ハウスメーカー

ブルースホーム 外観

ブルースホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

当ページではブルースホームの注文住宅について、評判や口コミ、坪単価、構造や特徴、価格別の実例などを詳しくまとめています。注文住宅の購入を検討している方にぜひ読んで頂きたいページです。

ブルースホームはJKホールディングスのグループ企業です。JKホールディングスは住宅建材の専門商社を中核にした企業で、住宅関連企業を多くグループ傘下に置いています。ブルースホームはその中の一つで、輸入住宅デザインを専門とした注文住宅のフランチャイズを展開しています。関東・東海・近畿・北陸に加盟店を拡大していますので、特に輸入住宅に興味がある方はチェックしておきたいですね。

近年、日本の住宅は多様性が出てきました。輸入住宅デザインは昔は日本の住宅街に馴染まないとされて敬遠される方も多かったのですが、最近は住まいにも個性を求める方が増えてきたのでしょう。多様な文化を受け入れる若い世代だけではなく、例えば子供が独立してからの終の棲家として、昔スクリーンで見て憧れた欧米住宅を新築されている方も増えているようです。

輸入住宅は異国情緒あるデザイン性が魅力ですが、日本の気候や住環境に適しているのかは不安ですよね。また日本は地震大国ですから、耐震性なども注目しておきたい項目です。

当ページをご覧の方はブルースホームで注文住宅を検討している方が多いと思いますが、マイホームの購入は人生でもっとも高額な特別なお買い物です。後悔することのないように、当サイトでブルースホームの評判・口コミ・坪単価・価格別実例などに目を通しておきましょう。

画像参照元URL:https://brucehomebuilders.com/

Contents

ブルースホームの構造と特徴

ブルースホームでは北米生まれの「2×4工法」「2×6工法」を採用しています。在来工法の約2.4倍の強さを持つとされていて、耐震性や気密性に優れた工法になります。

従来の在来工法(木造軸組工法)は柱や梁で外力を受け止める形ですが、ツーバイ工法は天井・床・壁の六面体で外力を受け止めます。この六面体構造はモノコック構造とも呼ばれていて、新幹線や航空機でも採用されている構造です。優れた耐久性や耐震性が期待出来るのは想像に難しくないでしょう。

ブルースホームの構造別 商品ラインアップ

ブルースホームでは4つのファザードを同じプランで提案しています。デザインのコンセプトは違っても、価格やグレードで分けずに一棟一棟をオーダーメイドで家づくりしています。内装、外装共に輸入住宅デザインに拘っているので、オンリーワンなマイホームを建てる事が出来そうです。その中でも様々な提案プランを用意していて、施主の「こんな家が建てたい」を実現する為のノウハウを実現する事が出来ます。

ブルースホーム 4つのデザインタイプ

ブルースホーム 4つのデザインタイプ

ブルースホームの提案プラン

Gathering
居心地が良いから自然と足が向いてしまうリビングの提案。吹き抜け空間やリビング階段を採用したプランなど。

Makeup
家族みんなが一日の始まりと終わりに使う場所。高級感のあるホテルのような化粧室の提案プラン。

Utility
リビングイン階段に踊り場を設けたワークスペースや土足で使えるシューズインクロークなどの提案プラン。

hobby
趣味を楽しむスペースもしっかり作る。ビルトインガレージやアトリエスペース、サロンスペースなどの提案プラン。

Outside
輸入住宅の楽しみの一つが庭の作りこみ。玄関先のカヴァードポーチやカフェのようなオープンテラスなどの提案プラン。

ハウスメーカー選びで失敗しないために

誰もが「マイホームで失敗したくない」と思っているはずなのに失敗例は後を絶ちません。

それはズバリ「比較検討が足りない」からです!

マイホームに限らず高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?同じような見た目の家でも品質・性能・価格は大きく異なります!複数社を比較検討することでハウスメーカーの特徴をしっかり知る事ができ、更に最終的な価格交渉の際も有利になります。

失敗しないために、必ずハウスメーカーの無料カタログで「比較」して下さい!

注文住宅のはじめの一歩!まずはココから無料カタログを比較しよう!

