワンプライス:1,490万円(税込1,639万円)~
オールインワン坪単価 :坪単価52万円(税込)~

AVANTIA 01(TYPE6)

AVANTIA 01(TYPE6)

オールインワンプライス:1,490万円(税込1,639万円)~
オールインワン坪単価 :坪単価52万円(税込)~

※近年、世界的な木材不足(ウッドショック)や世界情勢(為替相場)の影響により、住宅部材の価格が不安定な状況です。アバンティアの本体価格・平均坪単価はできる限り正確にお伝えしていますが、あくまで目安としてお考え下さい。正確な価格については直接ヒアリングされることをオススメします。

ハウスメーカー選びで失敗しないために

誰もが「マイホームで失敗したくない」と思っているはずなのに失敗例は後を絶ちません。

それはズバリ「比較検討が足りない」からです!

マイホームに限らず高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?同じような見た目の家でも品質・性能・価格は大きく異なります!複数社を比較検討することでハウスメーカーの特徴をしっかり知る事ができ、更に最終的な価格交渉の際も有利になります。

失敗しないために、必ずハウスメーカーの無料カタログで「比較」して下さい!

注文住宅のはじめの一歩!まずはココから無料カタログを比較しよう!

アバンティアと価格・坪単価を比較しておくべきハウスメーカー

注文住宅のマイホーム計画では必ずハウスメーカーは複数社で比較検討をしておきましょう。
いくらお気に入りのハウスメーカーがあったとしても、一社決め打ちで検討するのではなく、複数社を比較することで自分の建てたい条件のマイホームの相場観も養われます。

この項目ではアバンティアを候補として検討されている方が比較しておくべき競合ハウスメーカーを何社かピックアップさせて頂きます。


  • タマホーム
タマホーム
平均坪単価50~75万円前後
タマホームは全国規模でローコスト注文住宅を手掛けるハウスメーカーです。主力商品の「大安心の家」シリーズは坪単価50万円前後が予算目安となり、価格帯的にもアバンティアと競合しています。またタマホームの主力商品はフルオーダーの注文住宅ですので、セミオーダー規格プランとなるアバンティアと自由度の面でどう異なるのかを比較するのも良いと思います。

  • アイダ設計
アイダ設計のブラーボ
平均坪単価40~65万円前後
アイダ設計も全国規模でコスパに優れるローコスト住宅を提供しているハウスメーカーです。アイダ設計の主力商品「ブラーボシリーズ」は坪単価40万円~50万円前後が予算目安となり、耐震性・断熱性などの住宅性能と価格バランスが大変整っています。スタンダードプランのブラーボだけでなく、断熱特化プランなども用意されていますので、これらもアバンティアと比較するのにちょうどいいと思います。

  • アイ工務店
アイ工務店
平均坪単価50~65万円前後
アイ工務店は大阪に関西エリアや東海エリアで人気を誇るハウスメーカーです。アイ工務店はもともとローコスト住宅を得意としていましたが、近年では断熱性能を大幅に向上させた「ニーズ(N-ees)」シリーズをリリースしたことで一気に注目度が上がってきています。高い住宅性能を確保しつつコストパフォーマンスは変わらず維持していますので、総合バランスは大変優秀と評判です。アバンティアとは価格帯も近く競合していますので、ぜひこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

繰り返しとなりますが、ハウスメーカー選びは比較が大切です。
本契約を済ませてから「あっちのハウスメーカーの方が安かったのに…」「こっちの工務店のほうが住宅性能が高かったのに…」と後悔することの無いよう、ハウスメーカーは少なくとも2~3社程度は比較・あいみつもりを取ることをオススメします。これはすでに本命に決めたハウスメーカーがあったとしてもです。

価格帯が近い競合会社の住宅カタログを比較することで、自分の理想とするマイホームの相場観も養われますし各社で異なる価格、住宅性能、外観、内装、設備グレードなど細かい部分の目利きもある程度できるようになるはずです。

アバンティアに興味がある方は上記のハウスメーカーも併せて比較してみることをオススメします。

なお、詳しくは後述しますが「複数社で比較し相見積もりをとること」は契約直前に行う最終的な値引き交渉の場面でも強力なカードとなります。注文住宅のハウスメーカー選びにおいて「比較」と「相見積もり」はメリットこそあれど、デメリットになることはありません。

ハウスメーカー選びで必ず行うべき必須項目と覚えておきましょう。

予算からハウスメーカーを比較しましょう!

注文住宅でマイホームを建てるなら、必ず「予算に合うハウスメーカー」を複数社みつくろって比較・相見積もりしてください。

注文住宅は基本的にオーダーメイドの一点モノ。ほとんど「定価」という概念がありません。つまり自分の条件であいみつをとらなければ「自分の条件のマイホームの適正価格」があいまいのまま。

適正価格があいまいのまま、なんとなくフィーリングで決めてしまうことだけは絶対にやめましょう。

注文住宅は似たような見た目や性能でもハウスメーカーが違えば「300万円~1000万円単位で価格差がある」のが当たり前の世界です。後から「向こうのほうが安かったのに…」と後悔しないためにも必ず複数社のカタログを比較・相見積もりを取るようにしてください。

あなたの地域で予算に合うハウスメーカーを一括比較!

アバンティアの注文住宅は高い?安い?価格設定は?

