ハウスメーカー

ウェルネストホーム

ウェルネストホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

当ページではウェルネストホームの注文住宅について評判や口コミ、坪単価、構造や特徴、価格別の実例などを詳しくまとめています。これから注文住宅の建築を検討している方にぜひ読んで頂きたいページとなっております。

ウェルネストホームは2012年に創業したばかりの比較的新しい会社ですが、住宅性能にこだわりを持って家を建てているハウスメーカーで近年かなり人気を集めています。まさに新進気鋭のハウスメーカーと言えるでしょう。2012年に創業してから、まだ数年しか経っていませんが、すでに宮城県、秋田県、東京都・名古屋・大阪・香川県・福岡県の7県に拠点をもち拠点周辺での施行が可能となっています。

ウェルネストホームの特徴はなんといっても「住宅性能」。なんと「国内最高性能を誇る家」を標準仕様としています。

ウェルネストホームの注文住宅を検討している方は、このページでウェルネストホームが手掛ける家の構造や特徴、坪単価、実例などをチェックしておくことをオススメします。

なお、下のもくじから気になる項目まですぐに飛べますのでご活用ください。

画像参照元URL:https://wellnesthome.jp/

Contents

ウェルネストホームの構造と特徴

それではまずウェルネストホームの構造・特徴について詳しくまとめていきます。一戸建て住宅にとって構造(工法)は後から変更のきかない重要なポイントです。しっかりチェックしておくことが大切です。

ウェルネストホームは木造軸組み工法(在来工法)を採用しております。ただし、昔ながらの「柱と梁」で支えるだけでなく、柱の外側に「モイス」という耐力面材を施工し、2×4工法のように「建物を壁(面)で支える構造」です。耐力面材モイスを施工しているウェルネストホームの家は、標準仕様ですべて「耐震等級3(最高等級)」を取得しています。ウェルネストホームは地震に対して強い住宅を手掛けていると言えるでしょう。

ウェルネストホームの商品ラインアップ

次はウェルネストホームの商品ラインナップについてですが、ウェルネストホームでは特に他社ハウスメーカーのように複数の商品ラインナップはありません。あるのは「標準仕様」のみですので、この標準仕様をベースにして、必要に応じてオプション(提案工事)を付けくわえていくというスタイルになります。

ただし、ウェルネストホームの注文住宅は標準仕様でも非常に住宅性能が優れていますので、住宅性能のアップグレードでオプションを追加するケースは少ないと思います。デザイン面などでのオプションを追加するケースはあるでしょう。

ウェルネストホームの特徴

次はウェルネストホームが手掛ける注文住宅の特徴をまとめていきます。ウェルネストホームの注文住宅は4つの大きな特徴があります。順番に説明していきますね。

  • 国内トップクラスの気密性・断熱性

ウェルネストホームの最大の特徴はなんといっても国内トップクラスの気密性・断熱性を誇る点です。

ウェルネストホームの気密性を表すC値は「0.2cm2/m2」、断熱性を表すUA値は「0.28W/m2・K」となります。この数値はまさしく国内トップクラス。気密性・断熱性に優れる一条工務店をも凌駕する数値となります。

ウェルネストホームでは「充填断熱+外張り断熱」のダブル断熱工法で、合計185mmの断熱層の厚みを確保し、また屋根断熱には一般的なグラスウールよりも高価で断熱性に優れたセルロースファイバー(300mm)を採用。また住宅においてもっとも熱損失の大きい窓には「トリプルガラス+オール樹脂サッシ」を標準採用するなど、住宅の気密性・断熱性に影響を与えるパーツにはとにかく気を使っています。

  • 超高耐久の木材「緑の柱」を採用

ウェルネストホームでは構造材に「緑の柱」という特殊な木材を標準採用している点も特徴です。「緑の柱」は特殊な薬剤が加圧注入されたシロアリ被害や腐食に対して非常に強い木材です。「緑の柱」は屋外で30年以上もシロアリ・腐れなどの被害を受けなかったという実験結果が出ている木材で、理論上では100年以上の耐久性があると言われている超高耐久木材です。

ウェルネストホームは地震や台風などの外力に強いだけでなく、腐食やシロアリ被害にも強い耐久性の高い住宅です。

  • 熱交換換気システム(熱交換率88%)

ウェルネストホームは気密性・断熱性の高い住宅を手掛けている点が大きな特徴です。気密性・断熱性の高い住宅と相性が良いのが「熱交換型の換気システム」です。

熱交換換気システムは換気の際に熱を交換して換気するシステムです。ウェルネストホームの熱交換換気システムについて、詳しくは後述しますが、ただ単純に室内の空気を換気するのではなく熱を交換しながら換気するため非常に空調効率が良く省エネに繋がります。

ウェルネストホームの熱交換換気システムは「熱交換率:最大88%」となります。他社ハウスメーカーの熱交換換気システムは「70~80%」程度の性能のものが多いため、88%の熱交換率はかなり優秀な性能と言えると思います。

  • 床材にヨーロピアンオーク材(無垢材)を使用

ウェルネストホームは標準仕様で床材に「ヨーロピアンオーク材(無垢材)」を採用している点も大きな特徴です。無垢材フローリングは木独特のぬくもりがあり、また経年による変化も楽しめる高級床材です。無垢材フローリングを採用するだけで内装の高級感・重厚感がガラリと変わるくらい部屋の印象を決定づけるインテリアと言えるでしょう。

無垢材フローリングは自然な木をそのまま使っているため、湿度による変形が大きい点が弱点ですが、ウェルネストホームのヨーロピアンオーク材は特殊な加工を施すことで無垢材の上質な質感を保ちながら、変形などが起こりにくい仕上げになっています。また低温床暖房を採用することも可能です。

ただし、無垢材フローリングは上質な内装を演出してくれる代わりに、定期的なワックス掛けなどのお手入れが必要です。

ウェルネストホームの基礎

次はウェルネストホームの基礎について解説していきます。基礎には基本的に「布基礎」と「べた基礎」の2種類がありますが、ウェルネストホームではべた基礎を採用しています。