ブルースホームのフランチャイズシステム

ブルースホームは全国の工務店とフランチャイズ契約を結んで営業エリアを拡大しています。フランチャイズ形式の最大のメリットは、ハウスメーカーと地場工務店のメリットを両方活かせる点です。ハウスメーカーは新商品開発や部材の一括仕入れなどのスケールメリットを活かせますし、地場工務店は地域密着型のサービスとスピーディな対応が可能になります。互いのメリットを活かす相乗効果がある訳ですね。尚、ブルースホームは住宅建材の専門商社を中核にしたJKホールディングスの傘下なので、高品質住宅を価格を抑えて提供する事が実現出来そうです。

ブルースホームの基礎

基礎は主に「布基礎」「ベタ基礎」がありますので、注文住宅を建てる際の基礎知識として覚えておきましょう。

※布基礎とは…鉄筋で補強された逆T字型の基礎で、帯状の連続的に一体化した構造を持ち、上部からの力や地盤の構造によって不同沈下を防いでいます。

※ベタ基礎とは…床全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。地面への設置面積が広い為、基礎全体で建物を支える事が出来ます。

ブルースホームでは「ベタ基礎」を標準仕様としています。底盤は150ミリの厚さで、外周部には2×6工法の壁厚にも対応出来る基礎を標準仕様としています。住まいの耐久性を高める施策として、防湿シートも採用しています。他にも硬質ゴムで作られたパッキングを、基礎と土台の間に一定間隔で設置する「基礎パッキング工法」も採用しており、土台の全周囲に均一に換気口を作る事で湿気対策を高めています。その効果は通常の床下換気口の2倍以上にもなるそうです。まあ基礎の中に換気口を作らない構造なので、基礎の剛性を高めるだけではなく、防蟻対策にも有効です。

ブルースホームの耐震性能

ブルースホームは地震に強いとされるツーバイ工法が採用されています。在来工法のように柱と梁で支えるのではなく、壁で建物を支える構造です。四辺の壁に加えて、天井や床などの六面体で支える構造は、力学的にも合理的とされているので航空機や新幹線などでも採用される程、外力に強いのが大きな特徴。当然、高い耐震性能に期待が出来るでしょう。

但し、ブルースホームでは耐震等級に関する表記が一切されていません。構造や工法から相応の耐震性能があるとは思いますが、耐震等級に関する記述が無いのはマイナス評価です。実際に耐震等級を取得するには、申請費用などが必要とはなりますが、耐震性能に不安を感じる方は耐震等級の取得について直接ヒアリングされる事を推奨します。

ブルースホームは寒い?断熱材・断熱性能

ブルースホームは2×4工法、または2×6工法を採用しているので気密性や断熱性に関しても高い水準を期待する事が出来ます。特に2×6工法は「2×4工法」に比べて1.6倍の壁の厚みを持たせる事が出来ますので、断熱材を分厚く施工する事が出来るので、より高い断熱性能を期待する事が出来るでしょう。

  • ブルースホームの断熱材

ブルースホームでは高性能グラスウールを断熱材に採用していますが、一般的な袋入りの状態で使用はせず、世界的に寒冷地で採用される裸の状態での施工を行います。2×4工法は壁に90ミリ施工ですが、2×6工法では壁に140ミリと分厚く施工されますので、寒冷地でも暖かい住まいを実現する事が出来るでしょう。尚、2×6工法の場合は天井には200ミリの分厚さで断熱材を施工します。これは大手ハウスメーカーと比べても遜色ない分厚さになります。

尚、断熱材の種類や性能を比較した特集ページを下記にまとめました。興味のある方はチェックしてみて下さい。

  • ブルースホームの窓断熱

断熱性能を重視するなら、決して無視出来ないのが「窓断熱」です。冬の場合は窓から5割、夏なら窓から7割以上の熱損失が発生するとされています。ブルースホームではアルミの約1200分の1の熱伝導率、つまりは「熱を通さない」樹脂サッシを採用し、更にガラスはトリプルガラスを採用しています。これはかなり力を入れている部分で、他社では有償オプションが当たり前の組み合わせです。高い断熱性能に期待出来そうです。

窓断熱の種類や性能を比較した特集ページも下記にまとめてあります。興味のある方はチェックしてみて下さい。

  • ブルースホームの気密性(C値)と断熱性能(Q値)

ブルースホームでは気密性を表す数値「C値」と、断熱性能を表す数値として「Q値」を公開しています。

ブルースホームの2×6工法
C値:0.8~1.5
Q値:1.3~1.6

この数値は低ければ低い程、優れた気密性(C値)と断熱性(Q値)を表すものです。例えば高気密高断熱住宅で有名な《一条工務店》の場合は「C値:0.59」「Q値:051」です。ブルースホームの数値は木造住宅としては決して優秀ではありませんが、及第点レベルと考えれば良いでしょうか。但し、高気密高断熱が期待出来るツーバイ工法を採用している割には、少し物足りない数値と言えるかもしれません。

断熱・気密性能は超重要!必ずカタログスペックで比較しよう!

家を建てるなら断熱性能は超重要です!