続いてアバンティアの注文住宅は一般的にみて高いのか?安いのか?という点について解説していきます。

アバンティアの注文住宅は「オールインワンプライス:1,639万円(税込)~」「坪単価52万円(税込)~」が予算目安となります。税込&諸費用コミコミでこの価格であれば競合他社と比較しても「安い方」と考えてよいでしょう。

詳しくは後述しますが、アバンティアの注文住宅は耐震等級3・断熱等級5(ZEH水準)をはじめ、住宅性能表示制度における6項目で最高等級を取得しており住宅性能面でもしっかりと平均以上をクリアしています。住宅性能面やデザイン等を鑑みれば諸費用コミコミオールインワンプライス:税込坪単価52万円~はかなりコストパフォーマンスに優れる価格帯です。

基本的に注文住宅は建物本体価格だけでなく水道やガス、電気などの引き込み工事やその他各種の申請費用などの諸費用がかかります。付帯工事費や諸費用は一般的に建物本体価格の10~20%前後の金額が目安となりますが、アバンティアではこれら諸費用コミの価格となります。こう考えるとかなり住み始めるまでのコストが抑えられることがわかると思います。

アバンティアは値引きできる?

注文住宅は人生で一番高額な買い物です。少なくとも千万円単位の買い物になりますのでたとえ1%の値引きでも大きな金額になります。

ご存知で無い方も多いですが、注文住宅の業界は個別の値引き交渉がよく行われています。
アバンティアに関してはインターネット上で実際の値引き事例を確認できませんでしたので、ハッキリと値引きの可否について断言することはできませんが、アバンティアでも適切なタイミングで値引き交渉を行えばうまくいく可能性はあると思われます。

ちなみに一般的な注文住宅メーカーでは「建物本体価格の3~8%前後」が値引き交渉の相場と言われています。アバンティアと交渉する際にも、まずは一般的な値引き相場を目安に交渉してみると良いでしょう。

アバンティアが値引きに応じるかどうかは断言できませんが、価格交渉はそもそもプランやオプションの有無でも変わってきますので、決意が固まったら思い切って言ってみましょう。もしかすると想定以上の価格交渉が成功する可能性もあるかもしれません。

  • アバンティア 値引きのコツ 住宅が売れにくい時期を狙う

住宅業界は一般的に2月・6月・8月が売上が落ちやすい時期と言われています。2月と8月は住宅業界だけでなく他の業界でも売上げが下がりやすいですし、6月は梅雨で悪天候の日が多いため住宅展示場に足を運ぶ方が減るため売上が下がりやすいのだと思われます。

このような住宅業界の売上が下がりやすい時期に値引き交渉を行うことで担当営業マンが上司の決裁を取りやすくなる可能性があります。とはいえ、そこまで大きな効果が見込めるわけではないので無理をしてまでこの時期に合わせる必要はありません。タイミングよく時期が合わせられそうならば意識して契約の時期を合わせるくらいで十分だと思います。

  • アバンティア 値引きのコツ オプション設備で値引き交渉する

住宅業界は個別の値引き交渉に応じる会社も多いですが、中には金額面での値引きに一切応じない方針のハウスメーカーも存在します。もし金額面での交渉が難しいと感じた場合は、有償オプションをサービスしてもらえないか?という方向にシフトするのも一つの手です。金額面での交渉を受け付けない会社でも設備のアップグレードなどオプションサービスであれば交渉の余地がある可能性があります。

  • アバンティア 値引きのコツ 交渉は契約前の一度きり

ハウスメーカーとの値引き交渉は切り出すタイミングが需要です。
結論から申し上げると値引き交渉は「最終的な見積もりがでた直後(本契約の直前)」がベストタイミングです。

ハウスメーカー側も本契約直前まで話が進んだお客様は絶対にまとめたいと考えていますから、契約直前のタイミングに交渉するのがもっとも検討してくれる可能性が高いからです。プランが本格的に固まっていない段階で値引き交渉をするとグレードの低いプランに切り替えることを薦められる可能性が高くそれでは交渉の意味がありません。

何度も繰り返し値引き交渉をするのもあまり心象的によくないですし、ハウスメーカーとの値引き交渉は「プラン決めが固まった後・契約直前のタイミングで希望額まで一気に交渉する」のが基本と覚えておきましょう。一度の機会ですから遠慮なく言ってみましょう。本契約直前のタイミングであれば多少大胆な交渉でもしっかりと検討してくれるはずです。

  • アバンティア 値引きのコツ 競合他社と相見積もりをとる

こちらの項目はハウスメーカーとの交渉において大変重要ですので必ず覚えておいてください。
アバンティアに限らずどのハウスメーカーでも注文住宅の値引き交渉をする前には必ず「複数のハウスメーカーを比較し相見積もりをとること」が大変重要です。

前述のとおり、ハウスメーカー側も本契約の直前まで話が進んだお客様は絶対に契約までまとめたいと考えています。せっかく話がまとまりかけたお客様をみすみす競合他社に取られてしまうくらいなら、多少の値引きには応じるというケースが多いです。

例えば「あいみつをとったら競合のA社のほうが価格が安かったので迷っている」という内容を伝えれば本命のハウスメーカーが価格面で競ってくる可能性は十分に考えられます。

せっかく相見積もりをとるならできるだけ価格帯の近い競合ハウスメーカーがオススメです。もともとの価格帯がかけ離れていると本命の会社が値引き競争から降りてしまうかもしれません。

アバンティアが本命ハウスメーカーとしているのであれば、タマホームやアイダ設計、アイ工務店などが価格帯が近いと思われます。
複数のハウスメーカー・工務店で相見積もりを取れば自分の希望条件を満たすマイホームの価格相場観も養われますし、値引き交渉の際にも大変有利なカードとなりますので必ずやっておきましょう。

ハウスメーカーで相見積もりを取る前に…

まずは希望の予算・エリアに対応しているハウスメーカーを何社か見つけることから始めましょう。せっかく相見積もりをするなら性能スペックやデザインが希望条件にある程度あてはまらないとあまり意味がありません。

そこで最初のふるい落としに役立つのが「住宅カタログ」です。何冊かカタログに目を通すだけで各ハウスメーカーの特徴・強みがだいたいわかってきます。何社かお気に入りをみつくろったら「あいみつ」を取ってみてください。

似たようなスペックでも「ハウスメーカーごとにこんなに価格が違うの?!」と驚くと思います。価格差を知らずになんとなく決めてしまってたら…ゾッとしますね。すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかでマイホーム計画の失敗率は格段に下がります。「カタログ比較」は注文住宅の登竜門。まずはライフルホームズから始めましょう!

