ハウスメーカー

ヤマダホームズ プレミアム フェリディア

ヤマダホームズの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

当ページではヤマダホームズの注文住宅について、評判や口コミ、坪単価、構造や特徴、価格別の実例などを詳しくまとめています。

ヤマダホームズは家電量販店最大手のヤマダ電機が親会社となるハウスメーカーです。元々は「エス・バイ・エル」の社名で自由設計の高級注文住宅を手掛けていましたが、ヤマダ電機が買収した事で2013年に「ヤマダ・エスバイエルホーム」、2018年で称号を「ヤマダホームズ」に変更した経緯があります。

木造パネル一体構法を採用しており、工場で生産される「ストレストスキンパネル」と木質パネルを組み合わせるプレハブ工法を主力商品で展開しています。

また家電量販店ヤマダ電機が親会社という事を活かした広告展開や、ZEH住宅「スマートハウス」に注力しているハウスメーカーとして近年、注目度を高めています。

このページをご覧の方はヤマダホームズの注文住宅を検討している方だと思いますが、マイホームの購入は一生で一度の高額な買い物となります。絶対に失敗したくないとお考えの方も多い筈。

当サイトではヤマダホームズの評判・口コミ・坪単価・価格別実例などの項目をチェックして行こうと思います。

少し長くなりますが、要点だけをまとめましたのでお付き合い下さい。尚、下の目次から気になる項目まで飛ぶ事が出来ますのでご活用頂ければ幸いです。

画像参照元URL:https://yamadahomes.jp/index.html

Contents

ヤマダホームズの構造と特徴

ヤマダホームズの注文住宅は、工場で生産される「ストレススキンパネル」という木質パネルを組み合わせたプレハブ工法を採用しています。

プレハブ工法とは…建築物の一部または全ての部材をあらかじめ工場で製作し、建築現場で建物として組み立てる建築工法。

通常規模の住宅の場合は2~3日程度で屋根まで完成する事が出来るので、天候による工程遅れの可能性が少なくなります。

工場生産された木質接着パネルを組み立てた六面体の「箱」を作る「木造軸組パネル工法」は、外周の柱の周りに耐力面材を貼る事で高い耐久性と耐震性を齎します。

木質パネルは角材を組み立てた枠の片面に構造用合板を接着した片面パネルを使用したり、一階と二階部分を共通にした長尺パネル(通しパネル)を使用した構造を採用する場合もあります。この片面パネルを採用すると、湿気に弱い断熱材の充填作業が、屋根を葺いた後に施工出来るメリットもあります。

またヤマダホームズでは、ツーバイシックス工法を採用したハイクラス商品も手掛けていますので、予算に合わせて構造や特徴のある住まいを選ぶ事が出来ます。

ヤマダホームズの構造別 商品ラインアップ

ヤマダホームズでは「ハイクラス」「プレミアム」「ベーシック」と予算に合わせた商品ラインナップを揃えています。価格が高い順に「ハイクラス」>「プレミアム」>「ベーシック」となります。

ヤマダホームズのハイクラスシリーズ

ヤマダホームズ 小堀の住まい

ヤマダホームズ 小堀の住まい

フェリディア2×6
ツーバイシックス工法を採用したフェリディアの高耐久性商品
S×L(エスバイエル)シグマ
エスバイエル時代から培った自由設計のS×L構法の注文住宅
小堀の住まい
企業建築家がデザインする快適性と美意識を追求した注文住宅

ヤマダホームズのプレミアムシリーズ

ヤマダホームズ フェリディア

ヤマダホームズ フェリディア

フェリディア
檜の柱と土台+吹き付け断熱が特長のヤマダホームズ主力商品
フェリディア-エルスーパーフル装備住宅
ヤマダ電機だから出来る設備家電フル装備住宅
フェリディア平屋
フェリディアシリーズの平屋建て住宅
フェリディア3rd
フェリディアシリーズの3階建て住宅

ヤマダホームズのベーシックシリーズ

ヤマダホームズ ウッドセレクション

ヤマダホームズ ウッドセレクション

フェリディア-エル
主力商品フェリディアシリーズのシンプル版。コスパ重視の標準仕様。
ウッドセレクション
間取りを用意された54プランから選ぶ規格型住宅。コミコミ価格の明瞭会計規格型住宅

ヤマダホームズの主力商品は「フェリディア」シリーズです。
檜の柱と土台に「木造軸組パネル工法」を採用し、吹付断熱で高い断熱性能を実現した注文住宅です。長期優良住宅が求める4つの性能基準において全ての項目で最高等級を確保している「高性能」な住まいとして人気です。

またローコスト住宅並みの坪単価を実現しているのが「ベーシック」クラスで、間取りや設備に制限はありますが高性能な住まいを低価格で提供している点も見逃せないですね。

予算に合わせてグレードを選ぶ事が出来ますので、ヤマダホームズの注文住宅は顧客層の幅が広い販売戦略を行っていると感じます。

ハウスメーカー選びで失敗しないために

誰もが「マイホームで失敗したくない」と思っているはずなのに失敗例は後を絶ちません。

それはズバリ「比較検討が足りない」からです!

マイホームに限らず高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?同じような見た目の家でも品質・性能・価格は大きく異なります!複数社を比較検討することでハウスメーカーの特徴をしっかり知る事ができ、更に最終的な価格交渉の際も有利になります。

失敗しないために、必ずハウスメーカーの無料カタログで「比較」して下さい!

注文住宅のはじめの一歩!まずはココから無料カタログを比較しよう!

ヤマダホームズの小堀の住まい

ヤマダホームズの主力商品は「フェリディア」シリーズですが、ハイクラス商品の中に「小堀の住まい」という豪華な邸宅仕様の商品があります。兵庫県など高級住宅地での着工数が伸びていますので、注目しておきたいですね。

ヤマダホームズの「小堀の住まい」は「オンリーワンの住まいを」をキャッチコピーに、1951年の「小堀住研」発足時から研究を重ねた邸宅となります。60余年にわたり住まいの造形美・個性美・機能美に徹底的に拘ったデザインは高級住宅街を凌駕する美しい佇まいが多く、きっと目を奪われる方も多いのではないでしょうか。

ヤマダホームズ 小堀の住まい 実例1

ヤマダホームズ 小堀の住まい 実例1

ヤマダホームズ 小堀の住まい 実例2

ヤマダホームズ 小堀の住まい 実例2

ヤマダホームズ 小堀の住まい 実例3

ヤマダホームズ 小堀の住まい 実例3

この美しいデザインを手掛けるのは企業建築家。一邸一邸が他にはないオンリーワンデザインとなっている為、オーダーメイド感覚でマイホームを建てる事が出来ます。

ヤマダホームズのツーバイシックス

ハイクラス商品の中には、更に耐久性を高めたツーバイシックス工法を取り入れた「フェリディア」の上位モデルも存在します。

ヤマダホームズの「フェリディア2×6」が採用するのは、航空機やレーシングカーなどで採用されるモノコック構造で、2×4材と比較して約1.6倍の資材を採用する事で更に強固な住まいを提供しています。他にも面材と枠組材を一体化する「ダイヤフラム」、優れた耐火性を発揮する「ファイヤーストップ構造」なども採用された屈強な住まいを提供しています。