というのもマイホームを建てた人の後悔ポイント1位が「室内の寒さ・暑さ」、2位が「光熱費が高いこと」だと言われているからです。コレ、どちらも高気密・高断熱の家なら解消できていた後悔ポイントです。

せっかく注文住宅を建てるなら「夏涼しく冬暖かい省エネ住宅」が良いのは当たり前ですよね。

マイホームの気密・断熱で失敗したくないなら、必ず「カタログの数値」で比較してください。

営業マンに「気密・断熱はどうですか?」と聞くだけじゃダメです。だいたい皆「うちは悪くない」というはずです。気密・断熱に自信のあるハウスメーカーなら“住宅カタログに必ず数値を載せる”ものです。カタログの数値に嘘はありません。

逆にカタログに数値が載っていなければ、その会社は「自信がない」と判断してOKです。これをやっておけば「気密・断熱での失敗」はまずありません。

気密・断熱性はハウスメーカー各社で力量差が非常に大きく表れるポイント。先輩方と同じ後悔をしないために気密・断熱の数値は必ずカタログで比較しておきましょう。

あなたの地域で「高気密・高断熱に特化したハウスメーカー」をチェックする!≫

LIFULL HOME'Sの無料おまとめ取り寄せはコチラ≫≫

ブルースホームの外観

ブルースホーム 外観

ブルースホーム 外観

ブルースホームは輸入住宅デザインを採用しているハウスメーカーです。異国情緒溢れる外観デザインは街のランドマークになる可能性も高いでしょう。普通の日本住宅では面白くないとお考えの方や、映画や海外ドラマの生活に憧れていた方にとっては魅力的に映るのではないでしょうか。

ブルースホームが得意としているのがラップサイディングが印象的な北米住宅や、地中海を連想させる南欧風住宅です。特に北米住宅の施工実績が多いので、アーリーアメリカンスタイルが好みの方はブルースホームの施工に信頼を置けるのではないでしょうか。どっしりとした重厚感があるシンメトリーのつくりに、大きな屋根と窓の装飾が印象的なスタイル。北米住宅の様式美としては、西部劇などでも登場するミッドテリアの存在も大きいでしょう。

ブルースホームの屋根・外壁

ブルースホームの施工実績で多いのが「アーリーアメリカンスタイル」と呼ばれる北米住宅です。象徴的な大きな切妻屋根は存在感が大きく、またラップサイディングと呼ばれる外壁は一目で輸入住宅と分かる様式美を兼ね備えています。

ブルースホーム ラップサイディング

ラップサイディングは一目で輸入住宅と分かる佇まい

このラップサイディングは板を重ねるように施工を行うので外壁に陰影が生まれます。壁の内側は石膏ボードで覆う為、耐火性も高いのがメリットで、高級感や重厚感を外壁に持たせることができるので人気の施工法になります。通常の窯業系サイディングと比較すると施工難易度が高いのですが、ラップサイディングの施工実績の多いブルースホームならば綺麗に施工を行えるノウハウを加盟店に伝えているでしょうし、安心して依頼する事が出来るでしょう。

大きな切妻屋根の下地に採用されるのはアスファルトルーフィングという下地材です。この下地材は板紙にアスファルトを染み込ませた建築用の防水材料で、ビルの屋上の防水施工でも採用される程、雨水の侵入を防ぐのに効果的とされています。瓦やスレート屋根などの下地にアスファルトルーフィングを施工する事で、雨漏りの心配がない住まいを実現する事が出来ます。

ブルースホームの内装と間取り

ブルースホームの輸入住宅デザインは外装だけではありません。内装に関しても、映画や海外ドラマで見た生活空間を実現する事が出来ます。ブルースホームは一棟一棟を「デザイナー」や「プランナー」と一緒に創り上げていきます。輸入住宅だからこそ専門的な見地が必要です。世界の住まいを見聞し豊富な実績を持つ輸入住宅のプロが提案するプランには期待が持てそうですね。

ブルースホーム 内装実例

ブルースホーム 内装実例

ブルースホーム ガレージの実例

ブルースホーム ガレージの実例

ブルースホームの天然素材

ブルースホームでは輸入住宅デザイン以外でも、天然素材に拘った家づくりを行っています。人工物に囲まれた生活をしているとストレスが溜まる事が科学的にも実証されています。それとは逆に、人は木材など天然物に触れた時にリラックス効果を得られるそうです。ブルースホームの天然素材を採用した内装にも注目したいですね。

珪藻土
ブルースホームでは、内装の壁に珪藻土を採用する事が出来ます。珪藻土は別名ダイアトマイトとも呼ばれていて、藻類の一種である珪藻の殻の化石で形成される堆積物です。良質な珪藻土の塗り壁材は、調湿効果に優れた細孔になっているので高温多湿の日本の夏に大きな効果を発揮してくれそうです。

ケリーモアペイント
インテリア用塗料は施工中の塗料独特な嫌な臭いもなく、学校や病院、ホテルなどで多く採用される塗料を採用しています。世界一厳しい基準があるとされるカリフォルニア州政府調達に関する室内空気環境規制にも合格しています。

植物由来の塗料
床などに使用する塗料は、ドイツのリポス社製の植物由来。欧州の子供の玩具における安全規格に適合している為、子供が舐めたり飲み込んでも安全な塗料です。赤ちゃんがハイハイしても大丈夫なので、子育て世代の方でも安心出来ますね。