希望条件に合うハウスメーカーから一括カタログGET(無料)≫

  • ハウスメーカーの値引きの裏技をご紹介します

上記でご紹介した値引きのコツのほかにも当サイトではハウスメーカーとの交渉に役立つさまざまな知識をまとめています。アバンティアだけでなく他社ハウスメーカーの場合でも役に立ちますので本格的な交渉に入る前に下記のリンク先ページをチェックしておくことをオススメします。

アバンティアの工法と住宅性能

アバンティアの商品ラインナップや価格帯・坪単価について解説しましたので、ここからはアバンティアの注文住宅の工法(構造)や住宅性能(耐震性・断熱性・気密性など)について解説していきます。

特に家がどのような工法で建てられているか?は重要なポイントです。
一戸建て住宅にとって工法・構造は後から変更が効かない重要なポイントです。安全性や耐久性にもかかわりますので前もってしっかり理解しておきましょう。

  • アバンティアは木造軸組み工法を採用

アバンティアの注文住宅は、日本家屋でもっとも一般的な工法である木造軸組み工法(在来工法)で建てられています。

木造軸組み工法は、建物を柱・梁・筋交いで構成される骨組みで支える構造です。日本で古くから用いられる工法のため在来工法とも呼ばれています。木造軸組み工法のメリットは比較的、設計上の制限が少なくプランニングの自由度が高い点、そして将来リフォームする際にも自由度が高い点でしょう。ツーバイ工法やパネル工法など、建物を面で支える構造に比べて軸組みで荷重を支える構造の方が間取りの可変性に優れます。マイホームは長く住むことが大前提です。年月が経てば家族のライフステージも変化しリフォームの必要が生じる可能性も高いので、将来の可変性に優れる家は大きなメリットと言えるでしょう。

逆に木造軸組み工法のデメリットは、ツーバイ工法やパネル工法などの面構造に比べて、地震の際の負荷が木材接合部に集中しやすい点です。しかし、アバンティアではさまざまな耐震性アップの施策を盛り込んでいますので、このデメリットはほぼ考えなくても良い水準と言えそうです。詳しくは次項にて解説します。

アバンティアの耐震性能

続いてアバンティアの家の耐震性能について解説してまいります。
前の項目で、木造軸組み工法はパネル構造(面構造)の建物に比べて地震の負荷が一点集中しやすい弱点があると述べましたが、アバンティアではこの弱点に対してさまざまな耐震性アップの施策を盛り込んでいます。

まずアバンティアでは地震の負荷がもっとも集中しやすい接合部を高耐久で頑丈な金物接合をしています。金物接合をすることで、従来の軸組み工法に比べて、木材の断面欠損が最小限に抑えられ接合強度がアップしています。さらに高強度の「鋼製火打ち金物」「羽子板ボルト」「横架材次手金物」「筋交いプレート」などの補強金物を標準採用している事に加え、基礎と柱、上下階の柱を強固に緊結し、地震に縦揺れに備えるホールダウン金物も標準採用。

また床面は「剛床工法」と呼ばれる24mm厚の分厚い構造用合板と梁を接合して一体化する構造となっています。剛床工法の建物は床の剛性が極めて高く、水平方向の地震の揺れをバランスよく分散することができます。

アバンティアの家は、これらさまざまな耐震性アップの施策を盛り込み、住宅性能表示制度における「耐震等級3(倒壊防止・損傷防止)」を全棟標準で取得しています。

耐震等級耐震強度
耐震等級1(建築基準法レベル)震度6強~7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない耐震強度
耐震等級2(長期優良住宅レベル)耐震等級1の1.25倍の耐震強度
耐震等級3(最高等級)耐震等級1の1.5倍の耐震強度

耐震等級3(最高等級)を取得している建物は、非常に地震に強いと考えてよろしいです。
震度7の揺れがたった2日間で2度も発生した熊本地震においても、耐震等級3を取得した建物の倒壊・全壊の事例はありません。震度7の大きな揺れが、2日間で2度発生することはまさに異例の出来事でしたが、この揺れでも耐震等級3の建物は耐えることができたのです。

木造軸組み工法は、面構造の建物に比べると若干耐震性の面で弱点があるとはいえ、しっかりと耐震等級3を取得した建物であれば心配はいりません。アバンティアの注文住宅の耐震性は十分高いと考えて良いです。

アバンティアは寒い?断熱材・断熱性能・UA値について

注文住宅のハウスメーカー選びにおいて断熱性(UA値)は非常に重要な比較ポイントです。
断熱性のよくない家は「夏は暑い、冬は寒い」という室内環境になりやすく、また空調効率も悪いので夏・冬の光熱費ランニングコストが高くなってしまいます。他にも断熱性が悪いと部屋ごとの温度差が大きくなることからヒートショックなど健康リスクが高まる可能性も指摘されています。