ヤマダホームズ 2×6工法

ヤマダホームズ 2×6工法

ヤマダホームズではこのような高級感のある商品だけではなく、価格帯グレードによって様々な商品を販売しています。ここからは、仕様に違いはあれども全ての価格帯で販売している、ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」シリーズを中心に詳しくまとめたいと思います。

ヤマダホームズの特徴

ヤマダホームズの木造住宅は「檜(ヒノキ)」に拘っています。檜の構造用集成材は強度のばらつきが少なく、 高強度で耐火性や耐久性、断熱性の高い材料として優れた特性を持っています。檜(ヒノキ)構造材は家づくりで一番重要な、柱と土台部分に使用しています。それ以外の箇所には乾燥材を使用し、乾燥収縮を抑えて寸法を安定させています。

ヤマダホームズに関しては、親会社がヤマダ電機なので「家電量販店が家づくりをするのは不安…」と感じる方も多いかもしれません。ですが、ヤマダホームズは元々「エスバイエル」という注文住宅を手掛けている老舗ハウスメーカーの技術やノウハウを引き継いだハウスメーカーです。高い耐久性や耐震性を備えた住まいを提供出来ているので、その点は安心出来ると思います。

逆に親会社がヤマダ電機だからこそ提供出来るサービス・商品も展開しています。

ヤマダホームズのスーパーフル装備

ヤマダホームズ スーパーフル装備

ヤマダホームズ スーパーフル装備

親会社が家電量販店のヤマダ電機である事を最大限活かした商品が「スーパーフル装備」。 新しく家を建てれば家具や家電も一新したくなるのが心情ですが、全居室エアコンや全居室カーテン、家電家具やソファだけではなくシステムキッチンやシステムバスなど住宅設備まで全てコミコミ価格で提供しています。

注文住宅を建てた場合、建物本体価格の他にどれだけの費用が掛かるのか気になりますよね。やってしまいがちなのが、新しく家具や家電を新調する分を計算していない事。家具や家電を全て新調するとなれば100万円以上の費用が掛かってしまいますし、予算上限内にキッチリと抑える事が出来る「スーパーフル装備」はメリットも大きそうです。

どの商品を選んだとしても「スーパーフル装備パック」をオプションで加える事が出来ますので、検討に加えたいところですね。

【動画】ヤマダホームズ公式 スーパーフル装備住宅


ヤマダホームズの基礎

基礎は主に「布基礎」「ベタ基礎」がありますので、注文住宅を建てる際の基礎知識として覚えておきましょう。

布基礎とは…鉄筋で補強された逆T字型の基礎で、帯状の連続的に一体化した構造を持ち、上部からの力や地盤の構造によって不同沈下を防いでいます。

ベタ基礎とは…床全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。地面への設置面積が広い為、基礎全体で建物を支える事が出来ます。

ヤマダホームズでは「ベタ基礎」を採用しています。ベタ基礎は家の荷重を底板全体で受け止める為、安定性に優れるとされています。木造住宅にはベタ基礎が適しているとされていますので、その点は安心ですね。

尚、強固な基礎構造による為に、鉄筋の配筋にも拘っていて、基礎の立ち上がり部分の主筋には直径13mmの異形鉄筋を採用し、耐圧盤は200mm間隔で直径13mmの鉄筋を格子状に配筋しています。

それに加え、シロアリや腐朽菌に侵されにくい高強度の鋼製束を採用して基礎の強化を図っています。鋼製束1本辺りの耐荷重は2トン以上あるそうです。

ヤマダホームズ 基礎

ヤマダホームズ 基礎

また、ヤマダホームズでは「住宅基礎保護システム」を採用していて、既調合弾性ポリマーセメントモルタルに着色剤を配合した弾性カラーモルタルを基礎表面部分に採用しています。これは基礎表面の微細なクラックの発生を軽減する効果があり、耐久性の向上と見た目の美しさを保つ事出来ます。

ヤマダホームズの耐震性能

ヤマダホームズでは、建築基準法レベルの1.5倍の地震力でも倒壊・崩壊しない「耐震等級3」を確保しています。これは最高等級となりますので、耐震性能に関しては問題なさそうですね。

ヤマダホームズの耐震工法

ヤマダホームズが耐震性能を上げる為に取り入れた技術が「ティンバーメタル工法」です。これは従来の木造在来工法では弱点とされる柱と土台、梁と柱などの接合部分に構造金物(木造軸組メタル在来工法)を使用し、強度を高めています。この工法に加えて外周へ耐力面材を張る事で更に高い耐久性、耐震性を実現しました。

木造建築で高い耐震性を実現する為に重要なのは、金具を施工する際に柱や梁の断面欠損を減らす事です。従来の木造軸組工法では彫り込みが行われていましたが、ヤマダホームズではティンバーメタル工法を使用する事でその弱点を克服しています。また、金具が柱や梁の内側に収まり表面に出ないため見た目にも綺麗というメリットがあります。

外周部分は耐力面材(木造軸組パネル工法)を採用する事で、住宅の強度を飛躍的に工場させています。一般的な木造在来工法に比べて、面で地震の力を分散して受け止める為に高い耐久力を実現します。

加えて「繰り返しの地震」に備えて、ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では「制震ダンパー」を標準仕様。制震ダンパーはオプションに設定するハウスメーカーが多い中で、標準仕様とする辺りは、耐震性を重視しているハウスメーカーであるという事が判ると思います。

ヤマダホームズが採用する「制震ダンパー」は地震エネルギーを揺れに応じて吸収し、そのエネルギーを熱に変えて放出する特殊粘弾性ゴムを搭載しています。このゴムは時間経過や温度による性能の変化が少ない為、メンテナンスフリーという優れモノです。これが標準仕様というのは施主側としては嬉しいですよね。

ヤマダホームズの耐震資材

ヤマダホームズでは柱と土台部分には、耐久性や保存性が世界一とも言われる「檜(ひのき)」を使用しています。例えば建立1300年を超える世界最古の木造建築「法隆寺」は檜を多く使用されているそうです。防虫効果、耐水効果など全ての面で高い水準を持つ建築資材である事は歴史が物語っている訳ですね。

ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では、柱や土台など住まいの大切な部分にヒノキ集成材を標準仕様としています。メーターモジュールの建物に4寸角の柱・土台を標準仕様とする事で一般的な3.5寸角と比べて約1.3倍の断面積で強度をアップ。柱を太くする事によって、優れた耐火性も発揮するそうです。