天然建材の無垢材
床材フローリングには、本物の質感が得られる無垢材を採用しています。レッドパイン(赤松)、ダグラスファー(米松)、イエローパーチ(真樺)などを商品のイメージに合わせて選ぶ事が出来ます。

ブルースホームの平屋

アーリーアメリカンスタイルの住まいと言えば、平屋住宅をイメージする方も多いのではないでしょうか。芝生の広い庭に平屋住宅。正に伝統的なアメリカンスタイルの住まいですね。映画の中で観た佇まいを実現する事が出来るかもしれません。

最近は平屋建て住宅を検討する人が増えているそうです。「ワンフロアで暮らせる」「移動が楽」などが理由ですが、例えば子供が自立して、終の棲家としては平屋住宅がピッタリです。そういった意味でも、昔スクリーンで見た「古き良きアメリカ」の平屋住宅を実現する絶好のチャンスになりそうです。大きな軒を利用した「ミッドテリア」や「スクリーンドポーチ」を採用してみるのも面白いかもしれません。輸入住宅のノウハウがあるブルースホームなら、容易に実現出来る事でしょう。

ブルースホーム 平屋の実例

ブルースホーム 平屋実例

ブルースホーム 平屋実例

ブルースホーム 平屋実例

ブルースホーム 平屋実例

ブルースホーム 平屋実例

ブルースホーム 平屋実例

ブルースホームの坪単価 一覧

ブルースホームで注文住宅を建てる場合の坪単価についてまとめたいと思います。

マイホームの購入で一番大切なのは「予算上限」です。一生に一度の高額な買い物なので背伸びしたくなりますが、予算上限をキチンと決める事で、冷静な判断が出来ると思います。予算に直結する「坪単価」は注文住宅を建てる上で重要な指標となりますので、しっかり下調べをしておきましょう。

尚、平均坪単価に関しては、あくまでも一般的なオプションを選択した場合のおおよその坪単価となります。ネット上の口コミ情報などを参考にした価格となりますので、あくまで目安程度にご参考頂ければ幸いです。

ブルースホーム 平均坪単価:45万円~55万円

ブルースホームの注文住宅は、特にグレード別で商品を用意している訳ではありませんので、延床面積や仕様、デザインや設備によって価格に幅が出て来るでしょう。ほぼ標準仕様で安く仕上げるなら本体坪単価は45万円あたりからで、ブルースホームにおける平均坪単価のボリュームゾーンは45万円~55万円あたりを水準に考えたいです。尚、本体価格とは別に付帯費用も掛かりますので予算オーバーに気をつけましょう。

ブルースホームの注文住宅は高い?安い?価格設定は?

ブルースホームの注文住宅が「高いのか?安いのか?」について、この項目で客観的にチェックしたいと思います。

  • 同じ工法を採用する競合と比較する

ブルースホームが採用している「ツーバイ工法」は在来工法(木造軸組工法)とは違い、建物を「面で支える構造」です。ブルースホームでは標準モデルの「2×4工法」の他にオプションで「2×6工法」を選択する事も可能で、「2×6工法」は壁が分厚くなるので断熱材をそれだけ多く施工する事が出来ます。尚、「2×6工法」を採用しているハウスメーカーは《一条工務店》や《三井ホーム》《ウィザースホーム》などが挙げられます。これらのハウスメーカーの坪単価と比較すれば、ブルースホームは「割安」に感じられるのではないでしょうか。

  • 輸入住宅デザインを手掛ける競合と比較する

日本人は島国特有の文化で、海外のものを「高級品」と感じる文化があります。自動車や家具などはそれが顕著ですよね。輸入住宅にしても異国情緒溢れる趣に、価格以上に「高見え」すると感じる人が多いのも大きな特徴でしょう。同じ輸入住宅を手掛けるハウスメーカーとしては《スウェーデンハウス》《セルコホーム》《ロビンスジャパン》《GLホーム》などが挙げられますが、その中ではブルースホームは低めの価格帯に準じると判断する事が出来ると思います。

  • 同じ価格帯で比較する

工法や輸入住宅デザインではなく価格帯で比較をするなら、ブルースホームはローコスト住宅の価格帯で競合出来ると思います。《タマホーム》《アイフルホーム》《桧家住宅》《アイ工務店》などが競合し易いので、少しでもお得に新築する為にも必ず競合他社と比較するようにしましょう。

予算からハウスメーカーを比較しましょう!