ヒートショックはお年寄りの方が高リスクですので、ご家族に高齢の方がいらっしゃる場合は断熱性は特に重視するべきでしょう。

さてアバンティアの断熱性能はどうなのか?と言う点ですが、アバンティアは結論から申し上げると、アバンティアの家は全棟で「断熱等級5(ZEH水準)」の性能が確保されていますので、問題なく優秀な性能と言えます。

断熱等級5(ZEH水準)の参考UA値
断熱地域区分1地域(夕張など)2地域(札幌など)3地域(盛岡など)4地域(会津若松など)5地域(水戸など)6地域(東京など)7地域熊本など)
断熱等級50.40.40.50.60.60.60.6

住宅の断熱性は「UA値」という単位で示します。UA値は数値が小さいければ小さいほど、断熱性が優秀であることを示します。

アバンティアの家は全棟標準で断熱等級5(ZEH水準)をクリアしていますので、少なくともUA値0.6以下は確保されています。この数値であれば問題なく夏・冬ともに快適な温熱環境は実現できていると思われます。

なおアバンティアは外壁部分の断熱材には「高性能グラスウール(24K)」を採用しています。グラスウールは日本家屋でもっとも使われている一般的な断熱材ですが、アバンティアが採用する「24K」タイプは非常に密度が高くハイグレードな製品です。断熱層の厚みに関しては公式HPに記載がありませんが、いずれにしろUA値0.6以下(ZEHクリア)しているので特に問題はないでしょう。気になる方は直接ヒアリングしてみましょう。

また、住宅の断熱性を考える上で大切なのが窓の仕様です。窓は家の中でもっとも熱損失しやすい箇所ですので、窓のグレードを上げるだけでも大幅に断熱性向上に期待できます。

アバンティアが標準採用している窓は「アルミ樹脂複合サッシ」+「Low-Eペアガラス(アルゴンガス封入」」ですので、こちらはグレードアップの余地があります。もちろん標準のままでUA値0.6は確保されているので特に問題はありませんが、さらに高い断熱性能を求める方は窓の仕様を「オール樹脂サッシ」+「Low-Eトリプルガラス(クリプトンガス)」に変更すると良いかもしれません。窓の仕様変更は、価格の上昇幅も限定的ですし、性能の向上幅は大きいと思われますのでコスパの良いオプションと言えます。

アバンティアの気密性・C値

一戸建て住宅にとって断熱性(UA値)とセットで重視しておくべき性能が「気密性(C値)」です。
気密性とは「室内にスキマがどれくらいあるか?」ということを数値化したものとお考えください。気密性は「C値」という単位で表し、こちらもUA値と同様に数値が小さければ小さいほど気密性が優秀であることを示します。

気密性が悪い住まいは、スキマから熱損失してしまいますので空調効率が悪くなりますし、家の至るところで局所的な温度差が生じる点も問題です。温度差は結露の原因となり、結露はやがてカビや腐食を招く可能性があります。木造住宅にとって結露は構造寿命を縮めてしまう大敵ですので、気密性もぜひ重視してください。

気密性は快適な温熱環境に影響するだけでなく光熱費ランニングコストや家の寿命にまで影響する可能性があります。断熱性だけでなく気密性もぜひセットで重視してください。

さてアバンティアの気密性についてですが、残念ながらアバンティアでは気密性の数値(C値)に関しては公式HPで公表していません。C値はUA値とは異なり、実測値のため実際に1棟1棟で気密測定器を用いて測定しない限り正確な数値を測れないため、公開していないのだと思われます。

C値に関しては、公開していないハウスメーカーも多いですし、メーカーサイドが公開しにくい事情も分かりますが、気密性は重要な性能ですのでできれば目安の数値くらいは公開してほしいところですね。

気密性(C値)に関しては直接ヒアリングするほかありません。
一般的に木造一戸建て住宅であれば「C値1.0」を下回っていれば高気密住宅と言われます。

できればヒアリングするだけでなく実際に契約される場合は「気密測定」を行うことも推奨します。
新築時の気密測定はハウスメーカーに依頼することも可能ですが、施主がみずから外部業者に依頼することも可能です。むしろ外部業者のほうが公平中立な測定に期待できるかもしれません。

当サイトが気密性の数値を特に重視すべきと提唱するのは、優れたC値は「丁寧で精密な施工でなければ出せないものだから」です。優秀なC値を計測する高気密住宅は、精密で丁寧な気密処理が行われているという一つの証明です。

外部業者に気密測定を依頼すると、約15~20万円前後の金額がかかりますが、この金額は必要経費と考えて依頼することをオススメします。

断熱・気密性能は超重要!必ずカタログスペックで比較しよう!

家を建てるなら断熱性能は超重要です!

というのもマイホームを建てた人の後悔ポイント1位が「室内の寒さ・暑さ」、2位が「光熱費が高いこと」だと言われているからです。コレ、どちらも高気密・高断熱の家なら解消できていた後悔ポイントです。

せっかく注文住宅を建てるなら「夏涼しく冬暖かい省エネ住宅」が良いのは当たり前ですよね。

マイホームの気密・断熱で失敗したくないなら、必ず「カタログの数値」で比較してください。

営業マンに「気密・断熱はどうですか?」と聞くだけじゃダメです。だいたい皆「うちは悪くない」というはずです。気密・断熱に自信のあるハウスメーカーなら“住宅カタログに必ず数値を載せる”ものです。カタログの数値に嘘はありません。