ヤマダホームズでは「ティンバーメタル工法」「木造軸組パネル工法」と「檜素材」「制震ダンパー」を採用する事で、最高等級である「耐震等級3」を確保しています。

ヤマダホームズは寒い?断熱材・断熱性能

ヤマダホームズの断熱性能についてまとめます。
ヤマダホームズは省エネ性能に優れた「スマートハウス」を主力商品に据えています。当然、断熱性や気密性も高い水準が求められる事になりますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ヤマダホームズの断熱材 吹付断熱

ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では、断熱には「吹付断熱」が標準採用されています。ボード状の断熱材よりも隙間なく断熱材を隅々まで施工する事が出来ます。

使われるのは「硬質ウレタンフォーム」で、標準仕様では天井に「175mm」壁部分には「85mm」の断熱材の吹付施工を行う事になります。尚、壁部分は場所によっては120mmの厚みで吹付られたり、要所要所で断熱材の厚みが変わるようです。最低85mmは吹付を行ってくれます。

柱と梁を結合する金具の隙間や、制震ダンパーの隙間にも念入りに断熱材を吹付てくれますので、断熱性能に関しては安心出来そうですね。但し、吹付断熱は現場施工となりますので、施工時には立ち会っておく事をオススメします。

ヤマダホームズの断熱材 高性能グラスウール

尚、吹付断熱以外にも「高性能グラスウール断熱」も選ぶ事が出来ます。こちらは、細いガラス繊維が絡み合ってできる空間が熱を伝えにくくする断熱材で、一般的なグラスウールと比べて繊維径が細く本数が多いのが特長。適度な弾力性があるので、隙間のない断熱施工が可能となります。

尚、高性能グラスウールを選んだ場合、天井部分は「155mm」、壁部分は「105mm」の厚さで施工される予定で、吹付断熱を選んだ場合でも床下には高性能グラスウールで「120mm」の厚さで施工されるようです。

寒冷地仕様の場合は断熱材の厚みが増えるようなので、断熱性能を更に上げたい場合は担当の営業マンに相談しておきたいところです。
断熱材について、もっと詳しく知りたい方は「断熱材の比較まとめページ」も併せて読んでみて下さい。

ヤマダホームズの遮熱シート

ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では標準仕様で遮熱シートが採用されています。これは通気層工法における外装下地材で、夏涼しく冬暖かいという遮熱性能と、躯体の劣化や腐敗を防ぐ透湿・防水性能に優れている建材で、一般的なコンクリートに比べて赤外線の反射率は約12倍と優れた遮熱性を有しています。

ヤマダホームズの窓断熱

窓の断熱性能はとても重要な項目です。住まいに流入する熱気や寒気の7割は窓が原因とされています。ヤマダホームズでは高い断熱性能を持つ樹脂サッシとアルゴンガス入りLOW-E複層ガラスを採用。熱の逃げ口となり易い間口においても高い断熱性能技術を取り入れています。

ヤマダホームズは断熱性能に関しては、高級注文住宅を手掛けるハウスメーカーと同等以上に力を入れている印象を受けます。窓の断熱性能に関しては下記の特集ページに詳しくまとめてあります。興味が有る方はチェックしてみて下さい。

ヤマダホームズの熱交換換気システム

ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では高い断熱性能を活かした24時間換気システムを標準装備としています。最適な空気環境を生み出すには間取りの変化による空気の流れを計算する必要がありますよね。ヤマダホームズでは間取りの自由設計に合わせた1邸ごとの換気システムを設定してくれるそうです。これは施主側としても嬉しいですね。

外気の花粉やPM2.5、黄砂など粒子径2.0μm以上の微粒子も約95%フィルターでカットし、排出する空気と取り入れる空気を熱交換することにより、冷暖房のランニングコストを削減する事も出来ます。

また「フェリディア」では全居室にプラズマクラスターを標準搭載。これも凄いですね。浮遊カビ・ウイルスの除菌、アレルギー物質や臭気を取り除きマイナスイオンに包まれた生活は快適に過ごせそうなポイントになりそうです。

断熱・気密性能は超重要!必ずカタログスペックで比較しよう!

家を建てるなら断熱性能は超重要です!

というのもマイホームを建てた人の後悔ポイント1位が「室内の寒さ・暑さ」、2位が「光熱費が高いこと」だと言われているからです。コレ、どちらも高気密・高断熱の家なら解消できていた後悔ポイントです。

せっかく注文住宅を建てるなら「夏涼しく冬暖かい省エネ住宅」が良いのは当たり前ですよね。

マイホームの気密・断熱で失敗したくないなら、必ず「カタログの数値」で比較してください。

営業マンに「気密・断熱はどうですか?」と聞くだけじゃダメです。だいたい皆「うちは悪くない」というはずです。気密・断熱に自信のあるハウスメーカーなら“住宅カタログに必ず数値を載せる”ものです。カタログの数値に嘘はありません。

逆にカタログに数値が載っていなければ、その会社は「自信がない」と判断してOKです。これをやっておけば「気密・断熱での失敗」はまずありません。

気密・断熱性はハウスメーカー各社で力量差が非常に大きく表れるポイント。先輩方と同じ後悔をしないために気密・断熱の数値は必ずカタログで比較しておきましょう。

あなたの地域で「高気密・高断熱に特化したハウスメーカー」をチェックする!≫

LIFULL HOME'Sの無料おまとめ取り寄せはコチラ≫≫

ヤマダホームズの外観

ヤマダホームズの注文住宅は、実際の住まいやカタログの実例集を見る限りでは、デザイン性も高く洗練された佇まいの注文住宅を提供している印象を受けます。これはヤマダホームズの前身であるエスバイエル時代から培って来た、優れたデザイン力と提案力が成せるワザかもしれませんね。

外観エクステリアを見る限りでは、高級注文住宅を手掛けるハウスメーカーに比肩する程、高級感のある注文住宅を提供出来ているのではないでしょうか。
特に高価格帯となる「ハイクラス」は勿論ですが、中間価格帯となる「プレミアム」でも画像の通り、洗練されたデザインの注文住宅を提供している点は大きな強みかもしれません。

ヤマダホームズ プレミアム フェリディア

ヤマダホームズ プレミアム フェリディア

但し、「フェリディア」シリーズの外観デザインは都会的な佇まいの家が多い印象で、少し男性的に感じる方が多いかもしれません。女性が好む「可愛らしい家」の提案に関しては苦手なのかもしれませんね。この辺りは完全に施主の好みになってしまうと思いますので、家族と良く相談した上で理想の住まいを追求したいところです。

ヤマダホームズの屋根

建物の表情をつくる上で屋根の存在は大きいです。どんな屋根材を選ぶか、または何色を選ぶかで住まいの佇まいは一気に印象が変わりますので慎重に選びたい部分になります。

ヤマダホームズでは「陶器瓦」「スレート屋根(コロニアル)」を用意しています。

屋根材「陶器瓦」とは… 陶器瓦は古くから屋根の素材として使用されている屋根材で、和風タイプの住宅で良く利用されています。陶器で作られているので、強い衝撃を与えない限りは陶器瓦の寿命は半永久的とも言われており、耐久年数に優れた屋根材となります。