※布基礎とは…鉄筋で補強された逆T字型の基礎で、帯状の連続的に一体化した構造を持ち、上部からの力や地盤の構造によって不同沈下を防いでいます。

※ベタ基礎とは…床全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。地面への設置面積が広い為、基礎全体で建物を支える事が出来ます。

結論からいってウェルネストホームは基礎にかなり力を入れているハウスメーカーです。特に基礎を長持ちさせるための様々な工夫を施している点が特徴です。

住宅の基礎は、コンクリート内部の鉄筋が錆びてしまうまでが寿命と言われていますが、ウェルネストホームでは基礎内部の鉄筋を錆びにくくするため、以下の5つのポイントを工夫しています。

  • コンクリートの密度を高める

ウェルネストホームでは、設計基準強度30N/mm2、水セメント比50%未満の長期耐久用のコンクリートを標準採用しています。これは通常の一戸建て住宅で使われる基礎コンクリートの1.66倍以上の許容圧縮強度となり、理論的には高層ビルの柱を造るレベルの基礎です。耐久性でいえば100年持つレベルです。

  • コンクリートの厚みを増す

一戸建て住宅の基礎の耐久性は、コンクリートの厚みも非常に大きく影響します。ウェルネストホームでは基礎立ち上がり幅「170mm」としてなっており、鉄筋のかぶり厚最薄部を標準+10mmとしています。一般的な住宅の基礎立ち上がり幅はおよそ「120mm」程度ですので、ウェルネストホームの基礎はかなり分厚いほうと言えるでしょう。

  • 正しく施工する

基礎はコンクリート内部の空気量が多ければ多いほど強度が低下します。ウェルネストホームでは、腕の良い基礎職人が基礎コンクリート内部の空気量でできるだけ少なくなるようバイブレータで入念に締固めを行っています。

  • 正しく養生する

コンクリートは中の水分が乾燥で失われてしまっても温度が低くても強度が低下するため、適切な湿潤状態を保つための「湿潤養生期間」と「湿潤養生方法」が基礎の耐久性を決定づける重要なポイントとなります。特に打設後の7日間が最も強度形成される速度が速いため、7日間の湿潤養生期間の管理方法が最重要。ウェルネストホームでは常に水を散水して基礎を水没させる「湛水養生」という基礎養生を行います。

ウェルネストホームの基礎工事の養生期間を長くかけるので、他社よりも工期が長くなりますが、その分頑丈で耐久性の高い基礎となります。

  • 基礎の表面をコーティングする

コンクリートのアルカリ成分は空気に触れることで少しずつ劣化しています。この劣化を防ぐにはコンクリート表面を特殊な素材でコーティングすることが有効です。ウェルネストホームでは、「浸透性無機質反応型改良剤」というコンクリート専用の特殊コーティング剤や液体ガラスなどでコンクリート表面をコーティングしています。これにより、コンクリートの状態を長期に保つことが可能です。

これらの技術はそれぞれが100年の長期使用に耐える基礎仕様であり、5つ全ての施策を行っているということで保険に保険を重ねた仕様と言えます。ウェルネストホームはかなり基礎にも力を入れているハウスメーカーと言えます。

ウェルネストホームの耐震性能

日本は近年でも大規模地震が頻発している地震大国です。日本でマイホームを建てる以上「耐震性能」は重視すべきでしょう。次はウェルネストホームの耐震性能をまとめていきます。

  • ウェルネストホームは「点と面で支える」構造

一戸建て住宅は「建物を点で支える構造」と「面で支える構造」の2種類があり、前者の代表格が「木造軸組み工法(在来工法)」で、後者の代表格は「ツーバイフォー工法」です。一般的には建物を面で支えるツーバイフォー工法の方が、地震エネルギーを建物全体に分散させることができるため地震に強いと言われています。

ウェルネストホームでは建物を点で支える「木造軸組み工法」を採用していますが、通常の木造軸組み工法ではなく柱の外側に「モイス」と呼ばれる構造用耐力面材を施工しており、ツーバイフォーのように建物にかかる負荷を全体的にバランスよく分散させることが可能です。

ウェルネストホームの構造は、言わば「木造軸組み+ツーバイフォー」のハイブリッド工法ですので、耐震性能は十分に安心できるレベルと言えるでしょう。

  • ウェルネストホームの注文住宅は全て耐震等級3(最高等級)

なお、ウェルネストホームの手掛ける注文住宅は標準仕様で全棟「耐震等級3(最高等級)」を取得しています。

※耐震等級とは住宅の耐震性能をわかりやすくランク付けした等級のことです。耐震等級のランクは1~3まであり、3が最高等級となりもっとも耐震性能が高いです。各等級の耐震性能は以下の通りです。

耐震等級1…建築基準法と同程度の建物
耐震等級2…等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる建物
耐震等級3…等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる建物

ウェルネストホームは木造軸組み工法にモイス(耐力面材)をプラスしたハイブリッド工法であり、地震や台風などで掛かる負荷を建物全体に分散しやすい構造になっており、また標準仕様で耐震等級3を取得しておりますので、地震に対しては強いと考えていいと思います。

ただしウェルネストホームの住宅は耐震性は十分に高いですが、制震システムや免震システムは特に手掛けてはいないようです。

ウェルネストホームは寒い?断熱材・断熱性能

次はウェルネストホームの注文住宅の気密性・断熱性について見ていきましょう。

ウェルネストホームは標準仕様で「充填断熱+外張り断熱」のダブル断熱工法を採用しています。

ウェルネストホームの断熱箇所断熱材(分厚さ)
外壁セルロースナノファイバー+ロックウール(合計185mm以上)
屋根セルロースナノファイバー(300mm以上)
床下調査中

ウェルネストホームの断熱材の分厚さは他社ハウスメーカーと比べても非常に分厚いです。外壁部分のトータル185mm以上という断熱層の厚みは一般的な住宅と比べると2倍以上の量で、屋根の断熱層の厚みも一般的な住宅の1.5倍以上の量となります。