注文住宅でマイホームを建てるなら、必ず「予算に合うハウスメーカー」を複数社みつくろって比較・相見積もりしてください。

注文住宅は基本的にオーダーメイドの一点モノ。ほとんど「定価」という概念がありません。つまり自分の条件であいみつをとらなければ「自分の条件のマイホームの適正価格」があいまいのまま。

適正価格があいまいのまま、なんとなくフィーリングで決めてしまうことだけは絶対にやめましょう。

注文住宅は似たような見た目や性能でもハウスメーカーが違えば「300万円~1000万円単位で価格差がある」のが当たり前の世界です。後から「向こうのほうが安かったのに…」と後悔しないためにも必ず複数社のカタログを比較・相見積もりを取るようにしてください。

あなたの地域で予算に合うハウスメーカーを一括比較!

ブルースホームの注文住宅は値引き出来る?

注文住宅の購入は人生で一番高額な買い物となる方が殆どだと思います。高額商品なので金銭感覚がおかしくなってしまうかもしれませんが、冷静に考えれば1万円でも安く買えるなら安く買いたいと考えるべきです。特に家を新築すれば、家具や家電も新しくしたいと考えるのは当然ですし、少しでも安く購入する事が出来れば家具の購入や引っ越し資金に少しでも回す事が出来ますからね。

ブルースホームは「輸入住宅デザイン」と「2×4工法」や「2×6工法」を採用するハウスメーカーの中では、比較的価格を抑えていますので、簡単に値引きは出来ないのではないか…とお考えの方も多いと思います。

結論から申し上げれば、殆どのハウスメーカーで注文住宅を建てる場合は、値引きは可能なものとお考え下さい。例えばオプション分を値引いて貰うなどは当たり前の光景です。但し、ブルースホームはあくまでもフランチャイズ加盟の工務店が直接の交渉相手となります。加盟店によって値引きの金額やサービス内容にバラつきもありますので、その点は考慮しましょう。

ブルースホーム 値引き価格の限界は?

ではブルースホームで注文住宅を建てた場合、どの位まで値引き交渉が可能なのでしょうか。ネット上での口コミや評判を調べると「値引きは殆ど無かった」「他社に比べると渋い」といった声も多かったですが、「50万円値引きできた」「オプションサービスして貰った」などの声も聞かれました。ブルースホームの場合は、輸入住宅なので「円高」「円安」といった要因や、海外情勢などにも作用される可能性もありそうです。一般的に注文住宅の値引き交渉は、本体価格の5%あたりが平均とされていますが、ブルースホームの場合は初めから価格設定を抑えているので、もう少し低めの水準で考えた方が良いかもしれません。

ブルースホーム 値引きのコツ 決算期を狙う

ブルースホームの親会社にあたるJKホールディングスの本決算は3月末日です。一般的に決算期前の値引き交渉は効果的とされています。ですが、ブルースホームの場合はフランチャイズなので、あくまでも交渉相手は加盟の工務店。フランチャイズ加盟の工務店はそれぞれ経営状況や売上状況、販売方針などが違いますので、もしブルースホームで値引き交渉をするなら、実際に交渉をする加盟店の決算時期などを事前に調べておく事をオススメします。また一般的に家が売れ難い時期と重なる2月や8月などを狙うのも効果的なので、決算と家が売れ難い時期が重なる2月末は絶好の狙い目かもしれませんね。

ブルースホーム 値引きのコツ 契約前の1度だけ

これはブルースホーム以外の全てのハウスメーカーでも同じですが、基本的には値引き交渉はとっておきの一度だけにすべきです。契約前に小刻みに値引き交渉を行うと、営業マンも本気で取りあってくれなくなります。値引き交渉を行うのは一度きり、本契約の判を押すか押さないかの一度きりの交渉が一番効果的です。このタイミングだけは遠慮無用で、少し大胆にお願いをしてみる事をおすすめします。

ブルースホーム 値引きのコツ オプションサービスを狙う

金額面の値引き交渉よりも、営業マンが乗り易いのがオプションのサービスです。「このオプション追加分を通常価格でお願い出来ないか、それで決断する」といった交渉の仕方が効果的です。どうしても値引き交渉が上手く行かなかった場合は、こういった交渉の仕方をすれば営業マンも折れるケースが多いです。

ブルースホーム 値引きのコツ 競合他社と比較する

競合する他のハウスメーカーと比較するのが一番の王道です。これをやらずして効果的な価格交渉は有り得ないとお考え下さい。基本的に高額な買い物は競合他社と競争させる事が、より安く購入するコツでもあります。例えあなたが「ブルースホームに決めた」と思っていても、必ず他のハウスメーカーや工務店と比較しておいた方が値引き交渉も有利に働く事でしょう。

ブルースホームと同価格帯の競合としては《アイフルホーム》《クレバリーホーム》辺りが妥当です。また「ツーバイ工法」や「輸入住宅」を取り扱うハウスメーカー《セルコホーム》や《GLホーム》と比較する事で、値引き交渉もやり易くなるのでチェック推奨です。