ヤマダホームズの「陶器瓦」屋根はオススメ!
特に「フェリディア」の標準仕様で採用されている陶器瓦は太陽光に含まれる赤外線を反射させる事で、一般的な陶器瓦よりも屋根裏温度の上昇を防ぐ効果に期待出来ます。またスレート屋根に関しても、近年は性能が上がっていますので、屋根の形状によってはコチラを選んでも安心出来そうですね。

ヤマダホームズの外壁

ヤマダホームズは高級感のある外観デザインが多い印象ですが、その要因の一つが「外壁材」の存在でしょう。
外観美が長く続く特殊な外壁材を使っており、高度なコーティング技術で雨水が汚れを洗い流すセルフクリーニング効果を持った外壁材を採用しています。

外壁材はヤマダホームズの独自商品ではなく、ニチハ株式会社や東レなどの蜜窯系または金属サイディング、防火モルタルなどから標準仕様は選択することが出来ます。塗装保障も10年付帯しています。
注文住宅ですから、外壁をタイルにしたい等の要望が有れば、それは別途担当者に相談してみて下さい。
レンガ風や石造り風、塗り壁風など、様々は表情を持った住まいを実現する事が出来ます。デザインの多様性に大きく寄与している部分ですね。

ヤマダホームズ 外壁の性能

ヤマダホームズ 外壁の性能

ヤマダホームズの内装と間取り

次はヤマダホームズの内装や間取りについてまとめたいと思います。
建売住宅と注文住宅の最大の違いは、やはり「間取りの自由設計」を挙げる方も多いと思います。

ヤマダホームズは外観だけではなく、間取りの自由設計や提案力の評判も高いようで、こちらも高級注文住宅を凌駕するような目を惹くデザインを多く提供しています。

特に注目したいのが「大階段」の概念。リビングに吹き抜けと「大階段」を採用する事で、開放感を持たせる事が出来ます。

ヤマダホームズ 大階段のあるリビング

ヤマダホームズ 大階段のあるリビング

この階段にベンチのように座る事も出来ます。こういった面白いデザインを家の性能を落とす事無く実現出来るのもハウスメーカーの高い技術力があってこそでしょう。様々なアイデアを実現する為にも、間取りのアイデアは事前に考えておきたいですね。

ヤマダホームズのユニバーサルデザイン

ヤマダホームズでは小さなお子様からお年寄りまで、全ての世代が安心安全に暮らして行く為のバリアフリーを基調とした「ユニバーサルデザイン」を多く取り入れています。

  • Rコーナー
  • 段差のない床
  • 段差のない浴室出入り口
  • 浴室手すり
  • 階段手すり
  • 玄関手すり
  • トイレ手すり
  • マグネットドアストッパー

他にもヤマダホームズでは、「超質天井材」を採用しており、室内の「湿度」を快適にコントロールしています。日本の夏は高温多湿なので、衣類を湿気から守る事が出来ます。これは嬉しいですね。更に内装材には、シックハウス症候群の主な原因物質ホルムアルデヒドを吸収し、分解する内装材「ハイクリンボード」を採用して、室内の空気環境を綺麗に保つ施策を行っています。

注文住宅の間取りは土地の広さや用途によって大きく変わります。自分で思い描いたマイホームを実現する為には妥協なく、間取りについて考えていきたいですよね。

ですが、住宅に詳しくない人が自由に間取りを設計してしまうと、生活動線を考慮してないなど、後から後悔してしまうケースも結構多いようです。やはり経験豊富なハウスメーカーのこれまでの施工例から自分好みの間取りを選んで行く方法の方が失敗も少ないかもしれません。

気を付けたいのは、ハウスメーカーによって間取りの提案力は大きな違いがある点です。
必ずしも大手ハウスメーカーだけが良い提案をしてくれる訳ではありませんので、間取りを考える際はなるべく複数のハウスメーカーと競合させて比較するべきです。比較してみるとハウスメーカーや営業マンによって、こんなに提案力が違うのかと驚かれると思います。

良い家を建てる為には、良い間取りは必要不可欠です。良い間取りを作る為にも、出来るだけ多くのハウスメーカーから無料の間取り図を提案して貰うようにしましょう。資料請求から間取りの提案までは、どこのハウスメーカーでも無料でやって貰えます。一生に一度の大きな買い物である訳ですから、出来るだけ良い提案をしてくれるハウスメーカーを選ぶようにして下さい。

ヤマダホームズの床

ヤマダホームズの床部分に関しては大空間を可能にする「剛床工法」が採用されています。この工法は、梁に28mm厚の構造用合板を留め、床を面構造にすることで水平剛性を高めています。効果としては横揺れやねじれを抑制する事が出来る為、耐震性以外にも床材の変形を抑える効果にも期待が出来そうですね。

尚、「フェリディア」ではNODA製とダイケン製の天然木風化粧床材をが採用されており「トリニティ」「アートクチュール」の種類から選ぶ事が可能です。

ヤマダホームズ 床材 トリニティ

ヤマダホームズ 床材 トリニティ

ヤマダホームズ 床材 アートクチュール

ヤマダホームズ 床材 アートクチュール

ヤマダホームズの住宅設備

ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では多彩な住宅設備から選ぶ事が出来るのも大きなメリットです。

キッチン設備
ハウステック/リクシル/トクラス/クリナップ/エイダイ/ファーストプラス
バスルーム設備
ハウステック/TOTO/リクシル/トクラス/クリナップ/ノーリツ
洗面台設備
ハウステック/TOTO/リクシル/クリナップ/ファーストプラス/アサヒ衛陶
トイレ設備
ハウステック/TOTO/リクシル/クリナップ/ファーストプラス/アサヒ衛陶
玄関ドア
YKKap/リクシル
内装ドア
ノダ/ダイケン

内装の設備や建具、壁紙の選択などは施主のセンスが問われる部分ですね。
あまり奇抜なものにしてしまうと後から飽きてしまう可能性がありますので、担当の営業マンにどれが人気なのか、または過去にどんな組み合わせが良かったか、などのアドバイスを聞いておきたいところです。
特に注意しておきたいのがキッチン設備の高さや内装ドアの高さです。担当の営業マン、インテリアコーディネーターや家族と入念に話し合った上で決定するようにしたいですね。

ヤマダホームズの平屋

最近は平屋建て住宅を検討されている方が多いようです。
「ワンフロアで暮らせる」「移動が楽」などの理由からですが、確かに老後の事を考えると階段の上り下りは億劫になりそう。もし土地にゆとりがあるのなら平屋住宅は検討したいところ。