またウェルネストホームでは地域によって若干断熱層の厚みが異なるようですが、いずれの地域でも総じて気密性・断熱性は非常に高いと言えます。

また、一般的な一戸建て住宅では「天井に断熱層を設ける」のが普通ですが、ウェルネストホームでは標準仕様で屋根に断熱層を設ける「屋根断熱」としている点に注目です。住宅を屋根で断熱することにより小屋裏(屋根裏)まで冬暖かく・夏涼しいという特徴があります。

小屋裏収納は夏にムンムンに熱気がこもるので、屋根断熱は嬉しいメリットと言えるでしょう。

  • セルロースナノファイバー

ウェルネストホームではメインの断熱材としてセルロースファイバーを採用している点が特徴的です。セルロースファイバーはパルプや新聞紙などを粉砕し繊維状に加工した木質繊維系断熱材となり、繊維質内部に無数の空気層をもち、この空気層が断熱効果を発揮します。セルロースファイバーは日本ではあまり採用実績がありませんが、アメリカではもっとも採用実績が多い断熱材です。

セルロースファイバーの熱伝導率自体はグラスウールやロックウールとほとんど変わらないレベルですが、セルロースファイバーは細かな断熱材を壁の中にスキマなく充填する施工方法のため、グラスウールなどと比べてスキマができにくい点がポイントです。

また天然の木質繊維でできた素材ですが、耐火性アップのためにホウ酸を配合しているため準不燃材料に合格しているほど耐火性は高いです。火を当てても、表面が黒く炭化するだけで燃え広がるということがありません。また防火性能を高めるために配合したホウ酸の効果でシロアリやゴキブリなどの害虫も防いでくれます。

また、セルロースファイバーの最大の特徴は「調湿効果」を持つことです。セルロースファイバーはパルプ繊維ののため、高い吸放湿性能をもち、室内の表面結露や内部結露を防いでくれます。

断熱性能自体はグラスウールやロックウールと大差ありませんが、ウェルネストホームでは「セルロースファイバー層+ロックウール層トータル185mm以上」とかなり分厚く施工してあるため、断熱性能は極めて高いと言えます。

ただしセルロースファイバーは優秀な断熱材ではありますが、日本ではそこまで普及していないこともあり価格はグラスウール・ロックウールに比べてやや高めです。

※セルロースファイバーについては以下のページにもまとめていますので、是非ご覧ください。

ウェルネストホームの窓断熱

住宅いおいて熱損失がもっとも大きい箇所は「窓」などの開口部です。一戸建て住宅では夏の冷房時には、およそ7割の熱が窓から流入し、冬の暖房時には室内の暖かい空気がおよそ5割も窓から流出してしまいます。

「一戸建て住宅の断熱性能の5~6割は窓で決まる」とも言われているほど、窓断熱は一戸建て住宅にとって重要です。

高い気密性・断熱性を誇るウェルネストホームは窓断熱にも最高レベルの装備となっています。

窓断熱の箇所窓断熱の装備
窓ガラスドイツ製Low-Eトリプルガラス(おそらくクリプトンガス封入)
窓サッシドイツ製オール樹脂サッシ

ウェルネストホームの窓断熱性能は他社ハウスメーカーと比べても非常に優秀です。他社ではオプション扱いになるレベルの窓ガラス・窓サッシが標準仕様で付いてきていると考えて良いでしょう。

ウェルネストホームでは、標準仕様で断熱の先進国ドイツ製の窓ガラス・窓サッシを付けています。Low-Eトリプルガラスで、中空層についてはHPには記載がありませんが、熱貫流率「U値0.78」となっておりますので、この数値からして乾燥空気やアルゴンガスよりも断熱性能の優れた「クリプトンガス」が封入されたものと思われます。

またウェルネストホームが採用するドイツ製窓サッシは断面図をみるとわかりますが、サッシ内部がいくつもの空気層が設けられていることがわかります。

ウェルネストホームの窓サッシ

日本製の樹脂サッシ以上に空気層が設けられているため、非常に高い断熱性能を有しているはずです。

ウェルネストホームの窓断熱は他社では「寒冷地仕様」のものが標準採用されていると考えていいでしょう。ハッキリ言ってめちゃくちゃ優秀です。

ウェルネストホームの気密性・断熱性の数値(C値・UA値)

次はウェルネストホームの気密性を表すC値、断熱性を表すUA値を見てみましょう。以下がウェルネストホームの標準仕様における気密性・断熱性の数値です。

気密性C値(cm2/m2)0.2
断熱性UA値(W/m2K)0.28

ハッキリ言ってウェルネストホームの気密性・断熱性の数値は国内ハウスメーカーでもトップクラスの優秀さと言えるでしょう。

参考に、大手ハウスメーカーの中でも特に気密性・断熱製が優秀な一条工務店の主力商品i-smartでも「C値:0.59」「UA値:0.25」です。

断熱性を表すUA値に関してはウェルネストホームよりも一条工務店の方がやや上ではありますが、ほぼ同等レベルと言えるでしょう。C値に関しては圧倒的にウェルネストホームが上回っています。ウェルネストホームの「C値:0.2前後」という数値は数あるハウスメーカーの中でもまず間違いなくトップクラスと言えると思います。

断熱・気密性能は超重要!必ずカタログスペックで比較しよう!

家を建てるなら断熱性能は超重要です!