逆にカタログに数値が載っていなければ、その会社は「自信がない」と判断してOKです。これをやっておけば「気密・断熱での失敗」はまずありません。

気密・断熱性はハウスメーカー各社で力量差が非常に大きく表れるポイント。先輩方と同じ後悔をしないために気密・断熱の数値は必ずカタログで比較しておきましょう。

あなたの地域で「高気密・高断熱に特化したハウスメーカー」をチェックする!≫

LIFULL HOME'Sの無料おまとめ取り寄せはコチラ≫≫

アバンティアの外観

続いてアバンティアの注文住宅の外観をみていきましょう。わかりやすく建築実例画像でご紹介していきます。

アバンティアの外観画像① アバンティアの外観画像② アバンティアの外観画像③ アバンティアの外観画像④ アバンティアの外観画像⑤ アバンティアの外観画像⑥

アバンティアの外壁

アバンティアの外壁材について解説して参ります。
アバンティアでは「セルフクリーニング機能付きの窯業系サイディング」を標準採用しています。
窯業系サイディングは軽量で耐火性も高くデザインの種類も豊富ですので、もっとも採用率の高い外壁材です。

アバンティアの採用する窯業系サイディングは「光触媒加工(セルフクリーニング機能付き)」された製品ですのでハイグレードなものです。光触媒加工された外壁は汚れが付きにくく、もし汚れが付いたとしても雨が降れば自動的に洗い流されるセルフクリーニング機能を有します。

セルフクリーニング外壁

セルフクリーニング外壁は外観の清潔さが長期間保たれるのでオススメの外壁材です。
ただし窯業系サイディングは表面のコーティングが不可欠なので、定期的な塗装メンテナンスが必要になります。メンテナンスサイクルについてはあらかじめヒアリングしておきましょう。外壁はできるだけ高耐久な製品をはじめに採用しておいた方が満足度が高まります。窯業系サイディングは製品によっては、30年前後メンテナンスフリーを謳う製品もありますので、できれば高耐久なものを採用すると良いでしょう。

アバンティアの屋根

屋根材も外壁と同じく見た目だけでなく耐久性・メンテナンス性が重要になる住宅部材です。

アバンティアでは「ガルバリウム屋根」を採用していると思われます。
屋根材のなかでもっとも初期費用が安いのは「スレート屋根」ですが、こちらは10~15年に一度塗装メンテナンスが必要となる製品が多く「ガルバリウム屋根」の方が耐久性・メンテナンス性に優れる製品が多いのでオススメです。アバンティアの屋根材は長期の対変退色(色褪せ)性、耐食性、熱反射性、防汚性に優れる製品とのことですので、性能面では問題なさそうです。

ただガルバリウム屋根も定期的な塗装メンテが必要となりますので、メンテナンスサイクルだけは先に聞いておきましょう。
屋根材も外壁材と同様に常に雨風・紫外線にさらされる個所ですので、見た目の好みだけでなく耐久性・メンテナンス性を意識して選ばれることをオススメします。

外観にこだわるなら、まずは色々なハウスメーカーを比較しましょう!

せっかくの注文住宅ですから外観にもこだわりたいですよね。好みの外観デザインを探すならまとめてカタログ請求がオススメです。カタログ比較は注文住宅の登竜門!ライフルホームズなら、無料で複数社のカタログを一括で取り寄せできちゃいます。

外観デザインにこだわったハウスメーカーはコチラ≫

アバンティアの内装・間取り

続いてアバンティアの内装・間取りの建築実例画像をご紹介してまいります。

アバンティアの内装① アバンティアの内装② アバンティアの内装③ アバンティアの内装④ アバンティアの内装⑤

アバンティア注文住宅タイプ①間取り参考例1F

アバンティア注文住宅タイプ①間取り参考例1F

アバンティア注文住宅タイプ①間取り参考例2F

アバンティア注文住宅タイプ①間取り参考例2F

アバンティア注文住宅タイプ②間取り参考例2F

アバンティア注文住宅タイプ②間取り参考例2F

アバンティア注文住宅タイプ②間取り参考例1F

アバンティア注文住宅タイプ②間取り参考例1F

注文住宅のはじめの一歩!まずはココから無料カタログを比較しよう!

アバンティアの平屋

一戸建て住宅のプランニングのなかで平屋も非常に人気があります。

平屋とはワンフロアのみで構成される1階建ての住宅のことを指します。ワンフロアで構成される家ですから必然的に階段による上下移動がなく比較的楽な生活動線を確保しやすいのが平屋の大きな特徴です。

また平屋は2階部分がありませんから総重量が軽く、重心が低く安定しているため、設計上の制限も少なく自由度の高いプランニングが可能な点もメリットの一つです。平屋なら柱のない大空間リビングや高い天井、大開口の窓など開放的なプランニングが実現しやすいです。自由度の高いプランニングを得意とするのも平屋が好まれる一因と言えるでしょう。

ただ平屋は本来つくれるはずの2階・3階をまるごと取り払うプランニングですので、当然ですが総床面積は狭くなります。また都市部など隣家との距離が近い場合も圧迫感を感じやすく、日当たりの確保が難しくなる可能性も出てきます。平屋は敷地面積・敷地条件を選ぶプランですので注意しましょう。

なおアバンティアの公式HPでは平屋プランが確認できませんので、平屋を建てることができるかどうかは直接ヒアリングすることをオススメします。

アバンティアでもしも欠陥があった場合の保証・アフターサービス

注文住宅のマイホーム計画を検討している方のなかには「家は建てたいけど、もし欠陥住宅だったらどうしよう…」という不安を抱いている方もいると思います。

実際に「ハウスメーカーで注文住宅を建てて欠陥住宅だった」という事例は多くはありませんので、必要以上に不安視することはありませんが、万が一であっても欠陥住宅のリスクは怖いものです。また欠陥住宅でなくとも家は長く住めば必ずどこかにメンテナンスの必要が生じます。だからこそハウスメーカー各社がつけている保証体制・アフターサポート体制も重要な比較ポイントと言えます。