ヤマダホームズでは主力商品「フェリディア」シリーズから平屋建て専用の商品を展開しています。
ワンフロアーである事の便利さと天井高な開放的な空間、中庭を設置するなどの多彩な提案力に期待出来そうです。また高級感のある佇まいの平屋建て注文住宅を提供していますので、実例画像には注目です。

ヤマダホームズ 平屋の実例

ヤマダホームズ 平屋 実例1

ヤマダホームズ 平屋 実例1

ヤマダホームズ 平屋 実例2

ヤマダホームズ 平屋 実例2

ヤマダホームズ 平屋 実例3

ヤマダホームズ 平屋 実例3

ヤマダホームズ 平屋 実例4

ヤマダホームズ 平屋 実例4

ヤマダホームズの坪単価 一覧

ヤマダホームズで注文住宅を建てる場合の坪単価について、シリーズ毎の標準仕様での坪単価を記載しておきます。

注文住宅を建てるにあたり一番大切なのは、毎月の返済に無理のない「予算計画」 です。
一生に一度の高額な買い物なので背伸びしたくなりますが、予算上限をキチンと決める事で、冷静な判断が出来ると思います。予算に直結する「坪単価」は注文住宅を建てる上で重要な指標となりますので、しっかり下調べをしておきましょう。

ヤマダホームズは「木造軸組パネル工法」を採用した自由設計の注文住宅を手掛けており、外観や内装に関してもエスバイエル時代から培ったデザイン性の高さは大きな魅力です。

また家電や設備と繋がるIoT時代を見据える「スマートハウス」を強く意識しており、各商品に家電や家具、照明やカーテンなどのフル装備をセットアップした商品も提供しています。これは親会社がヤマダ電機だから出来る強みと捉えてよろしいかと思います。当然、オプション価格として上乗せされる事となりますので、その辺りも考慮した判断が必要です。

尚、それぞれの商品別坪単価に関しては、あくまでも一般的なオプションを選択した場合のおおよその坪単価となります。メーカー記載の価格とネット上の口コミ情報などを参考にした価格となりますので、あくまで目安程度にご参考頂ければ幸いです。
ハイクラスシリーズ

フェリディア2×6坪単価:60万~80万円
S×L(エスバイエル)シグマ坪単価:60万~80万円
小堀の住まい坪単価:65万~85万円

プレミアムシリーズ

フェリディア坪単価:50万~70万円
フェリディア-エル※スーパーフル装備坪単価:50万~70万円
フェリディア平屋坪単価:45万~65万円
フェリディア3rd坪単価:50万~70万円

ベーシックシリーズ

フェリディア-エル坪単価:40万~60万円
ウッドセレクション坪単価:35万~50万円

ヤマダホームズでは価格帯に合わせて3つのグレードが存在しています。高い方から「ハイクラス」が平均坪単価60万~80万円前後、「プレミアム」は平均坪単価が50万~70万円前後、「ベーシック」が平均坪単価40万~60万円前後となるケースが多いようです。

尚、規格型住宅となる「ウッドセレクション」はもう少し安い価格帯で、競合はローコストハウスメーカーとなりそうですね。

一番の売れ筋は中間の価格帯である「プレミアムシリーズ」で、注文住宅を手掛けるハウスメーカーの中では中間層の価格を取り扱うハウスメーカーと考えるべきかもしれません。高くもなく、安くもなくと言ったところでしょう。

ヤマダホームズの注文住宅は高い?安い?価格設定は?

ヤマダホームズでは、全ての商品で「耐震等級3」をクリアしていますし、デザイン性の高い外観や内装はエスバイエル時代から培った経験やノウハウが活かされています。それを踏まえてヤマダホームズが「高い」か「安い」かを検討したいところです。

特にヤマダホームズでは、3つのグレードを用意する事で、それぞれの価格帯に合ったプランを提案しています。どの価格帯でマイホーム購入を考えているかで、購入検討するグレードも定まって来ると思います。

  • 「ハイクラス」:富裕層向き
  • 「プレミアム」:中間層向き
  • 「ベーシック」:低価格向き

競合他社と比較する場合は木造住宅を取り扱う下記辺りが価格帯的にも妥当でしょう。

  • 「ハイクラスシリーズ」:《積水ハウス》《住友林業》など
  • 「プレミアムシリーズ」:《一条工務店》《ミサワホーム》など
  • 「ベーシックシリーズ」:《タマホーム》《アイフルホーム》など

「ハイクラス」「プレミアム」に関しては価格帯的に被るハウスメーカーも有ると思います。その辺りは臨機応変に比較対象を選定したいですね。また「ベーシック」に関してはローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーと競合出来るでしょう。

これら競合他社と比較すると、ヤマダホームズの注文住宅は良い意味で「品質の割に安い」と感じる方も多いのではないでしょうか。それだけコストパフォーマンスに優れた住まいを提供していると判断出来ると思います。但し、上質な品質を求め過ぎてしまうと、オプションを付け過ぎてしまい、坪単価が大きく上乗せされてしまうケースもあるので注意が必要です。

ヤマダホームズの注文住宅は決して最上級では無いかもしれませんが、それでも「ハイクラス」にラインナップされている「小堀の住まい」などは大手ハウスメーカーと見栄えは大きく変わらないと思います。その上で、ヤマダホームズの価格を評価するべきでしょう。

勿論、設備や仕様、提案力など様々な部分で、競合他社より優れている面、劣っている面はありますので、一つ一つ丁寧に比較検討を重ねるべきです。

予算からハウスメーカーを比較しましょう!

注文住宅でマイホームを建てるなら、必ず「予算に合うハウスメーカー」を複数社みつくろって比較・相見積もりしてください。

注文住宅は基本的にオーダーメイドの一点モノ。ほとんど「定価」という概念がありません。つまり自分の条件であいみつをとらなければ「自分の条件のマイホームの適正価格」があいまいのまま。

適正価格があいまいのまま、なんとなくフィーリングで決めてしまうことだけは絶対にやめましょう。

注文住宅は似たような見た目や性能でもハウスメーカーが違えば「300万円~1000万円単位で価格差がある」のが当たり前の世界です。後から「向こうのほうが安かったのに…」と後悔しないためにも必ず複数社のカタログを比較・相見積もりを取るようにしてください。

あなたの地域で予算に合うハウスメーカーを一括比較!

ヤマダホームズの注文住宅は値引き出来る?

ヤマダホームズの注文住宅は他社ハウスメーカーと比較すると特筆すべき特長が多い訳ではありませんが、エスバイエル時代から培って来たデザイン性や設計提案力には高評価の口コミも多いように感じます。

ヤマダホームズの注文住宅はコストパフォーマンスにも優れている印象ですが、果たしてそれ以上の値引き交渉は可能なのでしょうか。

結論から申し上げれば、殆どのハウスメーカーで注文住宅を建てる場合は、値引きは可能なものとお考え下さい。例えばオプション分を値引いて貰うなどは当たり前の光景となります。特にヤマダホームズはヤマダ電機が親会社となりますので、家電などのオプションサービス部分で積極的に狙えそうですよね。

但し、ヤマダホームズで効果的に値引き交渉を行う場合は相応のタイミングやコツが必要になってきます。

ヤマダホームズ 値引き価格の限界は?