というのもマイホームを建てた人の後悔ポイント1位が「室内の寒さ・暑さ」、2位が「光熱費が高いこと」だと言われているからです。コレ、どちらも高気密・高断熱の家なら解消できていた後悔ポイントです。

せっかく注文住宅を建てるなら「夏涼しく冬暖かい省エネ住宅」が良いのは当たり前ですよね。

マイホームの気密・断熱で失敗したくないなら、必ず「カタログの数値」で比較してください。

営業マンに「気密・断熱はどうですか?」と聞くだけじゃダメです。だいたい皆「うちは悪くない」というはずです。気密・断熱に自信のあるハウスメーカーなら“住宅カタログに必ず数値を載せる”ものです。カタログの数値に嘘はありません。

逆にカタログに数値が載っていなければ、その会社は「自信がない」と判断してOKです。これをやっておけば「気密・断熱での失敗」はまずありません。

気密・断熱性はハウスメーカー各社で力量差が非常に大きく表れるポイント。先輩方と同じ後悔をしないために気密・断熱の数値は必ずカタログで比較しておきましょう。

あなたの地域で「高気密・高断熱に特化したハウスメーカー」をチェックする!≫

LIFULL HOME'Sの無料おまとめ取り寄せはコチラ≫≫

ウェルネストホームの熱交換換気システム

ウェルネストホームの最大の特徴は国内最高レベルを誇る気密性・断熱性です。ですが、優秀な気密性・断熱性を誇る家でも換気の際に、冷気や熱気をそのまま室内にいれてしまっては空調効率が悪いです。そのため、ウェルネストホームでは「熱交換型の換気システム」を標準採用しています。

熱交換換気システムとは、換気の際に熱を回収してから室内に戻すシステムのこと。夏でも冬でも外気を室温に近づけてから給気するため、空調効率が圧倒的に良くなります。

ウェルネストホームが標準採用する熱交換換気システムは「熱交換率88%」を誇ります。これが例えば外気が0℃で室温が20℃だった場合、外気を取り入れる際に「17.6℃」まで暖めてから給気するということです。冷気がそのまま室内に入ってこないため、非常にエアコン効率がよく省エネです。

他社でも熱交換換気システムを採用しているハウスメーカーはありますが、熱交換率70~80%前後の製品が多く、特に性能が良いものでも「熱交換率90%」が最高レベルのため、ウェルネストホームの「熱交換率88%」はかなり優秀な方と言えるでしょう。

ウェルネストホームの外観・外壁・屋根

一戸建て住宅の外壁は建物の強度や耐久性・耐震性に深く関わる要素ですが、それと同時に家の見た目やデザイン性を左右する要素でもあります。せっかく注文住宅でマイホームを建てるなら家の見た目にもこだわりたいものです。と、言うことで次はウェルネストホームの注文住宅の外観や外壁についてまとめていきます。

ウェルネストホームの外壁

ウェルネストホームでは外壁は「モルタル外壁(塗り壁)」を標準仕様として採用しています。

モルタルは日本家屋では古くから用いられてきた外壁材です。モルタルは砂・セメントに水を混ぜた素材を左官職人が塗って施工するため「塗り壁」とも呼ばれています。現在の日本の一戸建て住宅では、コストが安く防火性能が高い窯業系サイディングがもっとも高いシェアとなっておりますが、サイディング台頭してくる前にもっとも高いシェアを有していたのがモルタル(塗り壁)です。

モルタルは職人が塗って施工するため、継ぎ目がなく美しい見た目が特徴で、塗り方にも種類が色々あり独特の風合いや重厚感を出す塗り方などもあります。職人の腕によって品質にバラつきがでる外壁とも言えますね。

モルタル(塗り壁)は、ひび割れ(クラック)や雨だれを起こしやすいというデメリットもありますが、ウェルネストホームのモルタル外壁は表面の塗装を3重で塗っているため、一般的な外壁に比べてひび割れや雨だれにも強く、また塗り替えメンテナンスのサイクルも長くなっているようです。ちなみにオプションになりますが、タイル外壁を採用することも可能です。

ウェルネストホームの屋根

次はウェルネストホームの屋根についてまとめていきます。

一戸建て住宅の屋根は日中は常に太陽光(紫外線)にさらされ、また常に外気にさらされています。屋根は住宅の中でもっとも過酷な環境にあるパーツと言えます。

住宅を長持ちさせるためには屋根にも優秀な素材を活用することが必要と言える「でしょう。ウェルネストホームでは耐久性が高い「ガルバリウム合金」に特殊な加工を施し3倍の耐久性を誇る屋根を際う用しています。また、屋根の断熱材には断熱性・調湿性・防音性に優れたセルロースファイバーを300mm以上も敷きつめています。

ガルバリウム屋根などの金属屋根は「夜中の雨音が気になる」という意見がありますが、ウェルネストホームは屋根に防音性に優れたセルロースファイバーを施工しているため、音も抑えられているはずです。

ウェルネストホーム ガルバリウム屋根

ウェルネストホームの外観

ウェルネストホームの外観実例写真をいくつかピックアップしていきます。外観に関しては文章で説明するよりも実際の建築実例を見た方がイメージしやすいでしょう。

ウェルネストホーム 外観実例①

ウェルネストホーム 外観実例①

ウェルネストホーム 外観実例②

ウェルネストホーム 外観実例②

外観にこだわるなら、まずは色々なハウスメーカーを比較しましょう!

せっかくの注文住宅ですから外観にもこだわりたいですよね。好みの外観デザインを探すならまとめてカタログ請求がオススメです。カタログ比較は注文住宅の登竜門!ライフルホームズなら、無料で複数社のカタログを一括で取り寄せできちゃいます。

外観デザインにこだわったハウスメーカーはコチラ≫

ウェルネストホームの内装と間取り

次はウェルネストホームの内装や間取りについてまとめていきます。

基本的にウェルネストホームは、完全自由設計の注文住宅ですので、間取りや内装は施主の好みで自由に決められます。その中でウェルネストホームが得意としている間取り・内装をピックアップします。

吹き抜けのある間取り

ウェルネストホーム 吹き抜け

ウェルネストホームは高い気密性・断熱性を誇ることから、窓などの開口部は小さめに制限される傾向がありますが、その分開放感のある吹き抜けのつくりを得意としています。

リビングを吹き抜けにすると、天井が格段に高くなり開放感が増し、また高い位置に窓を設ければ、小さい窓でも陽の光をリビングに取り込みやすいメリットがあります。また1階と2階でもコミュニケーションがとり易い間取りとも言えるでしょう。