アバンティアの保証体制を以下にまとめました。

アバンティアの保証内容
保証内容期間
建物初期保証(構造と防水)10年
建物最長保証(構造と防水)30年(10年ごとの有償点検・メンテナンスを受けることで保証が延長)
設備保証10年
地盤保証20年(アバンティアが売り主となる土地に限る)

結論から申し上げると、アバンティアの保証内容は手厚いと言えます。

大前提として新築マイホームを建てる場合「建物保証(構造・防水保証)」は売り手側が10年間の瑕疵担保責任を負うことが品確法という法律によって定められています。なので、どのハウスメーカーで家を建てたとしても、少なくとも「建物保証10年間(構造・防水)」は付きます。

アバンティアも建物初期保証(構造・防水)は10年ですので、この点は品確法で定められた範囲内です。ただ、アバンティアでは初期保証満了後も、建物の引き渡しから10年後と20年後に、有償の定期点検と必要とされる有償メンテナンス工事を受けることで最長30年まで建物保証が延長するシステムが用意されています。

ローコスト住宅メーカーでは特に建物保証は10年に留まるケースが多いので、最長30年保証が付く点は手厚いです。

またアバンティアでは品確法では定められていない「住宅設備保証10年」「地盤保証10年」が付く点も嬉しいポイントです。特に住宅設備保証は競合他社と比べても長いです。他社の場合、住宅設備保証はメーカー保証のみ(2年程度)というケースが大多数です。なお地盤保証に関しては、アバンティアが売り主となる土地に限ります。

アバンティアの保証内容は価格を考えてもかなり手厚い印象を受けます。
なおアバンティアではアフターサービスとして建物の引き渡しから1年目・2年目に無償の定期点検を行っています。無償定期点検の回数はやや少なめですが、そのほか緊急対応サービスとして専用コールセンターを用意し24時間365日、家に関する困りごとを受け付けています。水回りや鍵のトラブルの際に駆けつけて応急措置をしてくれます。

アバンティアで注文住宅を建てるメリット・デメリット

少々記事が長くなりましたので、このあたりでアバンティアのメリット・デメリットをまとめておきます。ハウスメーカー各社のメリット・デメリットを把握しておくことで自分にあった施工会社を見つけやすくなります。

アバンティアのメリット

地震に強い(耐震等級3)
アバンティアの注文住宅は全棟で耐震等級3を取得した地震に強い構造である点が大きなメリットと言えます。アバンティアの注文住宅は木造軸組み工法ながら、さまざまな耐震性アップの施策を盛り込み軸組み工法の弱点とされる木材接合部の強度をアップし、国のお墨付きである「耐震等級3」を取得しています。設計自由度と将来の可変性に優れる軸組み工法を採用しながらも、耐震性も非常に高い優秀な構造となっています。

断熱等級5(ZEH水準)取得
アバンティアの注文住宅は全棟で断熱等級5を取得している点も大きなメリットと言えます。断熱等級5は、いわゆるZEH住宅の認定基準と同等の性能となりますので、少なくとも「UA値0.6以下」が確保されています。今後の一戸建て住宅はZEH水準がスタンダードになると言われていますので、ローコスト住宅の価格帯で断熱等級5をクリアしている点は嬉しいポイントです。ZEH基準のUA値をクリアしていれば問題なく快適な温熱環境を実現しやすいと言えるでしょう。

手厚い保証体制
アバンティアは建物初期保証(構造・防水)は品確法で定められた10年に留まりますが、初期保証満了後も最長30年まで保証が延長するシステムが用意されています。また品確法で定められていない住宅設備保証10年・地盤保証20年(アバンティアが売り主となる土地に限る)が付くなど、ローコスト住宅メーカーとしては手厚い保証体制となる点もメリットと言えるでしょう。

コスパに優れるオールインワンプライス
アバンティアの家は住宅性能に優れるうえ、コストパフォーマンスに優れるオールインワンプライスで提供している点も大きなメリットと言えます。アバンティアの注文住宅は諸費用コミコミで「税込1,639万円~」「税込坪単価52万円~」で建てられます。耐震等級3、断熱等級5などの性能面を考えても諸費用込み・税込でこの価格帯は優秀なコスパです。

アバンティアのデメリット

気密性の数値(C値)が不透明
アバンティアは断熱等級5を取得しているため断熱性に関しては問題ありませんが、気密性の数値(C値)に関しては公式ホームページに詳しい記載がありません。この点は直接ヒアリングしておくことをオススメします。

セミオーダー規格住宅のためデザインがやや画一的
アバンティアの注文住宅はセミオーダー規格住宅ですのでデザインがやや画一的といった評価もあります。確かにフルオーダー注文住宅に比べるとプランニングの自由度も若干劣りますが、それはコストパフォーマンスの観点からも仕方ない点と言えるでしょう。アバンティアの注文住宅はプランニングの自由度は弱点ながらも、できる限り価格・坪単価を抑えたいという需要にはマッチしていると言えます。

ハウスメーカー選びの完全無料相談会

マイホーム購入は人生の一大イベントですし、非常に高額なお買い物です。ハウスメーカー選びに迷っているなら、一度専門家による客観的な意見をお聞きすることをおすすめします。

ハウスメーカーのカタログを見たり、モデルハウスを見に行くと心が舞い踊って冷静な判断が出来なくなっていたりしてしまいますね。後から「もっとハウスメーカー選びを頑張ればよかった‥」「同じような家がもっと安く契約できたかも‥」「住宅性能があまり良くないかも‥」このような後悔の言葉が残念ながらネットには溢れています。

仮にも何千万円と住宅ローンを組んで長期間支払いをしていくお買い物ですから、自分達は絶対に失敗したくない。そうお考えならば、是非一度は「家づくりの専門家」による中立的なアドバイスを受けておく事をオススメします!!