ハウスメーカーで相見積もりを取る前に…

まずは希望の予算・エリアに対応しているハウスメーカーを何社か見つけることから始めましょう。せっかく相見積もりをするなら性能スペックやデザインが希望条件にある程度あてはまらないとあまり意味がありません。

そこで最初のふるい落としに役立つのが「住宅カタログ」です。何冊かカタログに目を通すだけで各ハウスメーカーの特徴・強みがだいたいわかってきます。何社かお気に入りをみつくろったら「あいみつ」を取ってみてください。

似たようなスペックでも「ハウスメーカーごとにこんなに価格が違うの?!」と驚くと思います。価格差を知らずになんとなく決めてしまってたら…ゾッとしますね。すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかでマイホーム計画の失敗率は格段に下がります。「カタログ比較」は注文住宅の登竜門。まずはライフルホームズから始めましょう!

希望条件に合うハウスメーカーから一括カタログGET(無料)≫

ブルースホームでもしも欠陥があった場合の保証とアフターサービス

せっかく注文住宅で夢のマイホームを手に入れたとしても、購入後に万が一「欠陥住宅」だった場合はシャレになりません。その辺りは、やはり「安かろう悪かろう」といった言葉があるように、ローコスト住宅の場合は不安も大きいですよね。また例え欠陥が無かったとしても、実際に長く住んでいるとと住居は様々な不具合が発生するものです。

住まいは建てた後の方が重要です。ブルースホームは家を建てた後の保証やアフターサービスには力を入れてくれているのでしょうか。この項目でチェックしたいと思います。

ブルースホームでは残念ながら保証期間について公式ホームページには記載されていませんでした。但し、初期保証(無償で受ける事の出来る保証期間)に関しては法律で「最低10年間」は義務付けられているので、最低でも10年間の保証は付くものと考えて良いでしょう。ローコスト住宅の場合は殆どのハウスメーカーが初期保証10年間に設定しているので、価格帯を考えれば初期保証10年は妥当なラインかもしれません。保証延長制度などについては直接加盟の工務店へヒアリングされる事を推奨致します。

また定期点検などのアフターサービスに関しましたは、引き渡しから3か月後、1年目、2年目の3回実施しています。これに関しては同価格帯の競合他社と比較してもかなり手薄に感じられます。今は多くのハウスメーカーが「アフターサービス」に力を入れていますので、今後の改善に期待したいですね。

尚、他社の保証やアフターサービスと比較する事で、ウィザースホームがどの位、アフターサービスに力を入れているハウスメーカーなのかが判ると思います。興味がある方は、下記特集ページでチェックしてみて下さい。

ブルースホームで注文住宅を建てるメリットとデメリット

メリットデメリット

注文住宅を建てるとなれば、高額な買い物となります。恐らく、人生で一番悩む買い物が「マイホーム」になるのではないでしょうか。自分の中で何を重視したいのか優先順位を付けておくべきですよね。

最終的にどこのハウスメーカーで建てるべきかは本当に大きな悩みどころです。一生で一番高い買い物だからこそ、自分の理想に一番近い住まいを実現出来る、そして信頼出来るハスウメーカーを選ばなくてはなりません。

この項目ではブルースホームで注文住宅を建てた場合のメリット・デメリットについてまとめたいと思います。事前に把握しておく事で、ハウスメーカーの良いところ、悪いところ、そして自分が何を優先したいのかが見えて来ると思います。

ブルースホームのメリット

・輸入住宅デザイン
近年は日本の住宅も多様性が生まれて来ましたが、それでもやはり輸入住宅は日本人にはエキゾチックに感じられるのではないでしょうか。昔スクリーンで観たアーリーアメリカンスタイルや、地中海を連想させるスパニッシュスタイルなど、お洒落な印象の外観デザインや内装デザインを実現する事が出来ます。

・珪藻土など天然素材に拘った内装
高温多湿の日本は夏の湿度対策が必須ですが、ブルースホームでは室内の壁に珪藻土を採用する事が出来ます。また赤ちゃんにも安心な植物由来の塗料を採用したり、人にリラックス効果を与える天然の無垢材を採用するなど、家族の健康を重視した家づくりを行っています。

・コストパフォーマンスに優れる
輸入住宅の代表格と言えば北欧住宅を手掛ける《スウェーデンハウス》が有名ですが、それに比べるとブルースホームの注文住宅は価格が抑えられていて、割安に感じる方も多いと思います。特に輸入住宅デザインは効果に思われがちなので、価格以上に「高見え」する可能性が高いでしょう。

ブルースホームのデメリット

・フランチャイズならではの不安点
例えば施工したフランチャイズ加盟の工務店がアフターサービス期間中に倒産してしまった場合などのリスク面も考慮する必要がありそうです。この辺りは事前に確認しておく必要がありますし、大手ハウスメーカーと比較した場合、ストレスに感じてしまうかもしれません。