ただ吹き抜きは空調効率が悪い点が大きなデメリットです。気密性・断熱性が低い家で吹き抜けの間取りにしてしまうと、夏暑くて冬寒い家になりがちです。その上エアコン代も高くつきます。

ウェルネストホームの家は、国内トップクラスの気密性・断熱性を誇るため、吹き抜けのある間取りにしても夏は涼しく冬は暖かいと評判です。むしろ吹き抜けによって空間がひとつなぎになるため、家全体の温度差を少なくする効果があるほどです。

ウェルネストホームの吹き抜けは気温のストレスはほとんど心配ないと言えると思います。ただし、吹き抜けは「音のストレス」を生む可能性もあります。吹き抜けは空間をひとつなぎにする間取りのため、必然的にリビングでの音がフロアを超えて居室にも聞こえてきやすいです。家族であっても音のストレスは感じるため、吹き抜けの間取りにする場合は、家族の生活スタイルなどから慎重に判断すべきと言えるでしょう。

無垢材の床材

ウェルネストホーム 無垢フローリング

またウェルネストホームと言えば「無垢材フローリング」が特徴の一つです。
無垢フローリングは適度に堅く、適度に柔らかいため歩きやすく質感・肌さわりも上質です。また独特の木の香りがするのも無垢材ファンにはたまらないですよね。無垢材は年月を経ると、ただ古くなるのではなく独特の経年変化を楽しめる点もポイントです。

無垢材フローリングは湿度による変形が弱点ですが、ウェルネストホームでは特殊な加工を施した「ヨーロピアンオーク材」を使っており、上質な質感を保ちながらも反りや収縮が起こりにくくなっています。

無垢フローリングを使っているだけで、高級感・重厚感のある内装になるため、ウェルネストホームは内装も上質と言えると思います。

ただし無垢フローリングは定期的なワックス掛けなどのお手入れの手間は若干かかります。

ウェルネストホームの平屋

次はウェルネストホームの平屋についてまとめていきます。

平屋は「ワンフロア(1階)のみ」で構成された住宅のことです。ワンフロアのみですので、必然的に上下の移動がなく、ラクな生活動線を実現しやすい住まいです。また、平屋は重心が低く、建物の総重量も軽いため、2階建て・3階建ての建物に比べて、相対的に地震いの際の負荷も軽減されます。構造もシンプルですので、制限が少なく天井の高いリビングや大開口の窓なども実現しやすいです。

「平屋」は非常にメリットが大きいですが、反面、狭い敷地にはあまりマッチしません。平屋は2階部分をまるまる無くしてしまうということですので、建物の総面積は必然的に狭くなってしまいます。

敷地面積に余裕があるならば平屋はオススメの選択肢と言えますが、都市部など広い敷地面積を確保しにくい場合は慎重な判断が必要でしょう。

ウェルネストホーム 平屋の実例

ウェルネストホームでも平屋は建てることが可能で、むしろ得意としているようです。ウェルネストホームは香川県高松市でスタートしたハウスメーカーであり、都市部ではないため広い敷地面積を確保しやすい立地条件の施主が多かったためでしょう。

ウェルネストホームの平屋造りの注文住宅実例をいくつかみてみましょう。

ウェルネストホームの平屋実例①

ウェルネストホームの平屋実例①

ウェルネストホームの平屋実例②

ウェルネストホームの平屋実例②

ウェルネストホームの坪単価 一覧

いくら住宅性能の優秀な家を建てるハウスメーカーでも肝心の予算が合わなければ候補に選ぶことはできませんよね。注文住宅でマイホームを建てるなら「予算計画」は非常に重要です。

次にウェルネストホームの坪単価をまとめていきます。ウェルネストホームの標準仕様の坪単価はおおよそ以下の通りです。

ウェルネストホームの注文住宅坪単価
標準仕様80~85万円前後

ウェルネストホームで注文住宅を建てると、標準仕様で「坪単価80~85万円」前後かかると考えておきましょう。ただし、ウェルネストホームは標準仕様でも極めて高い住宅性能を有しておりますので、住宅性能のアップグレードオプションはほとんど付ける必要はないと思います。

予算からハウスメーカーを比較しましょう!

注文住宅でマイホームを建てるなら、必ず「予算に合うハウスメーカー」を複数社みつくろって比較・相見積もりしてください。

注文住宅は基本的にオーダーメイドの一点モノ。ほとんど「定価」という概念がありません。つまり自分の条件であいみつをとらなければ「自分の条件のマイホームの適正価格」があいまいのまま。

適正価格があいまいのまま、なんとなくフィーリングで決めてしまうことだけは絶対にやめましょう。

注文住宅は似たような見た目や性能でもハウスメーカーが違えば「300万円~1000万円単位で価格差がある」のが当たり前の世界です。後から「向こうのほうが安かったのに…」と後悔しないためにも必ず複数社のカタログを比較・相見積もりを取るようにしてください。

あなたの地域で予算に合うハウスメーカーを一括比較!

ウェルネストホームの注文住宅は高い?安い?価格設定は?