「家づくりの専門家」に相談するといっても、ハウスメーカーの営業マンに相談するのとは一味違います。基本的にハウスメーカーの営業マンは自社で契約して貰いたいのが本音なので、偏った意見を言いがちです。

当サイトがおすすめするのは、第三者である専門家が、損得勘定なく客観的なアドバイスをしてくれるWEB無料相談サービスを利用する事です。

NTTデータの100%子会社が運営する「HOME4U家づくりのとびら」は、専門のプロに家づくりにおけるあらゆる「疑問」や「質問」に直接相談する事が出来ます。

  • 「この条件でおすすめのハウスメーカーはあるのか?」
  • 「総額でいくらかかるのか、月々の支払いはいくら位になるのか?」
  • 「今の自分の収入で住宅ローンは通るのか?」
  • 「諸費用ってどの位掛かるの?」
  • 「○○県で断熱材は何を採用するべき?」
  • 「土地も一緒に探すのは可能?」

  • などなど…客観的に比較したいこと、ハウスメーカーにはちょっと聞きにくいことを、注文住宅を知り尽くした専門家が的確に回答あるいは選択肢を教えてくれます。強制されることも営業されることも一切なく、なんならしつこいハウスメーカーにはお断り代行も完全無料でして下さいます。もっと言うと、もしお気に入りのハウスメーカーが見つかった場合、所謂「ベテラン営業マン」のみ紹介してもらえます。新人営業マンやいい加減な営業マンはNTTグループのご紹介者には対応させないのです。この強み、めちゃくちゃメリットなこと、わかる人にはわかりますよね。

    空いた時間に自宅から気軽に利用する事が出来ますし、WEB無料相談の予約は1分程で出来るので簡単です。WEB無料相談といってもスマホ1台あればハウスメーカー選びから様々な疑問の解決まで完結できてしまいます。詳しくは下記ページで特集しているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

    アバンティアの注文住宅 まとめ

    このページではアバンティアの注文住宅についての評判・口コミ・坪単価・価格別実例などをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。

    それではアバンティアの注文住宅について最後に簡潔にまとめておきます。
    アバンティアは愛知県名古屋市に本社を置くハウスメーカーで東海エリアを中心にコスパと住宅性能に優れる注文住宅を提供しています。

    セミオーダースタイルの規格注文住宅ながらも住宅性能に優れる家を、諸費用コミコミのオールインワンプライスで提供することで評価を得ています。アバンティアの注文住宅は地盤調査費用や給排水工事や仮設工事などをすべてひっくるめた「オールインワンプライス:税込1,639万円~」となり、この価格帯は多くの方にとって手に届きやすいはずです。

    安いだけでなく耐震等級3(倒壊防止・損傷防止)・断熱等級5(ZEH水準)など、住宅性能表示制度における6項目で最高等級を取得するなど、住宅のクオリティは十分に優秀です。価格・デザイン・性能の総合バランスは優秀と言えるでしょう。

    東海地方でコスパに優れる新築一戸建てマイホームを検討している方は、ぜひ一度アバンティアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

    注文住宅で失敗しないために必ず「比較」しましょう!

    注文住宅のハウスメーカー選びで失敗しないために、最後にアドバイスをさせて頂きます。

    住宅に限った話ではありませんが、高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?マイホーム購入は特に比較検討が大事です。

    見た目は同じような家でも品質・性能・価格は大きく異なります!ハウスメーカーごとにどんな特色があって、どんな価格設定なのか。注文住宅の知識を身につけておけば必ず判断材料になりますし、また複数社を比較検討することで最終的な値引き交渉の際も有利になります。

    注文住宅を検討しているならまずは無料でカタログを見てみましょう!注文住宅のハウスメーカー選びはここから始まります!

    無料カタログをまとめて請求するなら「ライフルホームズ」が断トツオススメです。東証一部上場企業が運営する大手不動産サイトですので、あやしいハウスメーカー・工務店が紛れ込まないよう厳しく審査を行っています。住宅は高額な買い物なので安心して使えるサイトかどうかは重要なポイントです。

    またLIFULL HOME’Sは国内TOPクラスの不動産サイトだけあって、全国規模で1200件以上(2019年6月時点)のハウスメーカー・工務店を網羅しています。知名度は低いけれど良い家を建てる質実剛健な工務店さんは全国各地にたくさんあります。LIFULL HOME’Sならそのような未知の優良工務店と巡りあえるかもしれません。

    LIFULL HOME’Sではエリア検索・予算検索・テーマ検索とさまざまな検索方法で自分にあったハウスメーカー・工務店を検索できるため、そもそもエリア対応していない工務店や予算が合わないハウスメーカーを除外して検討できるのでムダな時間を省けます。

    ただでさえマイホーム購入は疲れてしまうもの。省ける時間は省いて賢くハウスメーカーを選びましょう!

    LIFULL HOME’Sで希望条件に合うハウスメーカーカタログを貰ってみよう(無料)

    アバンティアの注文住宅の評判は?