・保証やアフターサービスが手薄
ブルースホームの定期点検システムは引き渡し後3ヵ月、1年目、2年目の3回のみ。これは競合他社に比べて著しくサービスが劣っている部分です。その分、価格を抑えているのでしょうが、もう少し頑張って欲しいというのが本音です。また保証システムについても公式ホームページ上で記載が無く、アフターサービスに余り力を入れていない姿勢が伺えます。これはマイナス評価でしょう。

・気密性や断熱性が期待ほど高くない
2×4工法や2×6工法を手掛ける他社に比べると、気密性や断熱性は少し物足りなく感じるかもしれません。窓断熱に力を入れてる反面、壁断熱などが物足りない印象です。気密性や断熱性を表す数値も、現在の省エネ性を重視した基準に比べると物足りないですし、高気密高断熱を期待するなら他社と十分に比較してからにした方が良さそうです。

ブルースホームで注文住宅を建てて後悔しないために口コミ・評判をチェックしよう

注文住宅で家を建てる場合に絶対にチェックしておきたいのが、実際にハウスメーカーで家を建てた人の感想や評価などの口コミです。

実際に家を建てて失敗した事、ああすれば良かった…こうすれば良かったといった経験談は何よりも役に立つ事は間違いないでしょう。特にブルースホームの注文住宅を検討されている方にとっては、事前に口コミや評判をチェックしておく事で出来る事前準備も有ると思われます。

この項目では、ブルースホームで注文住宅を建てて後悔しない為に富士住建で注文住宅を建てた先輩たちの口コミを見ていきましょう。

ブルースホームの口コミ

・アメリカンスタイル
南カリフォルニアの海岸線にあるようなアメリカンスタイルの家に憧れていたのでブルースホームで新築しました。白いラップサイディングと大きな切妻屋根のおかげで、友達からの評判は良いですし、2×6工法を選択したので断熱性能も良いと感じています。輸入住宅なので、建具なども海外製なので、今後故障やメンテナンスが必要な時に困るかもしれませんが、日本製では決して出せないディティール感などを楽しむ事が出来ます。個人的にはとても満足する家を建てる事が出来たと思っています。

・ディズニーランドのような住まい
住宅展示場などを見に行っても、ありきたりの家が多い中でブルースホームは一番見栄えが良かったです。ディズニーランドの中にあるような異国感のあるかわいい住まいは、私の憧れでもありました。諸費用は別ですが、35坪で本体価格1800万円ほどで素敵な家を建てられました。実際に住んでからは、あまり連絡などは貰えませんので、アフターサービスはイマイチかも…。

・付帯費用が高い
安い本体価格に騙されない方が良いですよ。ブルースホームは価格の安さで客を引っ張って、諸経費などの付帯費用で価格を上乗せします。結局コミコミ価格だと上モノだけで2000万円超えるのがザラだし、それなら他にも選択肢はあると思う。どうしても輸入住宅が好きなら仕方ないけど。

・珪藻土の内壁が最高です。
珪藻土の内壁を階段やリビングの吹き抜けに採用しています。質感がとても素晴らしく、他社で同じ仕様で依頼した場合はとても高額になるとの事だったので、ブルースホームで契約しようと考えています。断熱性は他社に比べるとそこまで良くない事は分かっていましたので、加盟の工務店さんと外張り断熱や、吹き付け断熱に変更が出来ないか相談しようと考えています。あれこれ希望を通せるのが注文住宅なので、理想の住まいを作る為に担当の方と打ち合わせを行っていきたいと思います。

・ブルースはFCによって全然違う
ブルース加盟の工務店によって、モデルハウスなんかも全然違うし、仕様もサービスも全然変わって来ますよ。例えば関東エリアなら同じブルース同士でも比較する事をおすすめします。

ブルースホームの評判

上記の口コミをまとめると、ブルースホームを実際に建てた方からの評判は以下の通りです。

  • 価格が安い
  • 輸入住宅デザインが魅力
  • 2×6工法は暖かい
  • 珪藻土の内壁が良い
  • 付帯費用が高い
  • FC加盟店によって仕様や価格が違う
  • アフターサービスが悪い

ブルースホームに惹かれる方は、やはり輸入住宅デザインが好きな方だと思います。特にブルースホームは「アーリーアメリカンスタイル」の住まいを得意にしています。外壁にラップサイディングを採用したり、内壁に珪藻土を採用したり、建具なども輸入住宅ならではの拘りを感じる事の出来る注文住宅を手掛けていますが、価格をしっかり抑えられている点から実際に新築された方の評価は上々のようです。保証やアフターサービスに関しては、あまり力を入れていないようなので、その辺りの不満はあるようですが、建物自体の満足度は高いように感じました。

ブルースホームの注文住宅 評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

このページではブルースホームの注文住宅についての評判・口コミ・坪単価・価格別実例などをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。

より皆様に役立つコンテンツにしていくためには、皆様の口コミ・評判の書き込みが必要不可欠です。ブルースホームで実際に注文住宅を購入された方は、良かった点・悪かった点・メリット・デメリットなどどんなことでもかまいませんのでご感想を寄せて頂けると嬉しい限りです。

注文住宅で失敗しないために必ず「比較」しましょう!

