NPO法人 住宅長期保証支援センター

■基本情報
略称
住宅長期支援センター
設立年月日
法人設立 平成14年5月13日
代表者
理事長 鈴森 素子
540-0012
住所
大阪市中央区谷町1丁目7-4MF天満橋ビル5F
営業時間
9時から17時
定休日
土日曜、祭日
HP
http://www.hws.or.jp
■マイスター事業者
 
マイスター事業者数
11
 





大阪市内
4
 
豊能
0
 
三島
0
 
北河内
1
 
中河内
2
 
南河内
1
 
泉北
1
 
泉南
1
■連絡先
電話 06-6941-2525
FAX 06-6941-8337
メールアドレス info@hws.or.jp
■ 特徴
主な活動地域
大阪府内全域 
得意なリフォーム
全般
サービス
消費者セミナー、消費者向け 無料電話相談
自由記述
私たちは安心、安全、快適な住まいづくりのサポート活動を平成14年から行っているNPO法人です。 大阪府「住まいの評価・管理アドバイザー制度」にも登録し、工務店、建築士などが新築からメンテナンス、リフォームなど住まい全般にわたる相談や疑問、悩みにお答えしています。
併せて以下の活動を行っています。
・住宅履歴情報(いえかるて)の蓄積保存とその活用
・人材育成(住宅インスペクター、住宅メンテナンス診断士)
・住宅相談、建物調査診断、消費者セミナー開催
■ リフォーム施工事例
1■ マンション全面リフォーム K邸
東大阪市
ご夫婦とお子様1人の3人でお住まいのマンション1室の全面リフォームでした。
今回のようなマンションの全面リフォームは共用部分・構造体のみを残し左上写真のようにスケルトン状態にしますので、内装・設備機器新設など大幅な間取り変更が可能です。
図面(参照)のように3LDKを1LDKにし、解放感のあるリビングダイニングと、空間を有効利用した大きな収納スペースを確保しました。
右2枚の写真は工事完了後のリビングダイニングです。

2■J.Pod工法による耐震シェルター M邸
大阪市阿倍野区
完成後居住スペースとして
キッチンから見た様子(右がJ Pod )
大阪市内には、戦前からの連棟長屋住宅が今なお多く残っています。ただ長屋住宅を耐震化しようとすると、一住戸だけでなく全住戸をまんべんなく補強する必要があり、その為に長屋住宅の耐震化はほとんど進んでいません。
このように建物全体の補強が困難な場合、たとえ建物が倒壊しても倒壊しても最低限命だけは助かる手段として耐震シェルターという方法が注目されています。
J.Pod耐震シェルターは「J.Podシステム」を使った木製の耐震シェルターです。
国産の杉材を使用で人と環境にやさしく、工程をシステム化しているので工期も約10日間程度と短くなっています。
J.Pod耐震シェルターは経済的・社会的な諸事情で耐震改修が出来ない人たちや、高齢者や病人・幼児などすぐに避難できない人たちを、地震による建物倒壊からまもるセーフティーネットです。

工事中(シェルター設置)
完成直後
3■ マンションリフォーム  S邸
大阪市西区

ビフォー


アフター

各段差を解消及びリビングダイニングが暗かった為、窓側居室とのあいだの壁を取り払い外部からの光をとりいれるように、間仕切りの扉も大きなものにしました、また各窓にはインナーサッシを設置し断熱性、防音性も高めております。

アフター:間仕切り壁をとり払う
アフター:インナーサッシの設置