ウェルネストホームの注文住宅は標準仕様で「坪単価80~85万円」前後となります。これは一般的なハウスメーカーの価格水準と比べるとハッキリ言って「高め」の価格帯と言えます。普通に大手ハウスメーカーと比べても同じくらいか、それ以上の価格水準です。

しかし、それはあくまでも「初期費用の価格だけ比べたら」の話です。

ウェルネストホームは極めて高い住宅性能をもち、また「100年住める」だけの超高耐久住宅をつくっています。これだけの住宅性能をもち、また「100年住める」という超高耐久な住宅が「坪単価85万円」で建てられるのならば、「むしろ安い」という評価もあります。

また、ウェルネストホームの家は超高耐久であるほか、メンテナンスコストも少なく済むように設計されています。

一般的な一戸建て住宅では、外壁や屋根の塗装メンテナンスなどをひっくるめて「およそ10年に150~200万円」のメンテナンスコストがかかると言われていますが、ウェルネストホームの外壁・屋根などのメンテナンスコストは「30年に60~80万円前後」と謳っています。この数字は少々大げさかもしれませんが、ウェルネストホームの家が一般的な一戸建てに比べてメンテナンスコストを大きく抑えられることは事実でしょう。また、気密性・断熱性の優れた家はエアコン代など光熱費のランニングコストも抑えられます。

例えば、大手ハウスメーカーでウェルネストホームと同等の住宅性能をもつ家を建てるとすれば、オプションをいくつも付ける必要があり「坪単価100万円」を超えると思います。また、そもそも「同程度の性能は難しい」と断られてしまうケースもあるでしょう。

ウェルネストホームは単純に坪単価だけを比べれば「高い」ですが、住宅性能や100年長持ちする耐久性を考えればコストパフォーマンスは悪くないと思います。

ウェルネストホームの注文住宅は値引き出来る?

次はウェルネストホームの注文住宅は「値引きしてもらえるのか?」という点についてまとめていきます。

マイホームは数千万円単位の買い物ですし、1%でも2%でも値引きしてもらえるならかなり大きな金額になりますので、もし値引きして貰えるのならそれに越したことはありません。

ただし、ウェルネストホームは「値引きには消極的なハウスメーカー」のようです。ウェルネストホームは2012年よりスタートしたまだまだ新しいハウスメーカーで、会社規模もまだそこまで大きくありませんので、施工の依頼をしても「待ち」の状態になることも多く、そのため値引きしてまで仕事を受けないのかもしれません。

いずれにしてもウェルネストホームで家を建てるなら値引きにはほとんど期待できないと考えておいた方が良さそうです。

ただし、ウェルネストホームが値引きに消極的であっても「複数社で相見積もりを取る」ことだけはしておきましょう。複数社で相見積もりを取ることで、他にも魅力的なプランが見えてくることもありますし、ハウスメーカーの良し悪しも多少の判別ができるようになります。注文住宅でマイホームを建てるなら、複数社で相見積もりを取ることがマイナスになることはほぼありませんので、必ずしておきましょう。

ハウスメーカーで相見積もりを取る前に…

まずは希望の予算・エリアに対応しているハウスメーカーを何社か見つけることから始めましょう。せっかく相見積もりをするなら性能スペックやデザインが希望条件にある程度あてはまらないとあまり意味がありません。

そこで最初のふるい落としに役立つのが「住宅カタログ」です。何冊かカタログに目を通すだけで各ハウスメーカーの特徴・強みがだいたいわかってきます。何社かお気に入りをみつくろったら「あいみつ」を取ってみてください。

似たようなスペックでも「ハウスメーカーごとにこんなに価格が違うの?!」と驚くと思います。価格差を知らずになんとなく決めてしまってたら…ゾッとしますね。すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかでマイホーム計画の失敗率は格段に下がります。「カタログ比較」は注文住宅の登竜門。まずはライフルホームズから始めましょう!

希望条件に合うハウスメーカーから一括カタログGET(無料)≫

  • その他のハウスメーカー 値引きの裏ワザ

当サイトでは他にも注文住宅の値引きの裏ワザを紹介しています。本格的にハウスメーカーと値引き交渉する前に、以下の特集ページをチェックしておきましょう。

ウェルネストホームでもしも欠陥があった場合の保証とアフターサービス

マイホームは建ててゴールではありません。むしろ家を建てて住んでからがスタートです。数千万円の買い物ですし、住んでから「欠陥住宅だった…」なんてシャレになりませんよね。そういうことにならないためにもハウスメーカーの保証やアフターサービスは重要な指標です。

それに欠陥住宅でなくとも、家というものは長く住めばどこかしらに必ずメンテナンスが必要になります。メンテナンスが必要な箇所を放置しておくと、大規模な改修工事が必要になるケースもありますので、マイホームは定期的に点検して補修が必要な箇所を洗い出す必要があります。だから保証やアフターサービスも大切なのです。

ウェルネストホームの保証・アフターサービスはどうなっているか見ていきましょう。

ウェルネストホームの保証

ウェルネストホームでは「外壁・屋根・構造体」に関しては「20年or30年」の初期保証を付けているようです。20年と30年では大きく違いますが、おそらく家の細かな仕様や敷地条件などのケースで異なるのでしょう。初期保証期間が20年なのか、30年なのかと言う点は予めヒアリングしておくべきです。

ウェルネストホームは決して会社規模の大きいハウスメーカーではありません。小規模なハウスメーカー、工務店では国が法律で定めている住宅の瑕疵担保責任期間「10年間」を初期保証の範囲としているケースが多いため、そういうところと比べると長い保証期間を定めていると言えます。やはり自社で施工する家の耐久性に絶大な自信を持っているということでしょう。

ウェルネストホームのアフターサービス

ウェルネストホームは引き渡し後「1カ月・2カ月・3カ月・6ヶ月・1年・2年・5年・以降は5年ごと」に点検を行ってくれます。

一般的なハウスメーカーに比べて、引き渡しから3カ月以内に3度も無料できてくれるのは特徴的ですが、これはウェルネストホームが高気密・高断熱の家で、普通の家とは使い方が多少異なる部分があるからです。始めに何度も来てくれて点検を兼ねて詳しく使い方などを説明してくれます。

また構造体の点検は10年に一度、床下に入り込みシロアリの被害がないかチェックもしてくれます。ただし、防蟻処理を行う場合は有料です。ウェルネストホームのアフターサービスもなかなか充実していると言えそうです。

ウェルネストホームで注文住宅を建てるメリットとデメリット

この辺でいったんウェルネストホームのメリット(長所)とデメリットを整理しておきましょう。ウェルネストホームに限らずどんなハウスメーカーでもメリットとデメリットが混在します。注文住宅でマイホームを建てる時は、候補のハウスメーカーのメリット・デメリットを両方把握して自分に合う会社を選ぶことが大切です。