    当ページの最後にアバンティアの評判についてまとめておきます。
    注文住宅のマイホーム計画で必ずチェックしておきたいのが候補のハウスメーカーの評判です。
    候補のハウスメーカーで注文住宅を建てた方が実際に失敗したこと、後悔したこと、あるいは成功したことなどの体験談はなによりも参考になるはずです。

    失敗・後悔する確率を出来る限り下げるためにも、最後にアバンティアの評判をしっかりとチェックしておきましょう。

    アバンティアの評判

    建売で考えてましたが
    予算の関係上、注文住宅は難しいと思って建売をメインに考えていましたがアバンティアなら注文住宅でも予算的にいけるかもと思えてきた。ZEH住宅にもできるらしいしデザインも無難というかシンプル目なのでこれで性能もそれなりに良いなら注文にしてもいいかもと思えてきた。

    アバンティアの家コスパよくない?
    税込1600万円でZEH基準の断熱の家が建てられるのは普通に安いと思った。耐震等級3なら安全性も問題なさそうだし、外観はちょっと安っぽい感じもあるけど。それよりコスパ重視なんで。

    気に入ってます
    アバンティアで家を建てましたが価格の割に住宅性能も悪くないと思いますし満足してます。断熱性が良いということですがエアコンは必要です。エアコンを付ければすぐに冷えるし温まる。住み心地は良いです。今のところ特にトラブルもありません。デザインも今風で気に入ってます。

    安っぽくみえる
    外観が安っぽくて好きになれなかった。コスパは良いと思うが。もう少し他社で見てみます。

    候補として検討中
    建売ですがアバンティアの家を検討しています。営業の方の感じも良いですし住宅性能的にも特に大きな弱点はないように感じます。大手ハウスメーカーに比べると性能面や高級感は敵わないと思いますが、価格的には今のところ一番納得感があります。もう1社見学に行くけど、今のところはアバンティアが候補。

    価格なりの家
    コスパは良くみえるが住宅設備とか細かいところはやっぱりコスト削ってますね。価格なりなのかなぁと思います。

    アバンティアの評判 まとめ

    上記のアバンティアの評判をざっくりとわかりやすく箇条書きでまとめました。

    アバンティアの評判をまとめると
    • コスパに優れる注文住宅
    • 耐震性と断熱性が高い
    • デザインが安っぽい印象
    • 断熱性が高く空調の効きが良い
    • 価格帯が一番納得感がある

    アバンティアのインターネット上の評判を調べると「コスパに優れる注文住宅」「耐震性・断熱性が優秀」などポジティブな評判がある一方で「デザインが安っぽく見える」など一部ネガティブな評判も見受けられました。

    インターネット上の評判はポジティブなものよりもネガティブなものが目立つケースが多いため、全ての評判を鵜呑みにするのではなく参考程度にするのがベターでしょう。最終的な判断はご自身で直接ヒアリングしてから行うことをオススメします。

    アバンティアの口コミを募集しています

    当サイトでもアバンティアの注文住宅についての口コミを大募集しています。より皆様に役立つコンテンツにしていくためには、皆様の口コミ・評判の書き込みが必要不可欠です。アバンティアで実際に注文住宅を購入された方は、良かった点・悪かった点・メリット・デメリットなどどんなことでもかまいませんのでご感想を寄せて頂けると嬉しい限りです。

    1

    2

    皆様から、このハウスメーカーへの口コミ

      • 匿名
      • 2023年 8月 28日 12:42pm

      デコボコしてない真四角の家が流行ってるのかな。スタイリッシュといえばそうだけど安っぽさも感じる。たぶん建築コストが安いんだろうな。

      • 旧社名サンヨーホームズ
      • 2023年 9月 01日 9:52pm

      ZEH対応で耐震等級3の家がコミコミ1700万円以内で建てられるならコスパ良いと思う。あとどうでもいいけどアバンティアって社名はなんかチャラチャラしてて好きじゃない。旧社名がサンヨーホームズらしいがこちらの方が良かった。

      • 匿名
      • 2023年 9月 07日 10:55pm

      この会社上場してるんですね。知らなかった。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    このハウスメーカーへの口コミを投稿する

    関連記事

    1. 楓工務店の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・標準仕様 まとめ

    2. ratiusRD_hebelhaus

      ヘーベルハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    3. パルコホーム

      パルコホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格・実例 まとめ…

    4. トヨタホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    5. スズキハウスの口コミや評判

      スズキハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格・実例 まとめ…

    6. ウッドボックスの口コミや評判

      WOODBOX(ウッドボックス)の注文住宅について評判・口コミ・坪単価…

    広告の表示について

    当サイトでは、住宅カタログ請求サービスに係るアフィリエイトリンクを掲載することがあります。遷移先では、お客様がご自由に希望のハウスメーカーカタログをお選びいただくことができます。広告契約の有無によって住宅性能ランキングや当サイト評価が変わることはありませんので、ご安心してご利用いただけます。

    お問い合わせ

    当サイトへのご質問やお問い合わせは、よりお気軽にご連絡下さい。

    ハウスメーカーの詳細記事

    1. ハウスメーカー

      フォーライフ
    2. ハウスメーカー

      アバンティア
    3. ハウスメーカー

      イエガオ(IEGAO)の外観画像③
    4. ハウスメーカー

      エルクホームズ
    5. ハウスメーカー

    最新のハウスメーカー口コミ

    PAGE TOP

    ハウスメーカー

    一条工務店の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    一条工務店?

    ハウスメーカー

    タマホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例まとめ

    タマホーム大安心の家

    ハウスメーカー

    ヘーベルハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    ratiusRD_hebelhaus

    ハウスメーカー

    積水ハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

    ハウスメーカー

    ミサワホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例まとめ

    ミサワホーム ジニアス外観イメージ