ではヤマダホームズで注文住宅を建てた場合、どの位まで値引き交渉が可能なのでしょうか。「100万円値引き出来た」という声もあれば「値引き+家電もサービスして貰えた」などの声もあります。

一般的には本体価格の5%程度が値引きの平均とされていますが、これも値引き交渉の仕方やタイミング次第では大幅に値引き率を伸ばす事が出来るかもしれません。その為に必要なのが値引き交渉における予備知識です。

具体的にヤマダホームズで値引き交渉を行う場合のコツをまとめていきたいと思います。

ヤマダホームズ 値引きのコツ 決算期を狙う

これはどこのハウスメーカーでも言える事ですが、営業マンにはノルマが存在します。成績の悪い営業マンの場合は特に値引き交渉まで商談が進んでいるお客様は「絶対に逃がしたくないお客様」なので、ノルマ報告に近い決算期から逆算して商談を進める事が値引きを引き出せるコツとなるでしょう。ヤマダホームズの決算月は3月末、半期決算は9月となります。また一般的に家が売れ難い時期と重なる2月や8月などを狙うのも効果的です。

ヤマダホームズ 値引きのコツ 契約前の1度だけ

これもヤマダホームズ以外の全てのハウスメーカーでも同じですが、基本的には値引き交渉はとっておきの一度だけにすべきです。契約前に小刻みに値引き交渉を行うと、営業マンも本気で取りあってくれなくなります。値引き交渉を行うのは一度きり、本契約の判を押すか押さないかの一度きりの交渉が一番効果的です。このタイミングだけは遠慮無用で、少し大胆にお願いをしてみる事をおすすめします。営業マンの希望と施主の希望、互いに落とし所が決まったところで本契約したいですね。

ヤマダホームズ 値引きのコツ オプションサービスを狙う

金額面の値引き交渉よりも、営業マンが乗り易いのがオプションのサービスです。特にヤマダホームズは親会社が家電量販店のヤマダ電機なので、「エアコン全部屋設置分の費用をサービスして貰う」など、家電部分での価格交渉はやり易いと思います。「このオプション追加分を通常価格でお願い出来ないか、それで決断する」といった交渉の仕方が効果的なので是非試してみましょう。また「ヤマダ電機のポイントを付けて貰う」などのサービスも引き出せるかもしれませんので上手く交渉したいですね。

ヤマダホームズ 値引きのコツ 競合他社と比較する

また、競合する他のハウスメーカーと比較するのも大きな武器です。これは自動車の購入でもそうですが、基本的に高額な買い物は競合他社と競争させる事が、より安く購入するコツでもあります。例えあなたが「ヤマダホームズに決めた」と思っていても、必ず他のハウスメーカーや工務店と比較しておいた方が値引き交渉も有利に働く事でしょう。

ヤマダホームズの競合としては少し価格帯が上がりますが、「ハイクラス」「プレミアム」なら《一条工務店》《ミサワホーム》辺りでしょうか。「ベーシック」なら《タマホーム》《アイフルホーム》辺りが妥当かもしれません。

担当の営業マンに他社と迷っている事を伝えるのは損は無いと思います。営業マンとしても、ここまで商談が進んだお客を離したくないのが本音なので、例え営業マンから「他と競合しなくても限界まで値引きします」と言われたとしても、遠慮なく競合して下さい。

ですが、複数のハウスメーカーを個別に問い合わせするのは流石に億劫ですよね。そこでオススメしたいのが、《まとめて資料請求が出来るライフルホームズ》です。

ハウスメーカーで相見積もりを取る前に…

まずは希望の予算・エリアに対応しているハウスメーカーを何社か見つけることから始めましょう。せっかく相見積もりをするなら性能スペックやデザインが希望条件にある程度あてはまらないとあまり意味がありません。

そこで最初のふるい落としに役立つのが「住宅カタログ」です。何冊かカタログに目を通すだけで各ハウスメーカーの特徴・強みがだいたいわかってきます。何社かお気に入りをみつくろったら「あいみつ」を取ってみてください。

似たようなスペックでも「ハウスメーカーごとにこんなに価格が違うの?!」と驚くと思います。価格差を知らずになんとなく決めてしまってたら…ゾッとしますね。すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかでマイホーム計画の失敗率は格段に下がります。「カタログ比較」は注文住宅の登竜門。まずはライフルホームズから始めましょう!

希望条件に合うハウスメーカーから一括カタログGET(無料)≫

ヤマダホームズでもしも欠陥があった場合の保証とアフターサービス

ヤマダホームズでは構造躯体の初期保証を最低の10年間に設定しています。これは品確法の最低水準レベルなので、他社に比べて決して優れている訳ではありません。但し、その後、定期的に点検・メンテナンスを実施し有償工事を行う事で最長60年の保証を継続する事が可能となります。

定期的な点検は無償で行ってくれますが、メンテナンス施工は有償となりますので、その点は注意が必要です。尚、ヤマダホームズでは住宅設備部分に関しても10年間の保証システムを採用していますので、案外壊れやすい給湯器なども10年間は安心です。これは素晴らしい部分ですね。

尚、ヤマダホームズでは5年毎に60年間続く無償点検を行っています。アフターサービスは厚遇ですね。ですが、その点検により発生した有償メンテナンスを施工しない限り、次回以降の無償点検は継続出来ないシステムとなります。

ヤマダホームズ 保証とアフターサービス

ヤマダホームズ 保証とアフターサービス

保証制度やアフターメンテナンスに関しては担当の営業マンにしっかりと説明を受けるようにしましょう。結構後から揉めるケースがありますので、特に注意しておきたい項目です。

ヤマダホームズで注文住宅を建てるメリットとデメリット

ヤマダホームズメリットデメリット
最終的にどこのハウスメーカー・工務店で注文住宅を建てるべきかは非常に大きな悩みどころです。出来れば複数の候補から比較して、自分の理想に一番近い住まいを建てたいですよね。

何しろマイホームは高額な買い物です。人生で一番悩む買い物と言っても過言ではない筈。ヤマダホームズは3つのグレードで幅広い顧客層へ注文住宅を販売していますが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

この項目ではヤマダホームズのメリット・デメリットについてまとめたいと思います。

ヤマダホームズのメリット

・デザイン性が良い
ヤマダホームズはエスバイエル時代から培った経験とノウハウで、優れたデザイン性の外観や間取りの提案力に定評があります。高級注文住宅と見栄えの変わらないデザイン性は価格差を比べた時にとても魅力的に感じる方は多いのではないでしょうか。