ウェルネストホームのメリット・デメリットは以下の通りです。ハウスメーカーを選ぶ基準の一つとしてお役立てください。

ウェルネストホームのメリット

国内ハウスメーカーでトップクラスの気密性・断熱性
ウェルネストホームは気密性「C値:0.2cm2/m2、断熱性「UA値0.28W/m2・K」と国内トップクラスの気密性・断熱性を誇る注文住宅を手掛けている点が最大のメリット(長所)です。気密性・断熱性を高めるために、分厚く断熱層を外張り断熱・充填断熱と2層に分けて敷きつめ、また窓断熱装備も寒冷地仕様のものを標準採用しています。

その他の住宅性能も標準で長期優良住宅に対応できるレベル
ウェルネストホームでは住宅性能のなかでも特に気密性・断熱性がズバ抜けていますが、その他の住宅性能も優秀です。標準仕様で長期優良住宅に対応できるだけのレベルはクリアしています。ただし、ウェルネストホームでは長期優良住宅認定の取得は特にオススメしているわけではなく、施主が希望する場合に限り取得するようです。

超高耐久の木材を構造材に使用
ウェルネストホームは「100年もつ超高耐久の家」であることもウリの一つ。長持ちする住宅は「構造躯体」が重要です。ウェルネストホームでは住宅の構造材に「緑の柱」を採用。これは特殊な薬液を注入し、シロアリ被害が腐食に非常に強い木材で、理論上100年以上の耐久性があると言われています。

外壁・屋根・内装などのメンテナンスコストが抑えられる
ウェルネストホームは住んでからのランニングコストを抑えられる住宅である点もメリットの一つ。ウェルネストホームでは外壁に3重の塗装でコーティングし、クラックや雨だれを防いでいる他、屋根にも耐久性の高いガルバリウム屋根を採用。また内装にも、汚れても表面を削れば新品に戻る無垢材フローリングを採用するなど、済んでからのメンテナンスコストを抑えられる工夫が施してあります。

熱交換換気システムを採用
ウェルネストホームは気密性・断熱性の高い住宅と相性が良い「熱交換型の換気システム」を採用しています。ウェルネストホームの熱交換換気システムは「熱交換率:最大88%」と優秀です。ウェルネストホームの家はただでさえ省エネ性が高いですが、熱交換換気システムにより、さらに空調効率がアップしています。

ウェルネストホームのデメリット

対応していないエリアがけっこうある
ウェルネストホームの最大の弱点は、事業規模がまだ小さく対応しているエリアが限定される点でしょう。
ウェルネストホームでは拠点が宮城県(仙台)・秋田・東京・名古屋・大阪・香川県(高松)・福岡県にあり、この周辺であれば建築可能ですが、まだまだ建築できないところも多いです。

ウェルネストホームで建てたくてもエリアが対応していないというケースがあるのはデメリットと言えるでしょう。

ただしウェルネストホームでは全国33社の工務店が集まり「低燃費住宅普及の会」を造っており、ここに所属する工務店で、ウェルネストホームの設計する低燃費住宅を建てることが可能なようです。

低燃費住宅普及の会に所属する工務店は「沖縄・長崎・島根・鳥取・愛媛・奈良・滋賀・長野・静岡・千葉・茨城・埼玉・神奈川・青森(弘前)・函館」にあるようです。実際に希望のエリアで建てられるかどうかは確認が必要です。

価格が高い
ウェルネストホームは標準仕様で「坪単価80~85万円」前後。ハッキリ言って価格帯は高めです。もちろん住宅性能も極めて高く、超高寿命な住宅でメンテナンスコストを抑えられるように工夫してあるため、長期スパンでみればコストパフォーマンスは良いのですが、そうは言っても初期投資が高ければ建てられないという方も多いはずです。単純に坪単価が高めな点もデメリットの一つとして挙げておくべきでしょう。

会社の歴史が浅い
ウェルネストホームは2012年にスタートしたばかりの非常に新しい会社です。歴史の浅いハウスメーカーに一生モノのマイホーム建築を依頼するのはなんとなく不安という声もあると思います。また、新しい会社で事業規模もまだ小さいため、万が一会社自体が無くなってしまえば保証やアフターメンテナンスなどもなくなってしまうリスクがあります。

大手ハウスメーカーと比較すると、会社の歴史が浅い点はどうしても弱点と言えると思います。

打ち合わせの時間をお客の都合に合わせにくい
前述の通りウェルネストホームはまだ新しい会社で事業エリアも狭くスタッフ数も多くありません。にもかかわらず施工依頼などの問い合わせが連日多数きているとのこと。これはウェルネストホームの創業者の方がYOUTUBEで発言されてました。

まぁ簡単な話、相当忙しいらしいです。なので、打ち合わせの時間などをお客さんの都合に合わせにくいのがデメリットとのこと。ただそれだけ依頼が殺到しているなら、今後はスタッフ数や対応エリアなども拡充されていくのではないでしょうか。今後に期待したいところです。

気密性・断熱性を優先しているため開口部が小さい造り
これは高気密・高断熱の家を手掛けるハウスメーカーに共通する点ですが、やはり窓などの開口部に制限がかかる可能性が高いようです。大開口の窓を実現したい方は事前にしっかりと確認すべきでしょう。

ウェルネストホームで注文住宅を建てて後悔しないために口コミ・評判をチェックしよう

マイホームは人生で一番高額な買い物です。絶対に失敗しないために、候補のハウスメーカーの口コミ・評判はしっかりとチェックしておきましょう。以下にウェルネストホームの口コミ・評判をまとめます。

ウェルネストホームの口コミ

住宅性能が優秀
ウェルネストホームは住宅性能がめちゃくちゃ優秀。特にUA値0.28、C値0.2は凄い。ここを超える数値は見たことがない。ただし価格が高い。これでローコスト並みの価格なら天下取れてるハウスメーカー。