注文住宅のハウスメーカー選びで失敗しないために、最後にアドバイスをさせて頂きます。

住宅に限った話ではありませんが、高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?マイホーム購入は特に比較検討が大事です。

見た目は同じような家でも品質・性能・価格は大きく異なります!ハウスメーカーごとにどんな特色があって、どんな価格設定なのか。注文住宅の知識を身につけておけば必ず判断材料になりますし、また複数社を比較検討することで最終的な値引き交渉の際も有利になります。

注文住宅を検討しているならまずは無料でカタログを見てみましょう!注文住宅のハウスメーカー選びはここから始まります!

無料カタログをまとめて請求するなら「ライフルホームズ」が断トツオススメです。東証一部上場企業が運営する大手不動産サイトですので、あやしいハウスメーカー・工務店が紛れ込まないよう厳しく審査を行っています。住宅は高額な買い物なので安心して使えるサイトかどうかは重要なポイントです。

またLIFULL HOME’Sは国内TOPクラスの不動産サイトだけあって、全国規模で1200件以上(2019年6月時点)のハウスメーカー・工務店を網羅しています。知名度は低いけれど良い家を建てる質実剛健な工務店さんは全国各地にたくさんあります。LIFULL HOME’Sならそのような未知の優良工務店と巡りあえるかもしれません。

LIFULL HOME’Sではエリア検索・予算検索・テーマ検索とさまざまな検索方法で自分にあったハウスメーカー・工務店を検索できるため、そもそもエリア対応していない工務店や予算が合わないハウスメーカーを除外して検討できるのでムダな時間を省けます。

ただでさえマイホーム購入は疲れてしまうもの。省ける時間は省いて賢くハウスメーカーを選びましょう!

LIFULL HOME’Sで希望条件に合うハウスメーカーカタログを貰ってみよう(無料)

ブルースホームの口コミを募集しています

当サイトでもブルースホームの注文住宅についての口コミを大募集しています。ブルースホームで注文住宅を建てた方は当サイトにも是非、ご協力頂けましたら幸いです。

皆様から、このハウスメーカーへの口コミ

    • ブルース施主
    • 2020年 5月 27日

    輸入住宅としてはそこそこ安くて、そこそこ住宅性能も良い。ウチは上モノ予算2000万以下で建てたけど、友達に値段言うと驚かれる。ニトリではないが値段以上に見えるらしい。

    • 匿名
    • 2020年 6月 06日

    カントリー風の家に憧れていたのでブルースで建てたが、施工が雑。引き渡し時に4カ所も不具合があった。建具の取り付けとか素人レベルだったし、壁紙の剥がれもあった。ローコスト住宅なんてこんなものか。

    • 群馬在住
    • 2020年 6月 09日

    フランチャイズなので施工に差があるのかも。私は群馬ですが、現場に何度も様子を見にいっても問題なかったですし、丁寧な仕事をされていたように感じます。私は土地は実家から譲り受けたので、本体価格は1800万円で済みましたので価格も予算内に収まりました。輸入住宅はデザインがかわいいので、女性におすすめのハウスメーカーだと思いました。

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    数年前、セルコホームとブルースホームで悩んだのですが、価格はブルースホームのほうが少し安かったですね。煉瓦外壁ならセルコの方が質感も上だったので、最終的にはセルコに決めましたが、ブルースホームの営業の方がとても親切だったし、外壁・屋根・玄関ドアから見た目まで好みの家をつくれる行程が楽しくて、正直後ろ髪をひかれる思いでしたよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このハウスメーカーへの口コミを投稿する

このハウスメーカーと似た記事

  1. スウェーデンハウス 外観

    スウェーデンハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 …

  2. セルコホーム アーリーヴィクトリアンスタイル

    セルコホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ…

  3. ポラスの注文住宅

    ポラスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

  4. ミサワホーム ジニアス外観イメージ

    ミサワホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例まとめ

  5. 秀光ビルド 外観

    秀光ビルドの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

  6. ヤマダホームズ プレミアム フェリディア

    ヤマダホームズの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まと…

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはコチラまで
info@reform-meister.jp

カテゴリー

ハウスメーカーの詳細記事

  1. ハウスメーカー

    スモリの家
  2. ハウスメーカー

    パパまるハウス 外観
  3. ハウスメーカー

    トヨタウッドユーホーム アイキャッチ
  4. ハウスメーカー

    北州ハウジング
  5. ハウスメーカー

    谷川建設

最新のハウスメーカー口コミ

PAGE TOP