・コスパが良い
ヤマダホームズで実際に家を建てた方の口コミなどを調べると、知人友人を招待した際に「まるで高級注文住宅を手掛けるハウスメーカーのような家」だと驚かれるそうです。それだけ品質の良い住まい、佇まいの家でありながら価格が安いと感じる方が多いのでしょう。コストパフォーマンスに優れている点は大きなメリットです。

・家電や家具設備を安く揃えられる
親会社が家電量販店のヤマダ電機なので、家電商品を安く揃える事が出来ます。例えばエアコンや給湯器、洗濯機やカーテンなどが全部パックになった商品も販売しています。後から家具や家電を一新しようとすると予算上限を超えてしまいがちですが、最初からパック商品がある事で予算内に収め易いなどのメリットもあります。

・耐震性が高いので安心
ヤマダホームズでは「耐震等級3(最高等級)」を確保していますし、制震の分野にも力を入れているハウスメーカーです。ヤマダホームズの主力商品「フェリディア」では制震ダンパーを標準装備している点も大きな強みです。

ヤマダホームズのデメリット

・ヤマダ電機が心配
ヤマダホームズの親会社は家電量販店のヤマダ電機です。近年、業績が悪化しているようで、ヤマダ電機社長が「今のままでは5年後に会社がなくなるかもしれない」強い危機感を示した事でも有名です。ヤマダホームズで家を建ててから、もし会社が無くなってしまった場合は保証やアフターサービスも消えてしまうかもしれない…といった不安を感じてしまいますよね。その辺りをどう判断すべきかで悩まれる方も多いかもしれません。

・ブランド力が無い
ヤマダホームズはエスバイエル時代などを含めれば歴史の古い住宅メーカーとなります。ですが、親会社が家電量販店のヤマダ電機なので「安売り」といったイメージが有るかもしれません。ブランドイメージ的な意味合いで考えると、競合他社に比べると弱い部分があるかもしれません。

・施工現場が荒れている場合がある
ヤマダホームズの注文住宅は、基本的には下請けの大工さん(業者)が施工を行います。ほぼ下請業者任せが実情となりますので、欠陥工事を防ぐ為にも第三社検査(インスペクター)を雇っておいた方が無難かもしれません。特に雨天対策をしていない下請け業者が多いなどの声も挙がっていますので注意が必要です。

・営業マンの当たりハズレがある
これは運もあるとは思いますが、「営業マンの仕事が雑」「見積もりが間違いだらけ」などの口コミが多いようです。理想のマイホームを建てる為には優秀な営業マンと出会う事が必要不可欠です。勿論、ヤマダホームズの中には素晴らしい営業マンも多いとは思いますが、こういった声が多く出ている以上はデメリットとして考えておくべきでしょう。

ヤマダホームズで注文住宅を建てて後悔しないために口コミ・評判をチェックしよう

ヤマダホームズの注文住宅は価格の割に見栄えの良い住まいを提供しているとは言え、決して安い買い物では無いですよね。数千万円単位の買い物をする訳ですから、「絶対に失敗したくない・後悔したくない」とお考えの方も多い筈。

せっかく自分の思い通りの間取りや設備を選べる注文住宅を選択するのですから、後悔しないためにも口コミや評判をチェックしておくことはマイホーム購入の必須項目です。

この項目ではヤマダホームズで注文住宅を建てて後悔しない為にヤマダホームズで注文住宅を建てた先輩たちの口コミを見ていきましょう。

マイホーム購入において、実の体験談ほど分かり易くためになるものはありません。人生で一番大切な買い物。後悔することのないよう、ヤマダホームズの口コミ・評判をしっかりチェックおきましょう。

ヤマダホームズの口コミ

スーパーフル装備が便利
予算上限を最初に決めた時に意外に額が大きくて面喰らったのが家具や家電の出費でした。せっかく新築の家を建てたのだから、家具や家電も一新したいと思い計算したら総額で200万円近く掛かる事が判明。ヤマダホームズは家具や家電がセットになったオプションがあり、これが100万円程で導入出来るので大幅に節約する事が出来ました。これから家を建てる方は、家具や家電を含めた予算上限を組む事をオススメしますよ。
価格の割に高級感がある
ヤマダホームズ自体にはブランド力は無いように感じますが、小堀の住まいに関しては、見栄えの良さや品質などは大手と変わらないと思います。特に我が家の隣は○水さんで建てたそうですが、外から見るとヤマダで建てた我が家の方が高級感があると感じる程です。細かい造形などは流石に負けてしまうとは思いますが、隣の家との差額を考えれば大満足ですね。小堀の住まいは特に見た目の良さに惚れ込んで契約を決めたので、良い買い物をしたと思っています。
概ね満足しています。
ヤマダウッドハウス時代に家を建てた者です。
限られた予算の中で自分の理想とする家を建てたかったので、3社と並行して交渉を行いました。その中で、ヤマダホームズが自分の望むオプションを付けても予算内に収まる事が出来ました。この価格だと他社では標準仕様が精一杯だったと思います。決して上級ではないかもしれませんが、パッと見はとても高そうな家に見えますね(笑)。予算的にも私にはヤマダホームズが分相応です。概ね満足しています。ただ、営業の方はもう少ししっかりして欲しいと感じました。
下請けの大工が雑だった
ヤマダホームズで施工してから建築現場に何度も足を運ぶ事になったのが不満だ。下請けの大工の仕事が雑で、基礎もヒビ割れがありやり直して貰ったし、制震ダンパーもこちらが指摘するまで設置されないなど、建築現場で目を光らせていないと心配で仕方なかった。勿論担当の大工にも当たり外れがあるのだろうが、これからヤマダで家を建てる人は、そういう事も良く考えた方が良いと思う。
担当が途中で退職
ヤマダで商談を進めていましたが、設計士とインテリアコーディネーターが全く意見を言わない人でこの人達は何をしに来ているのだろうと思いました。また商談を進めている間に担当の方が退職したり、とてもまともな家を建てる事が出来ないと判断して他社で決めましたが、最近は改善されたのでしょうかね。間取りの提案がとても良かったですし、予算的にもヤマダが魅力だったので当時はとても残念な気持ちになりましたね。

ヤマダホームズの評判

上記の口コミをまとめると、ヤマダホームズで注文住宅を実際に建てた方からの評判は以下の通りです。

  • 価格の割に高級感
  • コスパが良い
  • 耐震等級3が安心
  • 家電や家具が安く揃う
  • ブランド力は無い
  • 下請けの大工が不安
  • 営業が頼りない

口コミで目立ったのは、「価格の割に高級感がある」「コストパフォーマンスが高い」などの声ですね。ヤマダホームズは価格帯別に3つのグレードがありますが、「ハイクラス」の家は高級注文住宅並みの見栄えの良さで割安に感じる方が多いのかもしれません。また家具や家電が安く揃うスーパーフル装備のオプションは評価も高いようです。