住んだ後のコストサイクルも
代表者の早田さんのYOUTUBEをよく見ていますが、すごくわかりやすいし施主が住んだ後のコストサイクルまで考えていることがわかりました。初期費用は決して安くはないですが、住宅性能を求めてマイホームを建てたいなら候補として考えるべき工務店さんです。

対応エリアが少ない
ウェルネストホームで家建てたいけど、うちの地域じゃ対応してもらえないみたい。

設計自由度は高くない
ウェルネストホームは確かに住宅性能はバツグンに良いが、一条なんかと同じで家のかたち、窓の位置などはあらかた決まってしまう。フレキシブルな設計は難しいとのこと。ただ、デザインや設計に特段こだわりがないなら十分だと思う。

会社の歴史が浅い
ホームページとかブログ?みたいなの見ても家の性能にはかなりこだわっているハウスメーカーだと思いますが、歴史が浅いのだけは少し不安です。ウェルネストホームで家を建てて30年経ったところはまだないということですから。しっかりしていそうな会社ですが20年後、30年後にウェルネストホームが存続しているか?その点だけが気がかりです。

トータルコスパは悪くない
坪単価が高いとよく言われてますが、大手ハウスメーカーで家を建てれば確実にウェルネストホームよりも高額で低性能な家になりますよ。大手ハウスメーカーで同等以上の性能を求めると坪100万は超えてきます。コスパで考えればここは安いです。

ウェルネストホームの評判

ウェルネストホームの口コミをまとめると、こんな内容の評判が目立つようです。

  • 住宅性能が良い
  • 気密性・断熱性が良い
  • 坪単価が高い
  • 設計自由度は低い
  • 歴史が浅い点は不安

ウェルネストホームも他のハウスメーカー同様、ネガティブな内容の口コミが散見されますが、どちらかと言うとポジティブな意見の方が目立ちます。ウェルネストホームの口コミでは住宅性能が極めて高い点は評価されている一方、「坪単価が高い」点はよく指摘されている印象です。また、対応エリアが限定される点や歴史が浅い点もデメリットとしてよく挙げられています。

ウェルネストホームの注文住宅 評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

このページではウェルネストホームの注文住宅についての評判・口コミ・坪単価・価格別実例などをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。

より皆様に役立つコンテンツにしていくためには、皆様の口コミ・評判の書き込みが必要不可欠です。ウェルネストホームで実際に注文住宅を購入された方は、良かった点・悪かった点・メリット・デメリットなどどんなことでもかまいませんのでご感想を寄せて頂けると嬉しい限りです。

注文住宅で失敗しないために必ず「比較」しましょう!

注文住宅のハウスメーカー選びで失敗しないために、最後にアドバイスをさせて頂きます。

住宅に限った話ではありませんが、高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?マイホーム購入は特に比較検討が大事です。

見た目は同じような家でも品質・性能・価格は大きく異なります!ハウスメーカーごとにどんな特色があって、どんな価格設定なのか。注文住宅の知識を身につけておけば必ず判断材料になりますし、また複数社を比較検討することで最終的な値引き交渉の際も有利になります。

注文住宅を検討しているならまずは無料でカタログを見てみましょう!注文住宅のハウスメーカー選びはここから始まります!

無料カタログをまとめて請求するなら「ライフルホームズ」が断トツオススメです。東証一部上場企業が運営する大手不動産サイトですので、あやしいハウスメーカー・工務店が紛れ込まないよう厳しく審査を行っています。住宅は高額な買い物なので安心して使えるサイトかどうかは重要なポイントです。

またLIFULL HOME’Sは国内TOPクラスの不動産サイトだけあって、全国規模で1200件以上(2019年6月時点)のハウスメーカー・工務店を網羅しています。知名度は低いけれど良い家を建てる質実剛健な工務店さんは全国各地にたくさんあります。LIFULL HOME’Sならそのような未知の優良工務店と巡りあえるかもしれません。

LIFULL HOME’Sではエリア検索・予算検索・テーマ検索とさまざまな検索方法で自分にあったハウスメーカー・工務店を検索できるため、そもそもエリア対応していない工務店や予算が合わないハウスメーカーを除外して検討できるのでムダな時間を省けます。

ただでさえマイホーム購入は疲れてしまうもの。省ける時間は省いて賢くハウスメーカーを選びましょう!

LIFULL HOME’Sで希望条件に合うハウスメーカーカタログを貰ってみよう(無料)

ウェルネストホームの口コミを募集しています

当サイトでもウェルネストホームの注文住宅についての口コミを大募集しています。ウェルネストホームで注文住宅を建てた方は当サイトにも是非、ご協力頂けましたら幸いです。

皆様から、このハウスメーカーへの口コミ

    • 匿名
    • 2020年 3月 25日

    このサイトでウェルネストホームという会社を知りました。気になるけど初期費用は確かに少し高めですねぇ。性能は良さそうですけど。

    • かなこ
    • 2020年 3月 27日

    残念ながらうちの地域ではウェルネストホームは建てられません。早く全国対応してほしいハウスメーカーさんです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このハウスメーカーへの口コミを投稿する

このハウスメーカーと似た記事

  1. ヘーベルハウス アイキャッチ

    ヘーベルハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

  2. 細田工務店

    細田工務店の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

  3. 飯田産業の家

    飯田産業の家について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

  4. 一条工務店?

    一条工務店の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

  5. ユニバーサルホーム ドマーチェ

    ユニバーサルホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 …

  6. フィアスホーム 外観

    フィアスホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まと…

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはコチラまで
info@reform-meister.jp

カテゴリー

ハウスメーカーの詳細記事

  1. ハウスメーカー

    フィアスホーム 外観
  2. ハウスメーカー

    ヤマト住建 外観
  3. ハウスメーカー

    GLホーム 外観
  4. ハウスメーカー

    エースホーム キスキススイッチ
  5. ハウスメーカー

    ウェルネストホーム

最新のハウスメーカー口コミ

PAGE TOP