逆にマイナス評価の口コミで目立ったのは、現場施工の不満や営業マンなどの不満点でしょうか。これは構造躯体に対してではなく、人の部分への不満なので、今後の教育などで改善に期待したいですね。そういった部分を我慢出来るなら、ヤマダホームズはコストパフォーマンスに優れた注文住宅を建てる事が出来るハウスメーカーと考えても良いのかもしれません。

ヤマダホームズの注文住宅 評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

このページではヤマダホームズの注文住宅についての評判・口コミ・坪単価・価格別実例などをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。

ヤマダホームズでは「ハイクラス」「プレミアム」「ベーシック」と価格帯に合わせた3つのグレードで顧客の多様なニーズに応えられる商品展開を行っています。特に高級感のある住まいを低価格で提供している印象なので、住まいの外観などに拘りたい方は選択肢の一つに入れておきたいハウスメーカーですね。

より皆様に役立つコンテンツにしていくためには、皆様の口コミ・評判の書き込みが必要不可欠です。ヤマダホームズで実際に注文住宅を購入された方は、良かった点・悪かった点・メリット・デメリットなどどんなことでもかまいませんのでご感想を寄せて頂けると嬉しい限りです。

注文住宅で失敗しないために必ず「比較」しましょう!

注文住宅のハウスメーカー選びで失敗しないために、最後にアドバイスをさせて頂きます。

住宅に限った話ではありませんが、高額な買い物をする時は「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?マイホーム購入は特に比較検討が大事です。

見た目は同じような家でも品質・性能・価格は大きく異なります!ハウスメーカーごとにどんな特色があって、どんな価格設定なのか。注文住宅の知識を身につけておけば必ず判断材料になりますし、また複数社を比較検討することで最終的な値引き交渉の際も有利になります。

注文住宅を検討しているならまずは無料でカタログを見てみましょう!注文住宅のハウスメーカー選びはここから始まります!

無料カタログをまとめて請求するなら「ライフルホームズ」が断トツオススメです。東証一部上場企業が運営する大手不動産サイトですので、あやしいハウスメーカー・工務店が紛れ込まないよう厳しく審査を行っています。住宅は高額な買い物なので安心して使えるサイトかどうかは重要なポイントです。

またLIFULL HOME’Sは国内TOPクラスの不動産サイトだけあって、全国規模で1200件以上(2019年6月時点)のハウスメーカー・工務店を網羅しています。知名度は低いけれど良い家を建てる質実剛健な工務店さんは全国各地にたくさんあります。LIFULL HOME’Sならそのような未知の優良工務店と巡りあえるかもしれません。

LIFULL HOME’Sではエリア検索・予算検索・テーマ検索とさまざまな検索方法で自分にあったハウスメーカー・工務店を検索できるため、そもそもエリア対応していない工務店や予算が合わないハウスメーカーを除外して検討できるのでムダな時間を省けます。

ただでさえマイホーム購入は疲れてしまうもの。省ける時間は省いて賢くハウスメーカーを選びましょう!

LIFULL HOME’Sで希望条件に合うハウスメーカーカタログを貰ってみよう(無料)

ヤマダホームズの口コミを募集しています

当サイトでもヤマダホームズの注文住宅についての口コミを大募集しています。ヤマダホームズで注文住宅を建てた方は当サイトにも是非、ご協力頂けましたら幸いです。

皆様から、このハウスメーカーへの口コミ

    • マチマチ
    • 2019年 8月 24日

    最近ヤマダホームズのCMを良く見るのですが、長期に渡ってサポートとはどういう意味でしょうか?長期優良住宅の申請をして、申請通りに建ててくれるという事ですか?

      • 匿名
      • 2019年 8月 26日

      マチマチさん〉
      ヤマダホームズは長期優良住宅制度を開始して数年しか経っていません。私の担当は、この制度を利用してヤマダホームズで家を建てる人は現時点では少ないと言っていました。長期優良住宅は税制の優遇などがありますが、有料メンテナンスなどを定期的に受ける必要がありますので、結局コストが掛かってしまうとも言ってました。なので私は長期優良住宅は断念しました。

    • 匿名
    • 2019年 9月 12日

    ヤマダで見積もり出しましたが、ウォークインクローゼットや土間収納、階段下収納などのオプションを付けると1カ所あたり50万円以上のオプション価格が掛かります。これって他のハウスメーカーでも同じような相場なのでしょうか。詳しい方いたら教えてください。

    • 匿名
    • 2020年 1月 29日

    ヤマダホームズで依頼して少し後悔しています。施工が雑だし、耐震ダンパーがちゃんと施工されていなかったり。とにかく現場に通わないと手抜き工事されそうで怖くて仕方ありません。ローコスト住宅でもこれよりキチンと仕事をするところは多いと思います。皆さんも気を付けて下さいね。

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    フェリディアを建てました。スーパーフル装備のオプションは少し迷いましたが、せっかくの新築なので家具や家電も新調しようという事になり、付けました。後から自分で一式揃えた事を考えればお得だったと思います。家自体は普通に良い家が出来たと思います。ネット上では結構、欠陥工事的な話題が挙がっていましたが、私の家は大丈夫そうだったのでホッとしました。

    • 匿名
    • 2020年 3月 23日

    最近、盛んにテレビCMをやっているのでヤマダホームズに興味を持ち、そのまま契約。今年に入って施工しましたが、トラブル続きで疲れてしまった。大工が図面通りに仕事しなかったり、話が通っていなかったり。火の無いところに煙は立たないと言いますが、ネット上の評判もあまり良くないように思います。施工業者の再教育など、初心に戻って体制見直しをした方が良いと思う。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    ヤマダホームズは購入層を拡げ過ぎてる印象。ローコスト価格帯は諦めて、さっさと高級路線に舵を切った方が良いと思う。グレードの低い商品は、資材も安いのは当たり前なんだし、ネット上の評判を下げている原因でもあると思う。ハイクラスやプレミアムの家はキチンと作ってると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このハウスメーカーへの口コミを投稿する

このハウスメーカーと似た記事

  1. 谷川建設

    谷川建設の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

  2. セキスイハイムの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例 まとめ

  3. タマホーム大安心の家

    タマホームの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・実例まとめ

  4. フジ住宅 岸和田モデルルーム

    フジ住宅の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

  5. スウェーデンハウス 外観

    スウェーデンハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 …

  6. ユニテハウスの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ…

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはコチラまで
info@reform-meister.jp

カテゴリー

ハウスメーカーの詳細記事

  1. ハウスメーカー

    北州ハウジング
  2. ハウスメーカー

    谷川建設
  3. ハウスメーカー

    ブルースホーム 外観
  4. ハウスメーカー

    泉北ホーム
  5. ハウスメーカー

    近鉄不動産 外観

最新のハウスメーカー口コミ

PAGE TOP